スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/02/11(土)

Sony Reader用ブックカバー[コンピュータ]

タグ: Reader ソニー 買い物 レビュー

ソニーストアで、純正のReader(PRS-T1)用ブックカバー(PRSA-SC20)を手に入れた。今回は、全額ソニーポイントで購入した。Readerの本体が白なので、ブックカバーも白を選んだ。

  • 重さは、PRS-T1とブックカバーを合計して、実測で245gだった。スペック上では、ブックカバーが約80g、PRS-T1が約168gとなっている。
  • つや消しのパサパサした白い樹脂と、銀色の合皮でできている。白い部分は、少々汚れがつきやすい。
  • 左開きにも右開きにもできる。
  • 閉じたときの留め具がないので、閉じたあともパカパカ開く。
  • リセットの穴、USB端子、PHONE端子、電源ボタンは、ブックカバーをつけた状態でも使える。microSDカードスロットは、ブックカバーをはずさないと使えない。
  • 後ろに折りたたんで読むこともできるが、普通に本を読むときのような開き方のほうが持ちやすい。それに、そのほうが人前で目立ちにくい。

2,980円というのは高く感じたが、実用的で気に入った。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/11/03(木)

SONY ReaderのPRS-T1を購入[コンピュータ]

タグ: Reader ソニー 買い物 レビュー

ソニーストアで、全額お買い物クーポンを使用してPRS-T1を買った。

使い心地や、ブラウザの感想など。

  • 購入したのはホワイト。表の枠は光沢仕様で、裏はマットな材質になっている。裏は、すべり止めのつもりなのかもしれないが、実際は表と同じにしたほうがすべらないと思うし、そうしてほしかった。
  • ボタンはもっと上に配置すべき。
  • 画面のタッチは、非常に反応がよい。軽く触れるだけで反応する。
  • 画面が書き換わるときに反転するのは、慣れるしかない。無駄に何回も反転するときがあるのが気になる。
  • 16階調でのモノトーン表示は、わりときれいで新鮮味もある。ただし、色のついた文字は、薄くて読みづらいこともある。
  • 無線は、つながるまでに15秒ほどかかる。環境によってだいぶ違うとは思う。
  • デフォルトでは、5分間通信がないと、通信状態はスタンバイになる。またアクセスするには、再接続となる。
  • ブラウザは、同時に3つまでのページを読み込ませることができる。
  • URLの文字入力が面倒。英字と数字/記号を、いちいち切り替えながら入力しないといけない。
  • ピンチイン/ピンチアウトの操作は、特にブラウザ使用時に、ちょうどいい文字サイズにするのが楽だ。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/28(金)

BDZ-RX50の売却が完了[家電・AV機器]

タグ: ソニー BDレコーダー BDZ-RX50 売却

22日に、クロネコヤマトが引き取りに来た。荷物を渡して、着払いの控えをもらっただけで済んだ。実に簡単だった。

今日、査定が終わり、めでたく減額なしの32,000円分のクーポンという結果になった。クーポンがもらえるのは、数日後らしい。

送って査定してもらっている間に、買取価格が19,000円から14,000円に下がっていた。申し込んだ時点の買取価格が適用されるので、下がらなくて済んだが、もう少し遅かったら5,000円もダウンするところだった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/19(水)

ソニーの買取サービスへ申し込んだ[家電・AV機器]

タグ: ソニー BDレコーダー BDZ-RX50 売却

BDZ-AT970Tを買い、ムーブも済んだので、もうBDZ-RX50は使わない。最も買取価格の高いところで売ることにした。

あまり迷うことなく、ソニーストア内にあるデジタルリユースの買取にした。買取価格が19,000円で、キャンペーン中のため+3,000円、さらにソニーのお買い物クーポンで受け取れば+10,000円分となっていた。つまり、32,000円分のお買い物クーポンとの交換になる。ソニーの商品しか買えなくなるが、ReaderやPS Vitaに使えばいいかと思った。

気をつけた点。

  • 純正箱も買取査定に入っているので、それを使った。
  • 乾電池も付属品なので入れておいた。
  • B-CASカードは買取対象外なので、入れなくていい。
  • 落とせる汚れは落として、できるだけきれいな状態にした。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/17(月)

