スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/08/06(月)

パワプロ2011 ペナント3年目終了[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

パワプロ2011の、ペナントの3年目が終わった。

  • 森野、和田、中島はフル出場で、ホームラン数は森野136本、中島93本、和田81本。あと、グスマンが100試合出場して43本。
  • 森野は、CDEDEFで、ミートC66、パワーD59まで落ちた。しかし、引っ張るとやたら飛ぶ。
  • 和田は、BCFEFCまで落ちた。守備力の衰えが悲しい。4年目はスタメンからはずして、他の選手の特殊能力をつけるために残ってもらう。それだけのために、高い年俸を払う気はないので、思い切って下げた。
  • 廣瀬はBDDAABになり、バランスのいい選手。成長タイプは晩成らしいので、34歳でもまだ衰えない。
  • 平田は、3年でミートG15→F34、パワーE40→D53まで上がった。特殊能力は三振しかないが、チーム愛が高く、ホームランがそこそこ出た。
  • 広島がドラフトで獲得した山際という選手を、トレードで引き抜いた。入団時のECEDFEからEBECDCまで能力が上がった。たしか覚醒した。
  • 中田亮は、ミートG17→F39、パワーF33→E43まで上がったけれど、3年かけてFEDEEEでファーストのみは、使い道がないか。
  • FEDEFFから2年目に覚醒してDEDCEDになった會澤は、また覚醒してCDDBDDになった。
  • 先発は、チェン、吉見、前田健の3人がほとんどで、合わせて登板数が101にもなった。
  • ペナントレース終盤で、山内が覚醒してスタミナがCになった。今後は先発で使える。
  • 中田賢が衰えてきた。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/03/11(日)

パワプロ2011 ペナント2年目終了[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

森野がホームラン97本でホームラン王になった。和田もほぼ同じだけ打った。森野はパワーCで、チーム愛も和田のほうが高いのに、どこからそんなパワーが出てくるのだろう。プルヒッターが重要なのかもしれない。

  • 2年目の全日程が終わって、和田が人気者になった。
  • ネルソン、中島、小林正、朝倉、森野、藤井の能力が衰え始めている。
  • 井端は引退。荒木は自由契約で放出。
  • 谷繁は契約更改のときにはもういなくて、どこかへ消えてしまった。
  • グスマンは全試合の半分も出ていないが、21本ホームランを打ち、パワーBに。
  • グスマンをファースト、森野をセカンドにコンバートした。
  • サードは堂上直だが、堂上剛もサードにコンバートした。中日は外野が多すぎる。
  • 森野は二一三、堂上直は二三、堂上剛は三外で、3人ともサブポジ4を持っているので、あちこち守れて助かる。
  • 和田の守備が衰えてきているが、もうしばらくレフトでがんばる。
  • FA宣言した広島の廣瀬を、16,500で獲得した。CDDAABという高い能力なので、外野のレギュラーにする。33歳だが、まだ能力は下がっていない。
  • 平田はずっと2軍で、ミートはG15→G29、パワーはE40→E49になった。そろそろ1軍に上げるか。
  • 中田亮も2軍で、ミートはG17→F34、パワーはF33→F39になった。守備位置がファーストのみなので、使いどころがない。
  • 石原は全く使っていない。
  • 會澤は2年目に覚醒して、初期値のFEDCFFからDEDCEDになった。
  • 野本も覚醒して、GEDDDBがEDDCCBになり、守備要員として使えるようにもなった。
  • 堂上直も覚醒し、兄よりも能力が高くなった。
  • ドラフトで、18歳の新人キャッチャーを獲得した。EDFEFEで、守備を中心に鍛える。
  • 18歳のサードもドラフトで取った。DDCDEDでチャンス4、流し打ちと、なかなか能力が高い。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/23(日)

パワプロ2011 ペナント1年目終了[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

中日で1年間、自分で操作をしてペナントをやった。選手の変化などを書く。

  • 岩瀬、ブランコ、英智をコーチにした。岩瀬はキレと対ピンチのアップ、ブランコはパワーヒッター、英智はレーザービームと走塁アップ。
  • トレードで獲得したのは、長野、中島、前田健、會澤、石原。
  • 長野は能力は高いが、1年目からどんどん劣化する。覚醒したけれど、そこからまた劣化する。
  • 中島は主力として使える。特殊能力も多い。1年目では特に劣化しない。
  • 前田健はカーブで三振が取りやすい。能力も文句ない。
  • 會澤は、若くて肩がCということで取った。その他の能力はまだまだだが、気長に育てる予定。
  • 石原は、キャッチャーの即戦力として取ったが、劣化するので長くは使えそうにない。
  • 谷繁は能力がどんどん下がる。特に肩や守備面が激しく落ち込む。それでも、キャッチャー◎があるので、2年目のペナントも現役。
  • 和田もさすがに劣化するが、2年目も主砲。
  • 森野はパワーCなのに、和田の次にホームランが多い。劣化が始まっているので、いつまで使えるか。
  • 荒木と井端は、ほとんどの能力が劣化する。セカンドとショートは、次を考えたほうがいい。とりあえずショートは中島。
  • 20代の助っ人外国人を2人契約したが、どちらも能力が下がり始めている。
  • グスマンの能力はまだ下がっていない。パワーがCなので、まあまあホームランが出る。
  • 先発は、吉見、チェン、中田賢、ネルソンが安定して使えるし、能力も下がっていない。
  • 朝倉はスタミナがDなので、先発は厳しい。能力も下がる。中継ぎで使うのが吉。
  • 高橋と浅尾が、抑えとして頼もしい。どちらも回復4がついているし、能力もよく上がる。
  • ドラフトで、特に欠点のない野手2人と投手1人を獲得できたので、育てていくのが楽しみ。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/13(木)

エースコンバット アサルト・ホライゾン[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト 楽天 買い物

楽天ブックスから、エースコンバットが届いた。やはりメール便は無駄に大きな梱包で、ドアノブに引っかけてあった。今度からコンビニ店頭受取にしよう。

すぐに始めるほどのやる気がないので、開封するのはしばらく先になりそうだ。

体験版をやった限りでは、ドッグファイトモードが、ただタイミングよくボタンを押すだけになってしまっていて、見た目以外の楽しさが半減しているように感じた。ヘリは、最初なんだこれと思っていたが、やり込むとおもしろさがわかってきた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/06(木)

F1 2011[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト ゲーム用コントローラ 楽天 買い物 レビュー

楽天ブックスで注文してあったF1 2011が届いた。無駄に大きな梱包のメール便で、ドアノブにかけられていた。この大きさ、なんとかしてもらいたい。

643MBものアップデートが終わったあと、鈴鹿を走った。少し走っただけなので、とりあえず感じたこと。

  • 全体のマップを表示する設定があり、回転せず固定させることもできる。これによって、自分が走っている位置や、他の車の位置が把握しやすくなった。
  • 前作では縁石でスピンしやすく、一部では異常なほどすべっていたが、そのようなことがなくなった。
  • グラフィックは、明るくはっきりとした。劣化したという意見もあるが、特にそうは思わなかった。
  • スタート時のランプが、どのポジションにいてもきちんとわかるような表示になった。
  • KERSとDRSが使える。ゲームにはぴったりの要素で、俄然おもしろくなる。ただ、決勝ではDRSの使用条件が決まっているので、なかなか使える機会がない。
  • アシストをきっちり使って難易度を下げた状態では、ずいぶん走りやすくなった。緊張感は減るが、気持よく走りたいときにはいい。
  • ある程度はカウンターでスピンを防げる。スピンをしたとしても、必ず反対向きになるような単純なものではなくなった。
  • G27の設定が、F1 2010と同じようにならない。少しだけ抵抗がある状態にしたいのに、どうしてもフォースフィードバックが強くなる。慣れるしかなさそうだ。

