スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/10/17(水)

フィルター交換ランプ点灯[家電・AV機器]

タグ: 空気清浄機

また空気清浄機(ABC-VW251)のフィルター交換ランプが点灯した。

2011年5月に交換したので、今回も1年半ほどでの点灯だ。ここからランプが点滅になるまで、半年ほど使えるとは思うけれど、寿命が5年というのは信じがたい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/10/13(土)

活動量計の修理が完了[家電・AV機器]

タグ: 健康機器

パナソニックから電話がかかってきたが、出られなかった。こちらからかけると、またかけ直してくれた。修理が終わったという連絡だった。初期不良かどうかの判断をしただけかと思ったら、もう終わったらしい。さっそく行くことにした。

来るのは2回目のテクニカルサービスだ。特に迷うことなく着いた。前と同じ人がいた。活動量計(EW-NK63)を受け取った。どうやら、新品との交換となったようだ。念のため、通信機能の動作確認をしてから帰った。今度は大丈夫だ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/10/09(火)

DRC-BTN40を購入[家電・AV機器]

タグ: 買い物 Bluetooth Xperia_acro レビュー

イヤホンと同時に、Bluetoothのオーディオレシーバー(DRC-BTN40)も買った。

DRC-BTN40

思ったことを箇条書きにする。

いいところ。

  • 駆動時間は、正確には計測していないが、かなり長くもつという印象。仕様では約8時間。
  • 背面に大きなクリップがあり、ポケットなどに挟むことができる。ただし、挟む力はそれほど強くない。
  • 音質は良好。劣化しているという感じは特にない。
  • ジョグスイッチと呼ばれる、スティックでの操作が便利。上下で音量調整、左右で曲戻し/曲送り、左右の長押しで早戻し/早送りとなる。また、ジョグスイッチを押すことで一時停止と再生、長押しで停止する。Xperia acroでは、すべての操作ができた。

気になるところ。

  • 使用中、ずっと青いランプが点滅して目障り。本体上部が光るので目立つ。
  • ジョグスイッチが何かに触れて、勝手に入力されやすい。
  • 厚みがあり、あまりスマートなデザインではない。
  • 充電しながら使用することはできない。
  • 説明書が簡素すぎる。ランプの点滅についての説明がなく、何を表しているのかがわからない。各部の説明すらない。

詳しい説明は、WebのDRC-BTN40/BTN40K ヘルプガイドに記載されている。ここには、細かいことまで書いてあるのだけれど、構成がわかりにくい。

ランプの説明は、BLUETOOTH機能のランプ表示にあった。

また、充電するのページには、電池の残量確認についての説明がある。電源が入っているときにPOWERボタンを押し、赤いランプが3回点滅すると満、2回で中、1回は減(要充電)だそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/10/08(月)

MDR-AS41EXを購入[家電・AV機器]

タグ: 買い物 ヘッドホン・イヤホン レビュー

ソニーストアで、ポイントやクーポンを消費するために、耳にかけられるイヤホン(MDR-AS41EX)を買った。

MDR-AS41EX

写真では、耳にかけるハンガーを、イヤホンから引き抜いた状態にしている。完全に取りはずせば、通常のイヤホンとしても使える。

逆に、このハンガーを通常のイヤホンにつければ同じように使えるかというと、そうでもない。通常のイヤホンには、ハンガーを差し込む部分がないので、プラプラしてしまう。それでも、ケーブルの太ささえ合えば使えなくもない。

ハンガーのサイズは3種類ある。適切なサイズを選べば、ぴったりフィットする。動き回っても、イヤホンがずれることはまずない。

ケーブルの二股部分はY型で、プラグはストレート。長さは0.6mと短く、胸ポケットや腕に巻きつけたポータブル機器との接続を想定しているのだろう。長くしたければ、付属の延長ケーブルがある。こちらはL型のプラグになっている。

実売で2千円台のイヤホンなので、音質はそれなり。バランスは悪くないし、聴き疲れもしにくい。ジョギングやウォーキング用ということを考えれば、及第点だと思う。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/10/06(土)

活動量計を修理に出した[家電・AV機器]