BDZ-AT970Tが届いた[家電・AV機器]

タグ: ソニー BDレコーダー BDZ-RX50 BDZ-AT970T

クロネコヤマトのステータスが調査中になっていた。8時に電話をしたら、配達中だそうだ。その後、ステータスも配達中になった。9時20分に受け取れた。

それにしても今回は、入荷も発送もメールでの連絡がなかったのがいただけない。

使い勝手の確認などはあとにして、BDZ-RX50のタイトルをBD-REにダビングして、BDZ-AT970Tにムーブしていった。BD-REを2枚使って、ダビングとムーブを同時にやることで、効率的に作業できる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/10/14(金)

BDZ-AT970Tを注文[家電・AV機器]

タグ: ソニー BDレコーダー BDZ-RX50 BDZ-AT970T 買い物

BDZ-RX50に不具合が出ることがあるらしく、無償修理の対象になった。最悪、起動しなくなる症状が発生するそうだ。しかし、該当する症状が発生しない限り、修理はしないという方針になっていた。これには納得ができない。いきなり使えなくなる可能性が高いものを、使い続ける気にはならない。

新しい機種を購入することに決めた。こんなサポートでも、使い勝手を考えると、ソニー以外からは選べない。現行機種がどれくらい進化しているか興味もある。

機種は、BDZ-AT970Tにした。500GBでは心もとないし、BDZ-AT950Wとの価格差が1万円だけなので、どうせなら3チューナーにした。発売直後は、どこもあまり安くないので、ソニーストアで購入することにした。119,800円というのは高いが、以下のものをひっくるめて考えると、そこそこ値打ちになる。

  • 3,594ポイントの還元
  • AV 13%OFFのクーポン使用
  • AV +5%OFFのクーポン使用
  • 5年保証
  • torne付属
  • HDMIケーブル付属

しばらく入荷待ちで注文ができない状態だったのが、今日やっと注文できた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/10/24(日)

VAIO Xを注文[インターネット]

タグ: VAIO_X ソニー 買い物

午後には、3年ワイド保証などのクーポンが手に入ったので、VAIO Xを注文した。構成は以下のとおり。

  • Windows 7 Professional
  • シルバー
  • Atom Z540(1.86GHz)
  • SSD 128GB
  • 無線WAN搭載
  • WiMAX搭載
  • 日本語配列キーボード
  • Bluetooth機能搭載
  • Lバッテリー
  • 3年ワイド保証

これで、128,800円。実際には、3年ワイド保証の7,000円はクーポンで無料なのと、ソニーポイントを1,656ポイント使用したことで、120,144円となった。あとは、あらかじめ10万円分買った、お買い物クーポンを使用したので、注文時に払ったのは20,144円だ。届くのは、11月上旬。

ちなみに、クーポンプレゼントがメールで通知されたのは、注文した次の日の昼だった。メールを待つより、ログインして確認するのがよい。

クレジットカードにUCSカードを使用する場合、注文をする前に、ぽいん貯モールにログインしておくと、UCSカードのポイントが多く貯まる。このサービスは、残念ながらお買い物クーポンには無効なので、今回の対象は20,144円分だけだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/10/23(土)

3年ワイド保証のクーポンをもらう[インターネット]

タグ: ソニー

VAIO Xを買うことに決めた。キャンペーンで8,000円引きという期間中に注文しよう。VAIO Xは、キャンペーンによる値引きがいつも少なくて、8,000円はマシなほうだ。

3年ワイド保証のクーポンを、実質無料で翌日に入手する方法があるので、実際にやった。翌日の入手は、Welcome Serviceの対象になっていなければならない。その条件は、ソニーストアのSTARが0ポイントであること。My Sony ClubのSTARは、いくらあっても関係ない。ちなみに、製品登録で手に入るSTARは後者のもの。

条件に当てはまっていたら、あとは以下の手順で、3年ワイド保証のクーポンが手に入る。

  1. ギフト用お買い物クーポンを、上限の5万円分購入して自分に贈る。
  2. 同じ日にもう一度、5万円分購入して、また自分に贈る。
  3. 次の日、0STARから1,000STARになり、VAIOの3年ワイド保証、AV10%OFF、AV+5%OFFのクーポンが使えるようになる。