後日、小林可夢偉が10月8日の鈴鹿の予選で、130RをDRS全開で走り抜けたことが話題になったが、あれがどれほど危険なことか体験できる。性能のいい車で、よほどうまく操らないとスピンしてしまう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/07/21(木)

ノーラと刻の工房が届いた[ゲーム]

タグ: ニンテンドーDS ゲームソフト 楽天 買い物

楽天ブックスで予約していた、ノーラと刻の工房が届いた。

とりあえず、4時間半もぶっ続けで熱中してしまったということだけ書いておく。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/07/17(日)

EW2430Vをゲームで使う[ゲーム]

タグ: ディスプレイ EW2430V E2370V-BF 東方 ゲームソフト PS3 レビュー

BenQのEW2430Vは、あまりゲーム用途には向かないと思われるが、実際はどうなのかいろいろ試した。EW2430Vは、応答速度を向上させるAMAの設定として、「オフ」「高」「プレミアム」があり、切り替えながら確認した。総じて、プレミアムの設定が良好だった。では、具体的にプレイしたゲームを挙げていく。

東方非想天則 (PC)

AMAがオフや高だと、動き回ったときにキャラがボケやすい。プレミアムにすると、ほぼ問題なくなる。副作用も特にない。

東方地霊殿 体験版 (PC)

AMAがオフや高だと、落ちてくるアイテムなどがぼやけているが、プレミアムにすれば解消する。入力遅延は特に感じなかった。ちなみに、大きめのウィンドウモードでやるときは、スーパー解像度をオンにすると、少しくっきりする。

F1 2010 (PS3)

スクロールの激しいレースゲームは厳しいかと思ったら、意外にも問題なかった。AMAの設定も、あまり差が感じられない。たぶん、レース中の背景の残像感は、たいして気に留めないのだろう。

グランツーリスモ5 (PS3)

グランツーリスモ5も、プレイ中は何も気になることはなかった。ただ、リプレイで車が走り抜けていくのを見ると、プレミアムでも残像がやや目につく。

スーパーストリートファイター4 (PS3)

AMAがオフや高だと、キャラが動いたときの残像が多少気になった。プレミアムにすれば抑えられる。入力遅延に関しては、正直よくわからないが、困ることはなかった。

実況パワフルプロ野球2010 (PS3)

振り遅れになるようなこともなく打てる。画面がスクロールしているとき、野手が少しボケるが、そんな程度。

まとめ

思ったより使えるなというのが正直な感想だ。AMAはプレミアムにしておけば、残像がかなり抑えられる。LGのE2370V-BFと比べても、特に差は感じなかった。といっても、どちらも動きに強いわけではないので、ゲームにおすすめな機種ではない。あくまで、意外にマシだったというレベルなのであしからず。

なお、EW2430Vより前に発売されたEW2420などは、AMAの設定がオンとオフしかないので、プレミアムほど残像は抑えられないだろう。EW2430VとEW2420は、PIPの有無とデザインの違いくらいだと思われがちだが、AMAのプレミアム設定の有無という点で、動画やゲームでわりと大きな差がつく。どちらを買うか迷っているのなら、この点も考慮したほうがよいと思う。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
この機種ずっと気になってたのですがまだなかなかレビューがなくどうしようか迷ってた中でしたのでとても参考になりました。ありがとうございます。
by ななし
残像や入力遅延は、人によって感じ方が違ったりするので、なかなかレビューは難しいですが、
AMAをプレミアムの設定にすると、残像低減の効果が高いというのは大きな収穫でした。
by 犬かい

2011/07/14(木)

実況パワフルプロ野球2011[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ 買い物 レビュー

PSPの実況パワフルプロ野球2011を、ダウンロード版で購入した。基本的に、ペナントをマニュアル操作でやるだけなので、その観点での感想を書く。今まで、パワポタシリーズのペナントをずっとやっていて、PS3のパワプロ2010も少しやったことがあるという前提で。

まず、試合について、どうしてなくしてしまったのかというもの。

  • 選手の能力詳細が△ボタンで見られない。
  • リプレイがない。試合後のダイジェストもない。
  • 操作する野手を手動で切り替えられない。
  • 投球モーションの間に守備位置を変更できない。
  • エキスパートの投球タイプがない。
  • ファーストでスリーアウトにしたあと、RやLRでボールを放る操作ができない。

今までできていたことができなくなるのは、かなりストレスがたまる。能力詳細なんて、技術的に何も難しくないだろうに。リプレイも、せっかくいろいろなアクションや演出が追加されているのに、それをもう一度見られないのはもったいない。操作する野手を切り替えられないことに至っては、もう意味がわからない。

次に、PS3のパワプロ2010に似ていると思ったこと。

  • 顔のグラフィックが、パワターとパワプロで選べる。
  • カーブが浮き上がるような軌道で曲がる。
  • パワーが低くても、きちんと当てれば飛ぶ。
  • 3アウト後に遊びで投げた球も捕ってくれる。
  • 大きなホームランのとき、打った瞬間に演出がある。
  • 塁から塁へのボール回しの動作が異様に速い。
  • 打者は立つ位置を変更できない。
  • バットがピッチャーと重なる場合は、バットが半透明になる。
  • カーブがあってスライダーがない場合、真横を押してもカーブが選択される。
  • 持ち球の表示ありで、投げる球種の表示なしの設定にできる。
  • 能力を表示する設定の場合、ピッチャーのスタミナの残りが表示される。
  • COMの選手交代時、いちいち操作中の画面が出ることがない。

PSPも、PS3版に追いついてきたという印象。そういえば、PS3のパワプロ2010では、一塁線や三塁線に打つと、画面が切り替わったあとの飛ぶ方向に違和感があったのが、この2011では特に感じなかった。

パワポタ4から変わったなと思ったこと。

  • グラフィックは、きれいになったように見えて、汚くなったとも言える。ピッチャーの顔がつぶれてよく見えない。
  • ツルツルのヘルメットのチームは、照明でかなりテカテカになる。
  • 完全にPSP-3000向けの色設定になっているらしく、PSP-2000でやると発色が悪く見える。
  • 全体的に文字が小さい。また、試合中以外で、文字がチラつくことがある。
  • ホームランの文字表示の演出が地味になって、目に優しい。
  • コントロールの能力の低さは、そんなに気にしなくていい。
  • ライトゴロが減った。
  • 内野へのライナーが異常なほど多く、右中間や左中間を破るツーベースも多い。
  • COMが極端に弱いコースや球種、配球が特になさそうなので、簡単には三振が取れない。
  • かけ声の文字が非常に読みづらい。
  • ランナーの方向転換が遅く、フライやライナーのあと、戻れずにアウトになることが多い。
  • バットの芯に当たったときの音が、だるま落としを勢いよく叩いたときの音に聞こえる。