タグ: 健康機器

活動量計(EW-NK63)の通信機能が使えないという不具合があり、パナソニックのテクニカルサポートに電話をした。

電話をしたのは、名古屋のテクニカルサポートだったが、転送されて大阪につながり、結局は名古屋のテクニカルサポートへ直接行くことで話がまとまった。土曜日も営業していて、自宅からそんなに遠くなかったからだ。

車で30分くらいで着いた。パナソニックのロゴが入った軽自動車が、駐車場に何台も並んでいた。案内板に従って階段を上がり、踊り場にあったシンプルな扉を開けると、そこが受付だった。

応対した男性は、とてもていねいだった。通信機能が使えないことを伝えた。その場で事象の確認はせずに、大阪へ送るようだ。動作確認後に連絡をもらうことになったが、時間がかかりそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/10/04(木)

体組成計と活動量計を購入[家電・AV機器]

タグ: 健康機器 楽天 買い物

パナソニックの体組成計と活動量計を、PLUSYU楽天堂で買った。

  • EW-FA43(体組成計) 5,440円
  • EW-NK63(活動量計) 3,428円

出たばかりの新製品が、こんなに安くていいのかという価格だ。その後、価格が上昇したので、このときだけだったようだ。

しばらく使ってからレビューを書く。なお、活動量計は、通信機能が使えなくて不良品だったので、修理に出す。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/10/01(月)

Turbo Chargeの使用量[インターネット]

タグ: スマートフォン Xperia_acro b-mobile

日本通信が、低速通信の利用者向けに、Turbo Chargeというサービスを始めた。500円で、100MB分を高速通信で使用できるというものだ。無料のキャンペーンがあって、1カ月試用した。

1カ月間、ずっとTurbo ChargeをONにして使い、残り16MBという結果となった。Xperia acroで、主に使っていたのはtwicca、あとはたまにブラウザという使い方で、100MBを使い切ることはなかった。

この程度の使用量であれば、今後は低速のサービスとTurbo Chargeを使うよりも、使用量制限のある高速なサービスを使うほうがよさそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/22(土)

シュープラザで靴を購入[日記・雑記]

タグ: 衣料品 買い物

シュープラザで靴を買った。スタンプをためていたポイントカードは、廃止になったそうだ。たまっていた分は、スタンプ1つにつき100円引いてくれて、1,700円安くなった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/21(金)

散髪とバッティング練習[日記・雑記]

タグ: 散髪 運動

休みを取って、散髪に行った。その帰りに、近くのバッティングセンターに寄った。

1回目はひどいもので、素振りと変わらないほど当たらなかった。2回目はマシになったけれど、満足できるものではなかった。どうも、振るときに足が変に動く。紐はしっかりしばってあるのに。

あとから知ったのだが、靴底が両足ともはがれかかっていた。それで、バッティングのときに、足がぐにゃりとなっていたのか。さすがに買い換えることにする。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

ポータブルHDDを購入[コンピュータ]

タグ: SSD・HDD 楽天 買い物 レビュー

バックアップ用に、USB 3.0対応のポータブルHDDを買った。アイ・オー・データのHDPV-UT1.0GBで、8,480円。ZENBOOKに合わせて、ゴールドを選んだ。

HDPV-UT1.0GB

収納式のケーブルがついていて、別で用意しなくても接続ができる。ただし、かなり短い。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/16(日)

野球の試合[日記・雑記]

タグ: 野球部活動 運動

点を取ったり取られたりで、どちらが勝つかわからない試合だったが、ファーストゴロをトンネルしてしまい、それが負けにつながった。

打撃では、センターを越える当たりを打った。これはツーベースヒットだろうと思って走ったら、セカンドでアウトになった。足が遅すぎることを自覚した。

久しぶりの運動で、いい汗をかいた。天気がよすぎて暑かった。飲み物をもっと持っていくべきだった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/02(日)

Windows Anytime Upgrade[コンピュータ]

タグ: 買い物 ZENBOOK_Prime_UX31A Windows_7 リモートデスクトップ レビュー

NTT-X Storeで、Windwos 7 ProfessionalへのAnytime Upgradeのパッケージを購入した。パッケージなどいらないのだが、ダウンロードするより安かったから仕方ない。なお、パッケージ版でも、入っているのはプロダクトキーだけだ。