お買い物クーポンを10万円分購入することで、実際の買い物をする前に、1,000STARを貯めることができるという仕組み。10万円分の買い物をするつもりでないと、お買い物クーポンが余ってしまうので、使い道を考えてからにしたい。有効期限は1年間となっている。お金を払って入手したクーポンに、有効期限があるというのは怖い。

この方法が、いつまで使えるかはわからない。STARが2種類あってわかりにくいので、またいつかリニューアルされる可能性もある。

2011/10/06追記
お買い物クーポンの販売は、2011年7月21日で終了となったので、もうこの方法は使えない。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/04/13(火)

My Sony IDの取得[インターネット]

タグ: ソニー 楽天

今後、ソニースタイルを利用することがあるかもしれないので、My Sony IDを取得しておいた。

楽天での買い物の前に、ソニースタイルの特定のページから楽天のページへ飛ぶと、ソニーからもポイントがもらえるらしい。これは知らなかった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/01/20(水)

PSPを修理に出したが無駄だった[ゲーム]

タグ: PSP ソニー

画面の一番上がギラつく

1月5日に買ったPSP-3000は、画面の一番上のラインがギラギラと虹色に変化することに気づいた。白い画面のときに顕著だ。液晶保護フィルムのせいだと思ったら、はがしても発生する。白っぽい画面になるたびに、それを見ることになるので、非常に気になる。

PSPの一番上のラインが虹色に変化

調べてみると、似たようなケースがいくつか見つかった。

修理に出して、直してもらえるのかどうかがはっきりしなかったので、1月11日に、プレイステーションクリニックへ送った。楽天ブックスで購入すると、外箱の保証書には何も記入してくれないので、納品書を同梱しておいた。

ソニーの対応

1月18日に、ソニーから電話があった。応対した人は、機械音声かと思うほど抑揚のない口調で、淡々とした話し方だった。感情的になったら負けなのだろう。内容を要約すると、次のようになる。

  • これは仕様である。
  • 現在生産されているPSPのすべてに発生する。100%発生する。
  • 発生しないPSP-3000は、生産時期の違いによるもので、使われている部品が異なる。
  • 以前の部品はもうないので、修理することはできない。
  • いつから部品に変更があったのか、答えることはできない。
  • 別のものと交換するという対応もしていない。
  • このまま送り返すことしかできない。

さすがに、100%発生するのは嘘だ。同じ時期に生産されたPSPで、問題がないものもある。2010年になってから、よく話題になっていることから、最近のPSPでは可能性が高いという傾向はありそうだ。なんにしても、もし100%なら、わかっていてそんなものを作り続けることが問題だ。

風邪を引いてのどを痛めていたので、あまり長く話す気になれなかった。回答は保留にして、電話番号を聞いて電話を切った。

使用に支障をきたすから、修理なり交換なりしてほしいと言っているのに、何もしないという対応にあきれた。

あきらめることにした

2009年11月に購入した、もう一台のPSP-3000をよく確認してみたら、こちらも同じ現象が発生していた。送りつけたPSPをどうにかしてもらったとしても、それで終わりではないということか。なにこれ、めんどくさい。もういやだ。

2日後の今日、ソニーに電話した。通常、インフォメーションセンターにかけるときは、0570-000-929だが、この前聞いた電話番号は、0570-000-928だった。継続での問い合わせは別にしているのかもしれない。3分待たされたあと、名前と電話番号を伝えた。この前の件であることを確認後、「もういいから、そのまま送り返してください」ということでおしまいにした。ちなみに、配送日や時間帯の指定はできなかった。

まとめ

液晶保護フィルムを貼ると端が浮くのは、液晶パネルをカバーしている樹脂板がフラットではないからだが、画面の端が虹色になるのも同じくカバーの問題ではないかと思う。PSP-1000のようにキャビネットが一体成型であれば、これらの問題は起こらないのだが、おそらくコストダウンが目的で、PSP-2000から変更されたのだろう。問題が起こりやすくなるくらいなら、多少高くても一定の品質を保てる設計にしてもらいたいものだ。

あと、考えられる原因は、液晶パネルの位置だ。パネルが少し上寄りになっているせいで、カバーのゆがみの影響を受けやすい。もう少しパネルが下に位置していれば、正常に見えるのではないかと思う。PSPは、左右も含め、液晶パネルがずれている個体が多い。きちんと中央に配置されていれば、問題が起こりにくいはずだ。