PS3のグラフィックに近づいてはいるが、PSPの解像度に最適化されていないように見える。なので、ピッチャーの顔が汚く、グラウンドに引いてあるラインがブチブチに切れて見えたりする。ちなみに、PSPではまだ観客がぺったんこだ。打ったときの音は、今までと違って新鮮ではあるけれど、音が高すぎて軽い感じがする。

ペナントについて。

  • ピークを過ぎた選手の能力が、容赦なく劣化していく。
  • 選手の海外留学がない。
  • 全球団の選手に対して、好きなときにフォームを変更できる。
  • 難しいと思えるトレードも、案外すんなり成功する。

開幕直後から、ほぼ毎試合後に、誰かの能力が下がっていく状況になる。30代後半のベテランならともかく、早熟タイプの若手までもがどんどん下がっていくのは、さすがにやりすぎではないか。フォームの変更はありがたい。投球モーションがやたら長い投手は、短いフォームに変更することで、試合のテンポがよくなる。

なくなってしまったものは多いけれど、投げて打つことに関しては純粋に楽しめるので、ペナントをやっていくつもり。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/06/25(土)

世界樹の迷宮3を始めた[ゲーム]

タグ: ゲームソフト レビュー

世界樹の迷宮3を、やっと始めた。

散々迷ったあげく、ウォリアー、モンク、シノビ、プリンセス、ゾディアックでやることにした。プリンセスのパッシブスキルによるHPの回復が便利だ。あと、序盤から属性攻撃がないとつらいので、ゾディアックが入っている。サブクラスが解禁されれば、どうにでもなりそうだが。

始めてしばらくは、アイテムを売っても大した額にならず、お金が貯まらない。やはり、採集専用のパーティを作るのが一番か。

なんだかんだで、やはりおもしろい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/06/18(土)

世界樹の迷宮3を購入[ゲーム]

タグ: 楽天 買い物 ゲームソフト

楽天の駿河屋で、世界樹の迷宮3を中古で買った。初回限定の特典CDも210円で売っていたので、それもついでに。合計金額が3,500円を少し超えて、送料が無料になったのでちょうどいい。

初代の世界樹の迷宮は、先日ようやく世界樹の王を倒した。放置していた期間が長くて、4年がかりだった。その後は、パラディンにスキルを覚えさせないと勝ち目のない敵がいるので、もうやめようと思う。

世界樹の迷宮2は、ずいぶん前に買ったけれど、バグがひどいそうなので、やらずに3を始めるつもり。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/01/12(水)

パワポタ4 ペナント4年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

3年目のシーズンを終わらせるのに、半年以上かかった。それにしても、飽きずによくやっているものだ。

3年目は、122勝21敗1分で優勝。勝率はだいぶ高くなった。打たれにくくもなった。カーブかスライダーの能力が高いと、かなり三振が取れる。不足していたキャッチャーは、助っ人外国人で能力が高い選手を取ったので、もう問題ない。

さて、4年目。戦力的な不足はほとんどない。FA宣言した岩隈が取れた。能力は申し分ないけれど、ワインドアップのモーションが長いのが不満だ。シーズン後はフォームの変更をする。ドラフトで取った田部というピッチャーも、やたら能力が高い。レーザービームと人気者がついている森本も取れた。守備要員として使う。代走にもいい。

堂上剛のパワーがそろそろAになる。4年目は積極的に使っていく。和田のチャンス1と森野の対左投手1は、ずいぶん前のシーズン中に下がったものだろうけど、いくら打っても戻ってくれない。特殊能力の練習で上げないとだめなのだろうか。

連携特殊能力が相変わらず増えない。アベックホームラン○、先発の両軸、ライバル心だけ。もっと打順と守備位置を考慮して、連携特殊能力の条件を意識したマップにしないといけないようだ。

コメント(6) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
確かに飽きないゲームだね。COMの設定はどんな感じでやってます?
by ペコロス
投球がふつう、それ以外はつよいというのが、自分にとっては楽しめる設定のようです。
ストレス解消でやっているようなものなので、勝ちすぎていても別にいいかなと。
by 犬かい
ちなみに私はポタ3で投球がめっちゃつよであとはパワフルです。ロックオンはなしです。
4も持っているのですが3が止められないために積まれていますwww
by ペコロス
レベル高いですね。
パワポタ4では、投打のバランスがずいぶん調整されています。
基本的にはよくなっているのですが、2ストライクになるまでは
ほとんど振ってくれなくて、試合のテンポが悪いのが難点です。
パワプロ2010のPS3版では、さらにバランスが改善されていますが、
PSP版を買うつもりはないので、次回作に期待しています。
by 犬かい
2010は欲しかったのですが、AMAZON等で酷評されていたので敬遠してます。
次回作楽しみですね!ちょっと4をやってみようかと思います。
ちなみにペナントは全て地道にプレイしてますが飛ばしたりしてますか?
話は飛びますが、RDZ-D87は私も持ってました!X95に買い換えてレスポンスに
がっかりしましたwww RDZ-D87は捨てられず、併用してる状態です。
by ペコロス
オールスターなどは飛ばしますが、記録が残る試合は全部やっています。
2010の評価の低さは相当なものですね。PS3版は、通常の試合をやるだけなら
悪くないのですが、いろいろなモードをやりたい人には不満だらけのようです。
PSP版は、やはりパワポタ4との違いがほとんどないのが原因なのでしょう。

RDZ-D87は、もう使っていなかったので、先日思い切って売りました。
そのうち詳しく書く予定です。
by 犬かい

2010/12/23(木)

G27でグラングーリスモ5[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト 楽天 買い物 ゲーム用コントローラ レビュー

G27レーシングホイールで、クラッチを使ったシフト操作がしたいという理由から、グランツーリスモ5を買った。設置場所に困っていたシフトユニットは、机の端ならなんとか2点で固定できた。

いいところ

  • クラッチとシフトレバーの操作が本当に楽しい。これはもうゲームというより運転だ。
  • 変速の方法が、設定を切り替えなくても柔軟に対応している。クラッチを使ったシフトレバーでの操作、クラッチなしのシフトレバーでの操作、パドルシフトでの操作、という3種類がいつでも使える。
  • OKとキャンセルの操作を、アクセルとブレーキで行える。F1 2010ではできなかった。

悪いところ

  • コースを選択したあとのロードが長い。何か別の作業をしながらでないと、待っているのが苦痛だ。
  • 相変わらず、似たような車種ばかりで水増しされている。すでに販売されている車種のコンセプトカーや海外仕様が許せない。
  • 中古車販売の入れ替えが、どこかコースを選んでから戻らないと行われない。しかも、入れ替わるのは一部だけなので、何度も長いロードを待って更新させないといけない。無駄なことをやらせないでほしい。
  • AIの車が、ただの動く障害物でしかない。こちらのことはおかまいなしにぶつけてきて、レースをしている気分にならない。
  • 特定の車種向けのレースが多すぎて、いちいちその車を買わないと参加できない。
  • ギア比の設定で、最高速の値しか変えられない。

ギアチェンジで、所定の位置にシフトレバーを動かしても、そのギアに入らないことがある。クラッチとのタイミングが合っていないと判断されているのだろうか。そこは、実車の感覚とは少し違うようだ。そういった状態になると、一度レバーをニュートラルにしてから再度入れないと、ずっとニュートラルで変速してくれないことにストレスがたまる。