アップグレードするには、復元ポイントを作成できる設定にすることが必須だった。プロダクトキーの入力以外は、特にやることもなくProfessionalになった。

アップデート後は、リモートデスクトップ接続のホスト機能が使えるようになった。ただ、ZENBOOKの解像度を1,600×900にしたとき、1,440×900しか選べなかった。RDPファイルを直接書き換えることで、任意の解像度にはできるが、釈然としない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/01(土)

ZENBOOKでIntel Rapid Start Technologyを使う[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A

ZENBOOKの休止状態への移行を短縮させたい

ZENBOOK Prime UX31Aで休止状態を使うと、休止するまでに30秒弱かかり、復帰に約20秒かかる。この時間をもっと短縮できるはずだと思って調べたら、Intel Rapid Start Technologyというキーワードを見つけた。

Intel Rapid Start Technologyを使うと、スリープをしたときに、自動的に休止状態へ移行する設定ができる。データの保存には専用の領域が使われて、普通に休止状態を使うよりも高速化される。

ZENBOOKに登録されているWindowsサービスを見ると、「Intel(R) Rapid Start Technology Service」があった。すでにインストールはされているようだ。SSDに専用の領域も存在している。しかし、スタートメニューにもコントロールパネルにもその名前はなく、どうやって設定をするのかがわからなかった。

Intel Rapid Start Technology Manager

本来は、Intel Rapid Start Technology Managerというものがタスクトレイに常駐するらしいが、それがいない。ASUSから改めてダウンロードとインストールをしても同じだ。そこで、展開したインストーラをよく見ると、GUIというフォルダに、RapidStartConfig.exeというファイルがあった。

RapidStartConfig.exeは、一度実行すると、次回からは自動で常駐するようだ。これで設定ができるようになった。設定画面を開くときにエラーが出たが、これは設定値が不正な状態でレジストリに書き込まれているためだとわかった。

設定画面で、タイマーを「オン」にする。それだけではダメで、0の位置にあるスライダーを一度動かして、改めて0の位置にする。0分と表示されたのを確認して保存をすれば、以後はエラーが出なくなる。ただ、何かの拍子で、また同じようなことになってしまうようだ。

Intel Rapid Start Technology Manager

設定の保存に不具合があるものの、この機能を使えば、休止相当の状態になるまでに十数秒、復帰に数秒というスピードになった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/29(水)

ねむり時間計[家電・AV機器]

タグ: 楽天 買い物 睡眠 健康機器 レビュー

オムロンの、ねむり時間計を買った。ひと言で説明すると、起きやすい時刻にアラームを鳴らしてくれて、睡眠時間がわかる目覚ましだ。

ねむり時間計(HSL-001)

以下は機能の説明。

  • セットボタンを2回押してSLEEPモードにすると、体の動きを検知して、動きが止まったら睡眠時間の開始となる。
  • 起床は、設定した起床時刻付近で体の動きを検知したら、そこでアラームが鳴る。検知を開始するのは、起床時刻より前の10~60分で、10分間隔で設定できる。起床時刻ぴったりで鳴らすこともできる。
  • 途中で目が覚めて、もう一度寝た場合でも、すべて睡眠時間としてカウントされる。
  • 眠りの深さは測定できない。
  • アラームよりも先に目が覚めたら、ボタンを2回押すことで睡眠時間の終了となる。
  • スヌーズ機能があり、アラームが鳴ってからボタンを1回押しただけの場合は、再びアラームが鳴る。スヌーズ間隔とスヌーズ回数、アラーム鳴動時間は設定できる。

SLEEPモードの開始も終了も、セットボタンを2回押す。なお、2回目は長押し。

通信機能で、スマートフォンへデータ転送をしたり、スマートフォンから設定をしたりできる。正確に表現するなら、スマホを経由して、オムロンのサービスとデータのやりとりができる。あるいは、PCで管理したければ、別売のUSB通信トレイでデータ転送ができる。