この問題はPSP-3000で顕著だが、PSP-2000でもそれらしい問題が起こっている記事を見つけた(PSP-2000PSP-2000 その2)。電話応対も似ていて悲しくなってくる。お気持ちはお察ししますと言われたし。

ドット抜けがあった場合も泣けてくるが、虹色現象は1ライン全部おかしな色に見えるので、ある意味480ドット抜けているようなものだ。このようなものを売り続けて、何の対処もしないことが腹立たしい。もし、確実にまともな画面のPSPを手に入れたかったら、中古のPSPを、画面チェックをした上で買うしかないのか。これでは、尿液晶でないDS Liteを探すのと同じではないか。こんな当たりはずれのある買い物は、もうたくさんだ。早く安心して購入できるようになってほしい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/11/15(日)

BDZ-RX50を学習リモコンで操作する[家電・AV機器]

タグ: ソニー BDZ-RX50 BDレコーダー RDZ-D87 スゴ録

学習リモコンは、ソニーのRM-VL501を使っている。とても便利だ。もう現行の製品ではないので、大事に使わないと。

プリセットにソニーのBDレコーダーはないので、BDZ-RX50のリモコンの信号を手作業で記憶させた。一時期のソニーのBDレコーダーでは、電源ボタンを学習してくれないという情報があったが、別に問題はなかった。

BDZ-RX50のリモコンには、チャプターマーク消去のボタンがない。そのせいで、不要なチャプターマークを、再生中にサッと消すことができない。調べてみると、ボタンがなくなっただけで、信号さえ飛ばせれば機能するらしい。初期のBDレコーダーのリモコンにはついているので、それを学習リモコンに取り込めばいいわけか。

もっと調べると、スゴ録時代のDVDレコーダーのリモコンでも、BDレコーダーの信号が飛ばせるモードがあるんだとか。というわけで、RDZ-D87の説明書を見てみると、確かにある。それなら、RDZ-D87のリモコンから、チャプターマーク消去のボタンを学習リモコンで覚えさせれば解決だ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/10/13(月)

USBメモリを常時接続[コンピュータ]

タグ: ST110 USBメモリ ソニー ベンチマーク レビュー

この前の買い物で購入したUSBメモリは、ソニーのUSM-LXシリーズの8GB(USM8GLX)だ。このシリーズは高速タイプで、8GBのはリード31MB/s、ライト11MB/sとなっている(容量によって性能は異なる)。高速タイプにしてはライトがたいして速くないが、転送速度が明記してあることに好感を持ち、これに決めた。

そもそもなぜ買ったかというと、ST110に常時接続しておいて、固定ディスクのように使おうと思ったからだ。SSDのドライブは、いつも丸ごとバックアップしているので、わりとどうでもいいファイルは、USBメモリに置いておきたい。テンポラリはRAMディスクに割り当ててあるから、USBメモリはあくまで、常時置いておくファイル向けに使う。

CrystalDiskMarkで計測したら、シーケンシャルアクセスは仕様どおりの値が出た。このUSBメモリをNTFSでフォーマットしたら、リードが28MB/s、ライトが8MB/sまで落ちた。FAT32でフォーマットしても遅いという情報もあった。どうやら、専用のフォーマットツールを使わないと性能が出ないようだ。その場合もFAT32ではあるらしい。どんな仕組みなのか気になるところだ。本当はNTFSで使いたかったけれど、速度優先ということで、おとなしく従うことにした。

ちなみに、以前1,000円くらいで買った2GBのUSBメモリは、リードが10MB/s、ライトが3MB/sだった。ここまで低いと、遅さが実感できる。

どのUSBメモリを買うか悩む場合は、USBメモリ まとめWikiを読むといい。後悔しているわけではないけれど、買う前に読んでおけばよかった。

ST110にはUSB端子が背面に4つあるが、これでもう埋まってしまった。キーボード、ペンタブレット、ノートPCクーラー、USBメモリの4つだ。でもまだ前面に2つあるし、キーボードにも2つ端子がついているので、一時的な用途であれば困ることはない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/15(金)