まとめ

最初に書いたように、G27でクラッチを使ったシフト操作がしたいという目的なら、楽しめるゲームではある。好きな車で、ただ走っているだけでも飽きない。しかし、AIを相手にしたレースは味気なく、作業感が強い。そろそろ、このあたりのチューニングも詰めていってほしいところ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/20(月)

VAIO Xで東方[ゲーム]

タグ: VAIO_X キーボード 東方 ゲームソフト レビュー

VAIO X(Atom Z540)で、主に東方のゲームがどれくらいやれるのか試した。CPUはともかく、GPUがGMA 500というのがネックになる。スペック不足なので、まともにやれないのは承知している。そのゲームが悪いわけではない。

基本的に、ウィンドウモードでやった。動きが鈍いものは、環境カスタムプログラムで描画間隔を調整して試した。

東方紅魔郷 体験版 ver 0.13

フルスクリーンだと、画面が激しくちらつく。ゲームにならないほどカクカク。ウィンドウモードだとちらつきは減るが、カクカクなのは変わらない。そして、よくハングアップやブルースクリーンになる。東方の中でも、このゲームは相性が悪そうなので、無理にやるよりは、その次の作品からやったほうがよい。

東方妖々夢 体験版 ver 0.11

40から50fps出る。それなりに動くが、場面によっては30fpsくらいまで落ちることもある。CPU使用率は20%台。

描画間隔を1/2にすれば、60fpsになって動きが軽くなる。その代わり、CPU使用率は60%台に上がる。

東方永夜抄 体験版 ver 0.03a

妖々夢と同じ傾向にある。

東方花映塚 体験版 ver 0.02a

これは2画面あるので、先の2つとは事情が異なる。20fps前後しか出なくて動きが遅い。描画間隔を1/3にして、ようやくまともに動ける。どの描画間隔にしても、CPU使用率は30%前後だった。

東方地霊殿 ver 0.02a

ウィンドウモードのサイズがいくつか選べるようになった。どのサイズでもあまり変化はなく、16fps程度しか出ない。

描画間隔を1/2にしても20fpsで、まだ遅い。1/3にしたら、最初だけ60fps出たが、しばらくすると急に落ち込んで、しょっちゅう画面が固まった。

東方星蓮船 ver 0.02a

ほとんど15fps以下しか出ない。1/2で20fps台。1/3にすれば、40から55fpsで普通に動ける。しばらくやった限りでは、地霊殿のように画面が止まることはなかった。

東方緋想天 Ver1.06

緋想天と非想天則は、黄昏フロンティアのゲームで、ジャンルも異なる。

全体的に動きが遅い。やれないことはないが、派手なエフェクトでコマ送り状態になることもある。CPU使用率は50%以下のことが多いので、グラフィック能力の問題だ。

東方非想天則 Ver1.11

こちらも全体的に動きが遅い。しかし、コンフィグで描画周期を1/2にすることができる。この設定にすると、動きのなめらかさがなくなるものの、スピードは改善される。これでいけるかと思ったら、やっぱり派手なエフェクトが出ると、急に動きが鈍くなってつらかった。

SW~魔女達の長い午後 version 1.01

これは東方ではなく、ストライクウィッチーズを題材にしたシューティングゲーム。

動きが遅いだけで、どうにかプレイできる場面もあるが、敵の攻撃が激しいと完全にカクカクしてしまう。CPUにはそれほど負荷がかかっていないので、これもグラフィック能力の問題なのだろう。

まとめ

やはり、アクションやシューティング系をVAIO Xでプレイするのは無理がある。ゲームの作りや設定によっては、そこそこ動くものもあるが、派手なエフェクトで一気に処理落ちすることが多い。

ところで、VAIO Xのキーボードは、Zなどのキーを押しながら、左上や左下の操作ができない。つまり、弾を打ちながら斜めに動けない。これは、キーボードのハードウェア的な制限で、どうしようもないらしい。処理速度がどうこう言う前に、まともに操作ができなくて問題外だった。dynabook SS S8では、このようなことはなかったのに。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/19(日)

G27でF1 2010[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト ゲーム用コントローラ レビュー

G27レーシングホイールを設置して、F1 2010をやった。その感想。

シート

シートは、前からレカロシートにキャスターをつけて使っていたので、それをそのまま使用(→レカロシートをオフィスチェアに)。

ハンドルユニット

購入前は、ハンドルをどう固定するかを気にしていた。というのも、クランプでの固定が可能な厚さは32mmという情報があったからだ。自宅のテーブルは35mmあるので、挟めないことになる。しかし、実際はもっと余裕があった。クランプ部分のアダプタを取りはずすことができるのだ。

G27

これで、50mmあっても挟めるようになり、余裕で固定できた。

ハンドルの径は、普通乗用車よりもやや小さめ。握り心地はよい。ハンドルは、くるくる回しても大きな音は出ない。

パドルはしっかりしているが、操作をしたときにカツンカツンと当たる音が気になる。輪ゴムを間に挟むようにしたら静かになった。

ペダルユニット

ペダルユニットの裏側には、収納式のカーペットロック機構がある。これを使えば、カーペットへの設置は楽だ。強く踏み込んでも動かない。本当は、少し傾けて、床よりも上に置くほうが実車に近くなるのだが、そうしなくても特に違和感はなかった。

六角レンチでネジをはずすことで、ペダルの位置を左右に移動できるようになっている。標準の位置では、アクセルとブレーキの間隔より、ブレーキとクラッチの間隔が狭いが、ほぼ等間隔にすることもできる。

バネの強さは、アクセルが一番弱く、次にクラッチ、一番強いのがブレーキになっている。ブレーキはかなり強めに踏まないと奥まで動かない。人によっては、これが重すぎると感じるかもしれない。

どのペダルも、いっぱいまで踏んだときと、足を離したときに、カツンと金属の音が響くのが気になる。分解してペダルの静音化をしている人が多いようなので、やってみようと思う。

シフトユニット

シフトユニットは、3点で固定するようになっている。ハンドルユニットよりも奥行きを必要とする。自宅のテーブルでは、うまく固定できなかった。とりあえず、F1 2010ではパドルシフトしか使わないので、グランツーリスモ5を買ってから考える。

シフトユニットには、方向キーとボタンが8個あり、運転以外の操作はこれらで行う。ハンドルユニットでは操作できないのがいまいち。

H型シフトの操作は、F1 2010では使わないので、グランツーリスモ5を買ってから感想を書く。ガチャガチャと動かした感じでは、なかなかいい感触だ。左右いっぱいに動かしたときに、金属が当たっているような音がもっと小さいといいのだが。

全体的な感想

さすがに3万円以上するだけに、よくできている。ハンドルを回したときの音が、他の機種に比べて静かだというのもポイントが高い。ただ、どのユニットも、いっぱいまで操作をしたときに、カツンと当たる音をやわらげるような工夫もほしい。そういうところまで気を配った作りになっていると、もっとよかった。

F1 2010での使用感

ハンドルが、左右とも90°ほど回すと、それから急に重くなる。最初のうちは、疑問に思いながら回していたが、重くなってからの範囲は、このゲームでは回しても意味がないことに気づいた。軽く回せる範囲内で調整しろということか。これだけでは曲がらないぞと思っていたが、よく考えたら、単純にスピードの出しすぎで、きちんとブレーキをかければ曲がれた。ハンドルならぐるぐる回せば曲がれるだろうという先入観があったが、F1ではそんなことはできないわけか。画面に表示されているドライバーを見たら、ハンドルは直角になるまでしか回していなかった。

