スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/01/07(土)

楽天オークションの期限は短い[インターネット]

タグ: 楽天 オークション Xperia_acro レビュー

32GBのmicroSDHCカードがようやく届いた。落札したのは去年の12月21日で、はっきり言って遅すぎる。出品者はショップなので、責任のある対応をしてくれるだろうとは思っていたが、すんなりいかずに苦労した。

最初、「32GBは今ない。16GBなら送る」という連絡があったが、購入時一式と書いてあったのに今ないのはおかしいわけで、当然断った。年末年始を挟んで時間がかかったが、なんとか32GBを送ってもらい、最低限のことはしてもらったという感じだ。

楽天オークションのシステムにも疑問が残る。落札した商品が発送されてから、5営業日以内(土日祝を除く)という短い期間に受取確認をしなければならない。受取確認をすると、出品者へ出金されるので、商品に問題がないかどうか、きちんと確認する必要がある。この短い期間では、商品に欠品があった場合、足りないものを送ってもらうには時間がない。受取確認を放置しておくと、自動的に出品者に出金されることになるので、出品者と話し合って、確実に対応してもらわないと困ることになる。

自動で受取確認が行われるのを防ぐには、返金申請があるが、出品者がそれを了承したら取引ができなくなってしまう。単に時間の問題で受取確認を延長したくても、その手段がないのが問題だ。返金申請を出品者が取り下げれば、実質延長されることになるが、あらかじめ出品者に話をつけておかないといけないし、それが普通のやり方とは思えない。

受取確認のあとは、評価をすることになる。これにも7日以内という期限がある。今回の取引では、この期限にも引っかかり、microSDHCカードを受け取る前に評価せざるを得なかった。幸い、評価のコメントはあとで更新することができるので、受け取ったあとに更新した。

とにかく楽天オークションは、スムーズに取引することを前提とした期限が切られていて、何かあったときに融通が利かない。出品者とのやり取りだけでも苦労するのに、楽天オークションのシステムにも急かされる。いつもの楽天での買い物とはずいぶん違い、あまり積極的には使いたくないと思った。

コメント(1) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
同感です。
私は、郵便局の配送が4日もかかったため期限が切れました。
ちょっと使いにくいですね。
by ななし

2011/12/24(土)

Xperia acroが届いた[コンピュータ]

タグ: スマートフォン Xperia_acro 楽天 オークション レビュー 利き手の逆 キーボード

楽天オークションで落札したXperia acroが届いた。新品同様で、付属品は購入時一式と書いてあったので、状態と欠品の有無をチェックした。

箱はきれいで、書類は全部あった。保証書は、製造番号が記入されたシールが貼られていて、店名は未記入。

続いて付属品のチェック。バッテリー、ACアダプター、microUSBケーブル、ステレオヘッドセット、イヤーピース大中小と、ここまではいい。問題はmicroSDカードで、32GBではなくて2GBになっていた。こういうことは予想していたので、問い合わせることにする。

本体の製造年月は、2011年9月。新しめのものでもなければ、出始めのものでもないといったところか。外装に傷はなくきれいだが、液晶部分をよく見ると、わずかな傷がいくつかあった。照明で反射させないとわからないレベルだが、自分だったら、これを新品同様とは書かない。この程度のことで中古に文句を言っても仕方ないので、ここは妥協する。保護シートを貼れば、気にならなくなるはずだ。

ところで、なぜスマートフォンを持とうと思ったかというと、外出先でも、自宅と同じようなインターネットサービスが使える環境がほしかったからだ。そして、Xperia acroにした最大の理由は、なんかよさそうだったからという感覚的なものだった。もちろん、全く調べずに決めたわけではないが、車を選ぶときのように、所有したらうれしいだろうなという気持ちを重視した。

機能的には、Xperia arcでもよかった。arcのほうが軽くてスリムなのだが、残念なことに白がない。できるだけ携帯機器は白でそろえるというこだわりがあったので、acroになった。

そういえば、当初は005SHのようなハードウェアキーボードがないと、文字入力が不便だろうと思っていた。しかし、スマートフォンを持っている人に、ソフトウェアキーボードで文字を入力をさせてもらったところ、思ったよりやりやすかった。それに、日本語はローマ字入力するよりも、フリック入力をしたほうが速いということも知って、ハードウェアキーボードが必須ではないというか、むしろスマートフォンには必要ないとさえ思うようになった。

では、初めてXperia acroを操作してみて感じたことを少し書く。

  • 本体のサイズは、若干大きく感じる。持ちにくいわけではないけれど、うっかり落としそうなので気をつけたい。そして、もう少し軽くなってほしいとも思う。
  • 戻るボタンが左にあり、音量ボタンが右側面にあるので、左手で操作しやすいレイアウトに思える。自分はわりと左手で操作することが多いので、この配置は嫌いではない。
  • 真ん中のボタンはともかく、左右のボタンは使っているうちにグラグラになりそうな作りなので、あまり押したくない。
  • タッチやフリックの反応はかなりよい。ソフトウェアキーボードもストレスなく使える。
  • 裏蓋が開けやすいので、SDカードや電池パックの入れ替え作業は苦にならない。
  • 液晶の発色は、少し薄めに見える。
  • ボタンの隙間にライトがあり、ボタンを押すといちいち光る。光らないようにする設定はないが、Screen Filterというアプリで消灯できる。
  • 照度センサーが過敏に反応して、画面がチラつくことがある。左上のセンサーを塞げばマシになるが、根本的な解決方法が見つからない。
  • PHONE端子が通常の3.5mmステレオミニプラグで、専用のイヤホンや変換ケーブルを使わなくて済む。
  • 充電が完了しても、ケーブルを抜かない限りランプが消えない。
  • 英数字と記号を、切り替えずに入力できるキー配列があるところが便利。

Xperia acro ソフトウェアキーボード

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/12/21(水)

Xperia acroを落札[コンピュータ]

タグ: スマートフォン Xperia_acro 楽天 オークション 買い物

Xperia acroを楽天オークションの即落価格で落札した。落札をしても、在庫確認中のステータスで、確定はしていない。別のサイトでも同じものが出品されていたので、全体で早い者勝ちなのだろう。

使用が2日の新品同様で、付属品は購入時一式ということだけれど、中古は中古なので、心配ではある。29,000円だったが、クレジットカードで支払うと、手数料が1,000円以上かかるらしい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。