新しいPCを検討中[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 ノートPC キーボード ソニー 楽天

dynabook SS S8を買って、もう4年半が経った。HDDの一部が読めなくなったこと以外は、それほど大きな故障もなく使えている。ならばまだいけるかというと、ひとつ問題がある。それは、液晶のバックライトの寿命が近づいてきたのか、画面がずいぶん暗くなってしまったことだ。正常なディスプレイと並べると、白が黄色っぽく見えるほどだ。もともと発色のよい液晶ではなかったので、それに加えて暗くなると、正しい色が何なのか、さっぱりわからなくなる。すぐに引退させるつもりはないけれど、新たにメインで使うマシンを考えたほうがよさそうだ。

最近のノートPCで気に入ったものはないかと調べてみると、VAIO type S SZが目に留まった。特に、Windows XPモデルのVGN-SZ94PSが魅力的だ。欲張った構成にしても、案外安い。ただ、現在1kg程度のノートPCを使っているだけに、1.75kgというのは重そうだと感じてしまう。

SZはスペック的には申し分ないが、実物を見ると印象が変わるかもしれないので、ヤマダ電機へ行って見てきた。…あぁ、これはキーボードがダメだ。平らなキーでありながら、やたらストロークが深い。土台はしっかりしているのに、キー自体がペナペナした感じで、非常に打ちづらい。理想のキーボードを追求しようと工夫しているのはわかるが、方向性を間違っているように思える。これだったら、電卓のキーみたいなTZのほうがはるかに好きだ。そのTZも、候補にはなっているけれど、使いたい構成にすると30万くらいになってしまう。なかなかこれといったノートPCは見つからないものだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/07(木)

ソニーのレコーダーのD映像出力[家電・AV機器]

タグ: RDZ-D87 スゴ録 FTD-W2023ADSR HDMI ソニー レビュー

XSELECT-D4を購入の続き。

ソニーのサポートからの回答と、取扱説明書をよく読んだ結論としては、RDZ-D87でD4に設定しても、750p(720p)で固定して出力できないのは、仕様ということで納得するしかなかった。説明書には、D端子からの出力信号は、入力信号に応じて次のようになると書いてある。

  • D1: 525i(480i)
  • D2: 525p(480p)/525i(480i)
  • D3: 1125i(1080i)/525p(480p)/525i(480i)
  • D4: 1125i(1080i)/750p(720p)/525p(480p)/525i(480i)

先に記述されている信号が優先されるらしい。D4のときだけ順番が妙だ。そういうわけで、750p(720p)で固定して出力できないことになる。これは盲点だった。スゴ録だけでなく、ブルーレイディスクレコーダのBDZシリーズも同じだ。なお、ソースが750p(720p)であれば、そのまま750p(720p)で出力されるそうだ。

D端子から750p(720p)で固定して出力させることが全くできないかというと、そうでもなかった。以下の条件がすべて満たされているときは可能だった。

  • HDMI接続も使用していて、その機器で映像を流しているとき
  • [出力映像解像度設定]がHDMI解像度優先になっているとき
  • [HDMI解像度]が750p(720p)になっているとき

つまり、HDMI接続のテレビと同時でないと使えない。わざわざでかい液晶テレビをつけなくても見られるように、と思ったのに、これでは意味がないな。

ちなみに、ソニーのメールでの問い合わせは、満足できるものだった。一日できちんとした回答が来て、この件は以上ですという返事を後日出したら、それに対しても、ご丁寧にありがとうございますという返信が来た。こういう対応をしてもらえると、とても気分がいい。

それはそれとして、FTD-W2023ADSRでの映りはいまひとつだ。シャープさがない。1,280×720のDbDで表示させても、液晶テレビよりもぼやけて見えるのは残念だ。それと、たまに2秒ほどブラックアウトする。設定をいろいろ変えてみても直らない。そのうち調子が悪くなって、映らなくなってしまうこともある。やはり無理があったか。

せっかくなので、ACM-215という古いディスプレイでも試してみた。これはCRTなので、プログレッシブのみという制限はない。映りは、液晶ディスプレイで見たときの眠たい感じがなく、思ったよりきれいだった。しかし、こうやって使うつもりはないので、もうXSELECT-D4の使い道はなくなってしまった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。