F1 2010のオプションで、フォースフィードバックをオフにすると、最初からハンドルが重くなる。これはオンにしておいて、ハンドルの重さを別の設定で決めるらしい。あれこれいじって、やっと納得のいく走りができるようになった。

設定値をメモしておく。まず、ステアリング詳細設定。

パラメータ
ステアリングデッドゾーン5%
ステアリングサチュレーション60%
ステアリング直進性80%
スロットルデッドゾーン0%
スロットルサチュレーション100%
ブレーキデッドゾーン5%
ブレーキサチュレーション90%

続いて、フォースフィードバック・オプション。ハンドルはあまり重くせず、ほとんどフォースフィードバックが働かない設定が好み。

パラメータ
フォースフィードバックオン
環境影響効果0%
フォースフィードバック強度10%
ホイールの重さ70%

ブレーキは、左足でないととても間に合わない。実際のF1でもそうなんだろう。慣れてきたところで、今までオートマだったのをマニュアルにして、パドルシフトも使うことにした。

運転時のすべての操作が、純正コントローラよりも自然に行えて、さらにおもしろくなった。現在、キャリアモードの1年目が終わろうとしているところで、2年目からは全部G27でやるつもりだ。一度走ったコースが、また新鮮な気分で走れそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/10/14(木)

F1 2010[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト 楽天 買い物 レビュー

PS3のF1 2010。前から気にはなっていたものの、予約はしていなかった。でも結局、買うことにした。

レースゲームは今、こんなにリアルになっているのだなと驚いた。もう、実車のオンボードカメラそのものではないか。とりわけ、雨のときの表現がすばらしい。SEも迫力があって盛り上がる。ただ、甲高いエンジン音をずっと聞いていると耳が疲れてしまうので、あまり大きな音ではやらないほうがよさそうだ。

映像がリアルなだけでなく、操作感もしっくりきた。これは長く楽しめそうだ。アシスト機能がいくつかあり、その設定で操作の難易度が変えられる。慣れてきたら、アシスト機能を切っていくことで、より実際の運転に近づけることができる。

デフォルトでは、R2がアクセル、L2がブレーキ、左のアナログスティックがステアリングとなっている。これは、少し前にやっていたスプリットセカンドの体験版と同じだったので、違和感はなかった。しかしこの設定は、ギアチェンジをするのが難しく、マニュアル派の私もオートマでやっている。正直なところ、シフト操作をする余裕がない。

レース中は、呼吸やまばたきを忘れてしまうほど熱中する。なので、レース後はものすごく疲れる。息抜きにちょっとやろうというゲームではないというのが率直な感想だ。

全体的には期待以上の出来で、絶賛したいところだが、最後に残念に思う点を挙げておく。

  • 左下のミニマップは、ピットイン時に表示されるような、コース全体が見られる設定もほしい。コースを覚えるまで、どこを走っているのかよくわからない。北がいつも上になるような表示もほしい。
  • ピットがどこにあるのか、わかりにくいコースがある。正確に覚えておかなければならない。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/08/28(土)

大合奏!バンドブラザーズDX[ゲーム]

タグ: ゲームソフト ニンテンドーDS 楽天 買い物 レビュー

手軽に曲が作れるという理由で、バンブラDXを買った。作曲機能はDTMのカテゴリで記事にするとして、ここではゲーム要素の強い演奏機能を中心に紹介する。

演奏

操作タイプは4種類あり、それぞれボタンを使うのが1個、4個、8個、10個という違いがある。練習のモードでは、演奏中でも変更ができるので、自分に合ったレベルを見つけやすい。最大で8パートあり、どのパートも演奏することができる。また、パートによって難易度も異なる。このため、一曲で何度も楽しめる。

また、練習ではオートストップという機能で、正しい演奏をするまで先に進まないようにできる。

初音ミク -Project DIVA-のような音ゲーは、鳴っている音楽に合わせてボタンを押すというものだが、バンブラでは、自らがひとつのパートを担当し、楽器の音を出すというシステムになっている。似ているようで、実際にやるとかなり違うという印象を受ける。バンブラは、音楽を演奏しているという意識が非常に高まるのだ。なので、私はバンブラのほうが好きだ。

ドラムについて

ドラムパートの演奏は、GBAのリズム天国にあったドラムレッスンが思い起こされる。あれと同じくらい楽しめる。

ドラムの演奏では、バスドラムとスネアドラムを同時に叩くことができない。リズム天国ではできていたのに。その代わり、ハイハットのオープンやリムショットが加わり、タムが3種類に増えている。

ドラムパートは1パートのみという制約はないので、作曲機能を使ってドラムパートを複数にすれば、バスドラムとスネアドラムを同時に鳴らすことができる。

歌う

歌うことは趣味ではないので、スルーしようと思ったが、レビューのためにいちおうやった。

歌トレーニングでの採点は、非常に正確だと思った。音をはずしたら確実に点数が下がる。

初期収録曲にあったロビンソンを練習して、95点までは取れた。

楽曲ダウンロード

演奏したり歌ったりは、やはりよく知っている曲のほうがやる気になる。バンブラDXでは、Wi-Fiコネクションを使って、100曲まで楽曲をダウンロードできる。配信されている曲は7,000を超える。演奏や歌うことが目的で買ったわけではないので、最初はダウンロードに興味はなかったが、一度体験すると、ダウンロードしてみようかなと思えてきた。

気になる点

  • メニューの階層が深すぎる。特に、作曲機能を使うとき、[店内入口] - [作曲] - [楽譜を作る] - [本格的作曲] - [データ読み込み]と選んで、ようやく作成中の曲にたどりつける。
  • 初期収録楽曲の選択画面で、いちいちディスクが入れ替わる演出がうっとうしい。
  • 練習で、曲の頭出しをするボタンがなくて面倒。最初からやり直したいとき、バーを先頭に動かさなければならない。
  • 出てくるキャラがアメコミ調で、日本人向けではない。

まとめ

ジャンルとしては音ゲーだが、楽器演奏の疑似体験ができるソフトという表現をしてもいいと思う。難易度が4段階あるので、得意な人から苦手な人まで、幅広くカバーできている。好きな曲をダウンロードして演奏できるのも、これまでのゲームにはあまりなかった。わりと本格的な作曲機能もあるが、演奏だけやるにしても損はしない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/07/16(金)

実況パワフルプロ野球2010[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト パワプロ・パワポタ 楽天 買い物 レビュー

PS3のパワプロ2010を買った。PS3では初めてのパワプロなので、どんなものかなと。PSPでも同時にパワプロ2010が発売されたが、パワポタ4との違いがほとんどなさそうだったので買っていない。

パワポタ4と違うなと感じたことを書く。

  • きちんと当てれば、パワーがなくてもよく飛ぶ。
  • カーブが、一度浮き上がるような軌道になった。慣れるまでは当てるのが難しいが、カーブだということがわかりやすくなった。
  • 打った瞬間の打球の方向と、画面が切り替わってからの方向に違いを感じた。思ったよりダイヤモンドの内側に飛んでいて、一塁線や三塁線の打球の処理に戸惑う。
  • 投球時はキャッチャーウィンドウの表示が可能だが、打撃時は出せない。
  • 顔や髪のグラフィックが実際の選手に似たものになった。今までのパワプロの顔にもできる。
  • リプレイが、ストライクゾーンやカーソルつきで見られるので、打ったときの状況そのままを再確認できる。
  • 打者はバッターボックスの中を移動できない。なので、デッドボールねらいで球に当たりにいくことができない。
  • 3アウトを取ったあと、遊びで投げた球も捕ってくれる。