本体から設定できるのは、以下の項目に限られる。起床時刻から何分前に検知を始めるかという設定は、本体からではできない。

  • 日付と時刻の設定
  • 起床時刻の設定
  • スッキリ起床(体の動きを検知するアラーム)を使うかどうかの設定

実際に使ってみてどうかというと、毎日の睡眠時間を正確に記録するにはあまり向かない。途中で起きたり、完全にアラームを止めてから二度寝したり、昼間に寝たりといった睡眠時間を柔軟に管理できる仕組みではないからだ。細かく記録したければ、ねむログというサービスを使って、自分で入力したほうがいい。その際に、夜中の睡眠時間を計測する手段として、ねむり時間計を使うというのなら悪くない。

そういうわけで、毎日これで睡眠時間を記録するというよりは、朝の目覚めをスムーズにするための目覚ましとして使うのがいいようだ。

ちなみに、体が動くのはどういうタイミングなのか調べたら、「レム睡眠のとき」「ノンレム睡眠のとき」「ノンレム睡眠からレム睡眠に移るとき」「レム睡眠からノンレム睡眠に移るとき」「睡眠の深さが変わるとき」というようにさまざまで、どれが正しいのかさっぱりわからなかった。なので、体が動いたタイミングで起きることが、本当によい目覚めにつながるのかは疑問だ。実際、スッキリ起床のアラームで起きたとき、目覚めがよいと感じるかどうかは何とも言えない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/27(月)

リモート接続をいろいろ試す[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A リモートデスクトップ レビュー

リモートデスクトップ接続は、ノートPCをホスト側にして、デスクトップPCから操作をすることが多い。しかし、ZENBOOKのWindows 7はHome Premiumなので、ホスト機能がない。とりあえず、フリーソフトウェアで代用できないか、いろいろ試した。

TrueRemoteというソフトをよく耳にしていたので、まずそれを使った。レスポンスはよいのだけれども、ノートPC側の画面も操作によって動くので、いつまで経っても画面が消えない。リモートから使うときは、一定時間操作をしなかったときのように画面が消えてほしいのに、そういう機能がなかった。

RealVNCなら、スクリーンセーバーに影響しないようにできる設定があった。しかし、Windows 7ではサービス登録ができないという問題があった。

その他、TightVNC、UltraVNCといった同種のソフトも試したが、どれも画面の更新処理に問題が見られた。特に、Firefoxの画面が更新されないことが多くて、これでは使えない。どうやら、Windows 7をProfessionalにアップグレードするのが一番のようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/26(日)

b-mobile SIM U300を開通[インターネット]

タグ: スマートフォン Xperia_acro レビュー

去年の12月に開通させた、Light Tab用のb-mobile SIM U300が期限を迎えた。今月の頭に、またU300を買っておいたので、それに切り替えた。今回はLight Tab用ではなく、通常のU300だ。

Light Tab用では強制だった画像の劣化がないので、見にくくて困ることがない。

Xperia acroで使っているが、もう少し接続するまでの時間を短縮できないだろうか。使うときだけ接続しているので、いつも十数秒待たされる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/25(土)

バットのグリップテープを交換[日記・雑記]

タグ: 楽天 買い物 スポーツ用品

バットのグリップテープがボロボロになったので、新しいものを購入した。SSKのクロスパターングリップテープ(GTPU23X)というやつにした。厚みは1.8mmで、左利き用に巻き替える必要がないものらしい。本来、左利き用は逆に巻くということすら知らなかったが。

バットのグリップテープ(GTPU23X)

今回、初めて巻いてみて思ったのは、巻き始めの部分は斜めにカットすべきということだ。これをやらないと、グリップエンド付近がもっこりして気になる。そのせいでやり直した。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/13(月)

ワイパーゴムを購入[クルマ]

タグ: アテンザ カー用品 買い物

オートバックスで、所有ポイントを2倍にできるキャンペーンがあったので、STAFMANのワイパーゴムを買った。

毎回、買うときに型番を確認するのが面倒なのでメモ。

場所品番呼番長さ
運転席側G55G80550mm8mm
助手席側F45G7450mm6mm
リアF50G10500mm6mm
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/11(土)

DiXiM Digital TV plusをZENBOOKで使う[コンピュータ]