パワポタ4ではパワーの格差が大きかったのが、緩和されたように思った。ジャストミートすれば、パワーが低くても飛ぶので、気持ちよく打てる。

打撃時にキャッチャーウィンドウが出せないのは、CPU側の設定ができないからだ。設定画面が、PSPとは大幅に変わっていて使いにくい上に、そういった中途半端な仕様になっている。投球カーソルを表示させる設定にすれば、どこに投げてくるかはだいたいわかる。ただ、投球レベルがつよい以上だと、あちこち動かすので逆に定めにくい。

まだCPUが相手の対戦しかやっていないが、悪くないなという印象。パワポタ4では、2ストライクになるまでちっとも振ってこなくて面倒だったが、そういうこともあまりない。

アナログでの操作が苦手なので、昔から操作はデジタルにしている。PS3の純正コントローラとPSPでは、PS3のほうが方向キーを押すのに少し力がいることに気づいた。そのせいで、指が疲れやすい。もう少し軽く押せるコントローラがほしい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/05/19(水)

PS3とスパ4を購入[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト 楽天 買い物 レビュー

スーパーストリートファイター4がやりたいという理由だけで、PS3を買った。楽天のJoshin webで26,800円。それ以外の使い道は、そのうち考える。

PCやPSPで利用していたプレイステーションストアのIDを、PS3でも使用できる。クレジットカード情報を持っているオンラインIDを公にしたくなかったので、ゲーム用に別のアカウントを作った。この別のアカウントを使うには、PS3のユーザーも別にしないといけないらしい。それに気づくのに、ずいぶん時間がかかった。

メニューは、ソニー製品ではおなじみのXMBで、快適に動作する。ゲーム中でも、PSボタンで中断してXMBに戻れる。ゲームを終了しないと実行できない処理が多いが、フレンドの状態を確認するといったことはできる。

スパ4については、昔からの駆け引きのおもしろさは残っているものの、私が知っているストリートファイターシリーズとは、ずいぶん変わったなと思った。地道にコンボをつなげて楽しむゲームから、ウルコンを当てて大ダメージを与えるゲームになってしまったという印象だ。一発のダメージが大きすぎるキャラがいるのも気になる。もっと小技が活躍できるバランスでやりたかった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/05/01(土)

パワポタ4 ペナント3年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

2年目のペナントは、97勝47敗で優勝した。本塁打の数は、ブランコが81、和田が63と飛び抜けている。中島とリッキー(助っ人外国人)が37、高橋が25、森野が22、藤井と新井が11と続く。

ポジションが一捕になっている高橋を、捕手へコンバートして、捕一にした。これでパスボールが減るといいが。肩がEからDになったけれど、まだまだ盗塁を阻止することは難しいだろう。キャッチャーは、今後どうしていくかが課題。

平田と野本は、打撃力アップのためにフォームを変更した。パワーはBまで上がったが、どちらも弾道が1になってしまった。

外野手が多くなってきたので、堂上をサードへコンバートした。サードの経験がある選手だからか、守備の能力が落ちることなく変更できた。

2年目の先発は、吉見、チェン、朝倉を軸にして、あとは山井、金子、川井、石川あたりをよく使った。中継ぎや抑えは、小貫、高橋、清水昭、小林正で、4人とも50試合くらい登板した。浅尾はずっと2軍で、使う機会がなかった。

連係特殊能力は、アベックホームラン○が2つあるだけで、ちっとも増えない。3年目は、主要な選手のほとんどが70以上のチーム愛になり、よく使う選手を登録できたので、少しは増えるかもしれない。

山本昌を投手コーチ、立浪を打撃コーチ、谷繁を守備走塁コーチにした。山本昌の特殊能力は、クイック、奪三振、球持ち。変化球はスクリュー。立浪は、代打○、いぶし銀。谷繁はブロック○、キャッチャー○。

井端がFAでオリックスへ移籍した。前年は荒木が巨人へ行っているので、アライバのいないドラゴンズになってしまった。

日本ハムが中田を放出してくれたので、もらうことにした。打力が魅力なだけでなく、人気者がついているので、少しでも試合に出しておけばファンが増える。立浪も岩瀬も引退させたので、人気者がついている選手がちょうどほしかったところだ。

3年目に入ったが、まだ主力選手の能力の衰えはない。若手が育ってきているので、選手層が厚くなった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/02/27(土)

ゲームソフトを売った[ゲーム]

タグ: PSP ニンテンドーDS ゲームソフト 売却

買取キングでソフトを売った。

タイトル買取価格
実況パワフルプロ野球ポータブル43,000円
テトリスDS2,500円

パワポタ4は、ダウンロード版を購入したから、もうUMD版は必要ない。

テトリスDSは、生産終了になっていたことをあとから知ったけれど、別にいいや。

今までは、3本売ったら+600円になっていたのが、今日は違うと言われたので2本にした。あれは期間限定のキャンペーンだったのか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/02/26(金)

実況パワフルプロ野球ポータブル4 ダウンロード版[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト 買い物 レビュー パワプロ・パワポタ

パワポタ4が、DL版として配信されていた。まさか出るとは思っていなかったので驚いた。

4,800円もするので安くはないが、迷わず購入した。プレイステーションストアで買うのは初めてで、少々戸惑った。ウォレットと呼ばれる電子マネーにチャージしてから購入するのが基本だが、事前にチャージしなくても、クレジットカードでの購入が完了した。この場合、自動でチャージされるらしい。自動チャージの設定にしていなくてもそうなるのが疑問だ。

事前にチャージすると、最低でも1,000円からなので端数が出るが、今回のように自動でチャージされた場合は、ちょうど4,800円だけの支払いで済んだ。このあたりの詳しい説明が見あたらないのが怖い。金銭のやりとりなのだから、きちんと理解できるようにしておいてほしい。ちなみに、「これからはじめるPSストア」というコンテンツは、購入方法の説明が動画になっているのだが、肝心のムービーがうまく再生されなかった。書き言葉での説明がなく、動画を見るのが前提というのはいかがなものか。

さて、DL版のパワポタは、やはりロードが速くて快適だ。ただし、試合前のロードが一瞬で終わるほど短くなるわけではない。試合中の実況で、ディスクが回転しないのが大きい。UMD版は、しょっちゅうディスクが回るのがわずらわしくて、音声を全部切っていたが、その必要がなくなった。

UMD版は不要になったので、近いうちに売ろう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/02/19(金)

コロぱた[ゲーム]

タグ: ニンテンドーDS ゲームソフト 楽天 買い物 レビュー

コロぱた コロぱた公式サイト

なにこのかわいいゲーム、ということで楽天ブックスで買った。アイテムを適切な場所に配置したら、あとはうまいこといくよう見守るだけなのだけれど、動きが非常にかわいらしい。見た目に反して難易度が高めで、ゲーム自体も楽しめるものになっている。

主人公のひまわりは、スタートさせると自動で歩いたり走ったりする。先に行けないときは方向転換するが、足場がないと落ちていく。高いところから落下して、足に負担がかかったり、激しくぶつかったりすると、痛そうな顔をする。狭い場所に落ちると、頭部が引っかかって宙ぶらりんにもなる。砲丸を頭に当てるのが正解のステージまであって、ほのぼのした雰囲気の中に、エグい一面もある。

実際にやってみた感想としては、かなり手応えがある。全128ステージに加えて、64ステージの配信があって、簡単には終われそうにない。この手のパズルゲームは、そんなに目新しいものではないけれど、体力や機嫌によって行動が異なるところに、このゲームのオリジナリティを感じる。

難点としては、解き方がわかっても、アイテムの位置決めに苦労すること。少し位置が違うだけで、結果が全く異なることが多い。さすがに、同じ置き方で違う結果にはならないけれど、一度解いたステージをもう一度クリアしようとしても、同じ配置にするのが難しい。幸い、スタートとリトライはいつでも瞬時に行えるので、試行錯誤はしやすい。欲を言えば、早送りも実装してほしかった。

操作は、ほとんどペンを使用する。こんなに細かい位置決めを要求するのなら、もっとボタンを活用した操作にしてもいいと思う。それから、アイテムはペンでドラッグして動かすのだけれど、最初にアイテムを置くときは、選択してタップする操作になる。わかりにくいので、どちらもドラッグにしてほしい。

一時期、口コミで売り上げが伸びたらしいけれど、それほど話題にはなっていないように思う。もっと評価されていいゲームだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/01/16(土)

パワポタ4 ペナント2年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

中日で始めたペナントの1年目は、88勝55敗1分で優勝した。投球がふつう、その他がつよい、というのは自分の実力に合った難易度だった。選手の成績も、多少は現実に近いものになった。それでも、チーム打率が.346と高すぎたり、ホームランが特定の選手に偏りすぎたりはした。投手成績はひどいもので、優勝したのに、防御率、失点、被安打、被本塁打はワースト1。巨人からホームランを打たれすぎた。よかったのは、奪三振が異様に多く、与四球が極端に少なかったことくらいだ。

巨人打線は、当たり出すと止められない。2年目から小笠原がいなくなったのは助かる。どうやらコーチになったらしい。まだ早いだろうに。

選手の入れ替わりは、英智とサブローのトレードが大きかった。サブローは攻守ともに活躍してくれた。しかし、FA宣言して2年目は阪神へ行ってしまった。あと、荒木は巨人へ。2年目は西武の中島、日本ハムの高橋などを獲得して、戦力補強をした。

朝倉は投球モーションが長くて面倒だったので、ほとんど使わず封印していた。フォームの変更後、2年目から使っている。

ドラフトでは、小貫を獲得した。151km/hのノビ5は、ストレートに威力がある。変化球はフォークだけだったが、キャンプでカーブを覚えて、即戦力になっている。

試合の勝敗や、試合内容によって、ファンの数が増減する。人気者が試合に出ると+300人なので、中日なら立浪か岩瀬を少しでも出しておくといい。人気者かどうかは、選手能力詳細を見ても表示されないので、ほかのチームはよくわからない。

連係マップに選手の登録をしておくと、試合後に連係が深まることがある。そのうち特殊能力がつくらしいが、1年やった程度ではほとんど何もつかなかった。おまけに、選手を入れ替えると連係レベルが0になってしまうので、長く使う選手を適切に配置しないと活用できない。おまけ要素ではあるけれど、もう少しうまいシステムにならなかったのだろうか。

ドラフト選手や新外国人選手は、今作から顔がいろいろな設定になっている。変な顔の選手は使いたくないと思っていたら、登録設定の顔設定で自由に変更できた。よかった。

2年目も、勝ったり負けたりしながら優勝を目指す。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/12/24(木)

PSP-1000を売った[ゲーム]

タグ: PSP ニンテンドーDS ゲームソフト 売却 買い物

買取キングで、PSP-1000を売ることにした。ほかにもいろいろと、ついでに売った。

売ったもの買取価格
PSP-1000CW バリューパック8,000円
DESR-10 (PSX専用コントローラ)1,500円
初音ミク -Project DIVA-3,300円
実況パワフルプロ野球ポータブル2500円
DS美文字トレーニング1,300円

初音ミクは、あまりやらずに売ることになった。つまらないゲームではないのだが、ジャストのタイミングが、わずかに自分の感覚とずれているのが、どうしてもなじめなかった。ちなみに、ねんどろいどぷちは、売らずに自宅に置いてある。

ソフトを3本売ると+600円になるので、合計で15,200円。事前に買取キングのサイトで確認したのと全く同じ金額だった。4年以上使ったPSP-1000を、上限の8,000円で買い取ってもらえたのはありがたい。バリューパックなので付属品がたくさんあるが、すべてそろっていて、何も不備がない状態だったのがよかったのだろう。

PSPのソニー純正ポーチが、ゲオEショップと同じく780円で売っていたので、また買ってしまった。それと、これで何枚目になるのかわからないが、マジックフィルムも買った。もう一台、PSPを買うつもりなのかどうかは定かでないが…。それにしても、買取キングはゲオと関係があるのだろうか。値札のデザインが同じだし、価格も似ているものが多い。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/10/23(金)

パワポタ4 ペナント開始[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

マイライフは中断して、ペナントを始めた。COMのレベルは、投球がふつう、その他はつよいにした。それで数試合やってみると、どうしても流し打ちばかりになるので、打撃時球速を3から2に下げた。

今までとの大きな違いは、打球が飛ばなくなったことだ。パワーがD以下だと、ホームランが絶望的に出ない。真芯に当てても、せいぜい外野へのハーフライナーだったりする。爽快感がだいぶ減ったが、打率は現実的なものになりそうだ。

投球は、ストライクばかり投げているとよく打たれる。ボール球も交ぜると球数が増えるので、スタミナがあまり多くない投手で完投させるのが難しくなった。スタミナがなくなったときの投球はひどいものなので、あと少しなどと粘っていると、大量得点を許すことになる。ここまでひどいと、やりすぎに感じる。

今回は、勝ったり負けたりしながら楽しもうと思っているが、けっこうストレスがたまりそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/10/21(水)

パワポタ4 マイライフ3年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

中日の藤井で始めたマイライフ。3年目(プロ7年目)にはパワーがA150になり、パワーヒッターもついた。打率.587、本塁打59、打点191で三冠王を獲得したが、チームは2位止まり。和田がなかなかスタメンで出ないのはなぜだ。点を取っても、投手陣がすぐに崩れて逆転負けが多かった。

マイライフは中断して、今度はペナントを始める。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/10/01(木)

PSPのグランツーリスモ[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト アテンザ 楽天 買い物 レビュー

久しぶりにグランツーリスモシリーズをプレイ

過去に、PS2のグランツーリスモ3 A-specをやったことがある(そのときの記事)。ライセンスのモードはしばらく楽しめたけれど、金が貯まらなくて、車が買えないので挫折した。

PSPでグランツーリスモがやれるということで、その辺のバランスに不安がありながらも、楽天ブックスで予約していた。今回も発売日に届いた。予約したときには考えてもいなかったのだが、ダウンロード版もある。そっちにしておけばよかったか。

データインストール

データ部分をメモリースティックにインストールすることができる。ほぼ丸ごとコピーされるようで、一度起動したら、あとはUMDへのアクセスはない。スリープからの復帰でも、最初に少しUMDが回る程度。