タグ: 楽天 買い物 ZENBOOK_Prime_UX31A BDレコーダー BDZ-AT970T レビュー

BDZ-AT970Tと、ZENBOOK Prime UX31Aの組み合わせで、DiXiM Digital TV plusを使った感想を書く。BDZ-AT970Tは有線LANでの接続で、ZENBOOKはIEEE 802.11aの無線LANでの接続という環境。

ダウンロード購入

DiXiM Digital TV plusは、楽天でダウンロード購入した。アップデートはどうするのか調べたところ、提供元は日本インテリジェンスと書かれていたので、OptMarket Supportからダウンロードすればよいことがわかった。2.1.4.5にアップデートした。

2013/03/24追記
サポート業務が移管されて、ASKWARE Supportからのダウンロードに変わった。Windows 8に対応したバージョンが公開されている。

いいところ

  • 録画したタイトルの再生だけでなく、リアルタイムに番組の視聴もできる。
  • ウィンドウのサイズを自由に変えられる。
  • 再生中に副音声にすることができる。
  • BDレコーダーの電源がオフになっているときは、電源を入れることができる。

リモートでの電源オンは、通常の起動状態ではなく、内部的に操作ができる状態になる。なので、前面パネルは待機時と同じ。

悪いところ

  • Aeroを有効にしないと動作しない。
  • タイトルの再生や、番組の視聴を開始するのに、1分近くかかる。この環境だけの問題なのだろうか。
  • 再生速度を、1.5倍、1.2倍、0.8倍、0.5倍にすることができるが、1.5倍と1.2倍は、音声が聞きづらく、不快な音になるので、実質使えない。
  • 他のBDレコーダーから取り込んだタイトルは、一覧に出ない。
  • ジャンル別でフォルダに分かれているが、その配下はタイトル別にフォルダで分かれない。タイトル数が多いジャンルは、読み込みに時間がかかるし、見たいタイトルを見つけにくい。
  • チャプターマークへジャンプする機能がない。
  • 字幕が記録されていても、表示ができない。

まとめ

無線LANで使用しているからか、非常にレスポンスが悪い。再生が始まれば、特に問題はないのだが。

使い勝手も決してよくない。常用するには不便だ。たまに使う程度のものになりそう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/09(木)

いわし団子[日記・雑記]

タグ: 料理

昨日、生のいわしの開きが、10尾で150円だった。しかも、いつもより大きかった。その日に5匹食べたが、明らかに食べすぎた。今日また5匹も食べられる気がしなかったので、保存する方法を調べた。

すりつぶして団子にするのがよさそうだったので、包丁で細かく刻んで、塩こしょうをかけて、丸めて冷凍した。そばやうどんを作るときに使おう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/06(月)

パワプロ2011 ペナント3年目終了[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

パワプロ2011の、ペナントの3年目が終わった。

  • 森野、和田、中島はフル出場で、ホームラン数は森野136本、中島93本、和田81本。あと、グスマンが100試合出場して43本。
  • 森野は、CDEDEFで、ミートC66、パワーD59まで落ちた。しかし、引っ張るとやたら飛ぶ。
  • 和田は、BCFEFCまで落ちた。守備力の衰えが悲しい。4年目はスタメンからはずして、他の選手の特殊能力をつけるために残ってもらう。それだけのために、高い年俸を払う気はないので、思い切って下げた。
  • 廣瀬はBDDAABになり、バランスのいい選手。成長タイプは晩成らしいので、34歳でもまだ衰えない。
  • 平田は、3年でミートG15→F34、パワーE40→D53まで上がった。特殊能力は三振しかないが、チーム愛が高く、ホームランがそこそこ出た。
  • 広島がドラフトで獲得した山際という選手を、トレードで引き抜いた。入団時のECEDFEからEBECDCまで能力が上がった。たしか覚醒した。
  • 中田亮は、ミートG17→F39、パワーF33→E43まで上がったけれど、3年かけてFEDEEEでファーストのみは、使い道がないか。
  • FEDEFFから2年目に覚醒してDEDCEDになった會澤は、また覚醒してCDDBDDになった。
  • 先発は、チェン、吉見、前田健の3人がほとんどで、合わせて登板数が101にもなった。
  • ペナントレース終盤で、山内が覚醒してスタミナがCになった。今後は先発で使える。
  • 中田賢が衰えてきた。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム | 古い記事 >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。