インストール時間の目安は15分とのことだったが、メモステのライト性能に大きく左右される。サンディスクのSDMSG-2048-J10では40分かかった。一度インストールすれば、あとは読むだけなので、リードの性能さえよければ問題ない。ただ、セーブ時間まで考えるのなら、速いに越したことはない。

データインストールをすると、ロード時間が大幅に短縮される。それでも、ところどころで少し待たされる感じはあるが、シャーシャーうるさくないのがよい。

セーブデータ

セーブデータは、同一のPSPでしか使えない。ずっと同じ本体でやれというのか。

車の購入

今作は、一般向けの普通の車なら簡単に何台も買える。それはありがたいけれど、好きな車を好きなときに買えないシステムなのがいただけない。ディーラーは一日で4社しか出てこないし、目当てのメーカーが出てきても、一部の車種しか現れない。幸い、レースをスタートする直前でメニューに戻れば一日経つので、行ったり来たりすれば日数は進められる。それにしても面倒だ。

アテンザスポーツを購入しようとしただけでも苦労した。まずマツダが出てこない。10日目にやっとマツダが現れたが、アテンザはなし。16日目にアテンザを発見したと思ったら、マツダ6 コンセプト '01で、高すぎて買えない。21日目、マツダ アテンザ コンセプト '01で、やはり高い。30日目、マツダ6 ツーリングカーで、やたら派手。55日目にして、ようやくマツダ アテンザ スポーツ 23Z '03が出た。

PSP グランツーリスモ(アテンザスポーツ)

すごい。まんまだ。これで走ってリプレイを見ると、本当に実車が走っているように思えてしまう。

それにしても、こんな似たようなのばかりで800車種以上と言われても、水増ししているとしか思えない。買いたい車種がなかなか現れないので、多いのは逆に迷惑だ。

買った車にパーツをつけたり、本格的なチューニングをすることはできない。見た目を変えることができるのは、購入時のカラー選択くらいなので、その点は味気ない。簡単なセッティングはできるようになっていて、お気に入り登録した30台分は設定値を保存できる。

車をどんどん買うことはできるのに、売ることができない。ガレージに全部ストックされていく。なぜこんなシステムにした。

ゲームモード

シングルレースは、4台で走る。少々寂しいけれど、難易度が上がっていくと、いい勝負になって楽しめる。

ドリフトコンテストがおもしろい。もともとドリフトを楽しむゲームではないけれど、適切なセッティングと操作で、ドリフトコンテストに限らずドリフト走行ができる。FF車ではサイドブレーキを使わないとすべらないところもリアルだ。なお、ドリフトコンテストのときだけ、エンジンの出力と重量をいじることができる。

タイムアタックは、誰にもじゃまされずに、気の済むまで走れる。ゴーストを表示させれば、自分との勝負になる。

グランツーリスモではおなじみのミッションも入っている。まだほとんどやっていないけれど、手応えがありそうだ。

基本的にどのモードでも、ドライビングラインを表示させることができる。慣れないコースでも、青い点線を追っていくことで、きちんと走れるようになる。ブレーキングポイントは赤い線になっていて、カーブの曲がり方をガイドしてくれる。しかも、状況に応じて赤い線がリアルタイムに変化する。

まとめ

ドライビングシミュレータというジャンルなので、レースに勝つことよりも、純粋に車の運転を楽しみ、美しく走ることを目的としたゲームだと思う。このコンセプトが理解できる人であれば、長くつきあえるだろう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/09/26(土)

パワポタ4 マイライフ 2年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

2年目には、ブランコが移籍してしまい、頼りになるのは和田だけになってしまった。打つのは慣れてきて、パワーも上がってきたからか、普通にホームランが出るようになった。

2年目はケガも少なく、規定打席に達したので、首位打者(.537)、打点王(138打点)、盗塁王(102個)、MVP、ベストナインを獲得した。これで3億円プレイヤーだ。それにしても、出塁率が.541で盗塁しまくっても、歴代シーズン記録の106個(福本)に届かないとは驚いた。

これだけ打つと、さすがにマークがきつくなる。キャッチャーがミットを動かしまくるときと、そうでないときがあるのが謎だ。デイゲームとナイトゲームで変わるという話があるが、条件はそれだけではない気がする。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/09/22(火)

パワポタ4 マイライフ 1年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

中日の藤井で始めたマイライフ。1年目は盗塁王を獲得した。打率は.410だったけれど、規定打席に達していない。何度かケガをしたのがいけなかった。パワーがC程度では、なかなかホームランが出ないようだ。1軍で1本だけとは寂しい。

今作は、選手の能力が試合中にいろいろ見られるのはよいのだけど、一番知りたいピッチャーの持ち球が表示されないので、結局タイムをして確認しないといけない。球種ガイドを表示する設定にすれば出てくるが、次に何を投げるかも見えてしまう。そもそも、サクセスもマイライフも段位認定も、球種ガイドの設定は変更できない。最近は面倒なので、持ち球を確認せずに打つことにしている。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/09/17(木)

実況パワフルプロ野球ポータブル4[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト 楽天 買い物 レビュー パワプロ・パワポタ

楽天ブックスで予約していたパワポタ4が、発売日に届いた。今回は、変更点がそこそこある。

  • ピッチャーが投げたボールの回転が見えるので、球種が判別しやすくなった。
  • 打撃時球速(見た目の速さ)が上がっている。私は前作まで4にしてやっていたので、標準の3でちょうどいい。
  • 守備側の足が少し遅くなったように思う。
  • 選手の顔写真や能力が表示されるようになった。設定で変更も可能。
  • クローズアップシステムで、試合が盛り上がる。
  • 中日の和田の打撃で、引っ張れないバグが直った。
  • ホームランを打ったとき、ベース上で足踏みするバグが直った。
  • 野球ゲームとしてのバランスがよくなった。
  • 早めにSTARTボタンを押しておくと、画面に「タイム予約中」と出て、次の投球のタイミングでタイムになる。
  • ホームランの演出のスキップが○ボタン、スイッチヒッターの打席変更がSELECTなど、細かい操作が変更されている。

バランスの改善については、具体的には以下の点が挙げられる。

  • 投手のコントロールの能力がきちんと実感できる。コントロールが悪い投手は、球が荒れる。
  • CPUが早打ちすることが減った。また、ボール球も振るようになった。
  • 打球の伸びが多少抑えられている気がする。パワポタ3までは、ホームランが出すぎていた。

ただ、ライトゴロがちょくちょくあったり、失投が多すぎるという意見もちらほら目にした。

中日の藤井でマイライフを始めた。難易度は、ごくふつうにした。パワポタ3ではマイライフを一度もやっていないので新鮮だ。連戦でなかなか休めないとき、プロ野球選手の大変さがわかる。

PSP-1000とPSP-2000で、マイライフのロード時間の違いを調べた。結論としては、PSP-1000ではつらい。打順が回ってきてからの待ち時間が、PSP-1000だと毎回10秒くらいあってストレスがたまる。PSP-2000なら、その半分以下で済む。毎試合、打席に立つのは数回あって、それが年間で150試合ほどあるわけだから、この差は大きい。パワポタはもう4作目なのだから、そろそろメディアインストールに対応してもらいたい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム | 古い記事 >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。