スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2009/04/07(火)

商品券が届いた[日記・雑記]

タグ: ソフトバンク 携帯電話

ようやくソフトバンクから、5,000円分の商品券が送られてきた。2Gからの機種変更で、対象機種を購入したときにもらえる特典だ。そういえば、ちょうど1カ月になるわけか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/28(土)

オプションサービス解約[インターネット]

タグ: ソフトバンク 携帯電話

基本オプションパックと、あんしん保証パックのオプションサービスを、My SoftBankから解約した。もう少し無料期間があるけれど、もういい。

先日、パケットし放題もMy SoftBankから解約を申し込んだので、来月からは余分なオプションサービスがなくなる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/22(日)

Bluetoothアダプタを購入[コンピュータ]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH Bluetooth ST110 キーボード 楽天 買い物 レビュー

Bluetoothでファイル転送

825SHとPCのファイルを、Bluetoothで転送したくて、Bluetoothアダプタを購入することにした。

最近のBluetoothアダプタは本当に小さい。どのメーカーも同じような製品を出していて、どれにするか迷った。その中で、色が白で、抜き差しがしやすいものということで、アドテックのAD-BTA2にした。パッケージも小さくて、購入時にメール便が利用できた。

Bluetoothスタックのインストール

スタックという言葉はあまりなじみがないが、ドライバとユーティリティの総称と思えばいいようだ。東芝製のBluetoothスタックがCD-ROMに入っている。8cmのシングルCDサイズで、スロットインタイプのST110では読めないので、別のマシンでポータブルHDDにコピーして、そこから実行した。

インストールの途中で「RPC サーバーを利用できません」と出たが、なんのことやらと無視してインストールを完了した。

AD-BTA2の外観

ST110の、前面のUSB端子に差し込もうと思っていたけれど、キーボード(OWL-KB86UM)にもUSB端子があるので、そこに差した。

AD-BTA2

使用中は、青色のランプが点滅する。目障りならば、消しゴムの切れ端でも置いておけば見なくて済む。

Bluetooth設定

「Bluetooth設定」を実行すると、Bluetooth機器を登録する画面が出る。[新しい接続] を押したらウィザードが起動して、ペアリングによって825SHが検出された。先に進むと、サービスの選択で「ダイヤルアップ ネットワーク」が出てきた。それ以外はないのか。携帯電話でインターネット接続をしたいわけではないので、キャンセルした。

ファイル転送をしたいときには、必要ないものらしい。

ワイヤレスファイル送信

「ワイヤレスファイル送信」という、いかにもファイル転送をしそうなユーティリティがあった。

画面の上の領域に、送信したいファイルやフォルダをリストアップして、送信すればいいらしい。ダイアログを開いて指定するのは面倒なので、エクスプローラからドラッグ&ドロップするのが簡単だ。

携帯電話の、どの場所に送信されるかは、ファイルの種類によって異なる動きをした。たとえば、画像ファイルの場合は、本体メモリかSDカードか選択できるが、テキストファイルは何も確認がなく、本体メモリの「その他ファイル」フォルダに送信された。後日、詳細をまとめようと思う。

Bluetooth 情報交換

もうひとつ「Bluetooth 情報交換」というユーティリティがある。825SHのデータフォルダが参照できて、そこへファイルを送信することもできる。ただ、各フォルダに合った種類のファイルしか送れない。たとえば、ピクチャーのフォルダにテキストファイルは送信できない。また、残念なことに、SDカードは参照できないようだ。

フォルダを開くたびに、携帯電話側で通信開始の確認ダイアログと通信切断メッセージが出て面倒だ。一度開いたフォルダを再度開くときは出ないけれど、どうにかならないものか。

右クリックからファイル送信

エクスプローラでファイルを右クリックすると、[Bluetooth機器へ送る] というメニュー項目が増えていた。送信先は825SHとしか出てこないが、保存される場所は、ワイヤレスファイル送信と同様の動きになった。

携帯電話からのファイルの受信

これは特に変わったことはない。825SHのデータフォルダからファイルを選んだ状態で、[送信] - [Bluetooth] を選び、デバイス選択画面で、登録したPCを選べば送信される。

PC側では、受信の際に確認ダイアログが出て、それから指定のフォルダへ格納される。確認をなしにすることもできるし、格納先のフォルダも設定で自由に決められる。

気づいたこと

デバイスの公開が必要なのはペアリングのときだけで、あとは非公開にしておけばよい。825SHの場合、[設定] - [Bluetooth] - [マイデバイス設定] - [デバイスの公開] で「On/Off」の設定が切り替えられる。

Bluetoothスタックをインストールしてから、プロセスが8個も増えた。メモリ使用量を合計すると、およそ45MBある。Bluetoothをオフにしても、プロセスは2個減るだけで、32MB食っている。タスクトレイにいるBluetooth Managerを終了させれば、3MB程度のプロセス1つになる。最後に、「Toshiba Bluetooth Service」というサービスを停止させると、Bluetooth関連のプロセスはすべていなくなる。

転送速度は、あまり速くない。5MBのファイルを825SHへ送信するのに、1分40秒近くかかった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

便利なS!アプリ[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH レビュー

無料のS!アプリを2つ紹介。

Tree!Explorer VP
ファイル管理ツール。ファイルの拡張子も変更することができるので導入した。825SH標準のファイル名変更では、拡張子まで変えられないので助かる。
画像ファイルの表示が等倍なのもうれしい。普通にデータフォルダから画像を参照すると、画面に合わせたサイズの表示がデフォルトで、等倍表示にする操作が面倒だった。
あとは、画像の回転機能があるとよかった。
stViewer
テキストファイルを見るためのツール。ファイル選択時の表示がシンプルで、操作も軽快だ。上下でカーソル移動、左右でフォルダ移動となっていて使いやすい。
閲覧時の操作も、上下で1行スクロール、左右で1ページスクロールと、今までV401SHで使っていた電子ブックと同じ。
また、カスタマイズにも優れていて、行間、フォントサイズ、表示の縦横、文字色、背景色などを決められる。

これらのS!アプリは、アプリ★ゲットのサイトでダウンロードができる。どちらも、3GC版を825SHで使用することができた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/20(金)

ワンセグアンテナケーブル[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH 楽天 買い物 レビュー

自宅では、ワンセグ放送の受信感度が悪く、窓際に移動しないとまともに見られない。何か解決策はないかと調べていたら、ワンセグアンテナケーブルの存在を知った。テレビアンテナコンセントにつなぎ、先端のクリップを携帯電話のアンテナに挟むことで、受信感度をアップさせるものだ。

調べて見つけたのは、エレコムのMPA-ATシリーズと、プリンストンテクノロジーのPEAシリーズだ。どちらも、3m、5m、10mが用意されている。違いは、プリンストンの製品には分配器の機能もあるところだ。このケーブルのアンテナプラグをコンセントに差し込んだとき、さらにプラグを差し込めるようになっている。

後者のPEA-05Mを、楽天のプリンストンダイレクトモールで注文したら、翌日に届いた。

825SHのアンテナにクリップを挟むと、感度はMAXになった。これなら、使う意味が十分にある。

PEA-05M

825SHのアンテナに挟まずに使えないものかと思って、いろいろ試してみた。

  • アンテナケーブルを825SHの近くに置いておくだけ。→×
  • 825SHのストラップにクリップを挟む。→×
  • 825SHを卓上ホルダーに置き、ACアダプタのコードにクリップを挟む。→×
  • 825SHのアンテナの位置に、アンテナケーブルをぴったりくっつける。→○
  • 825SHをオープン状態にして、画面の上部をクリップで挟む。→△

アンテナケーブルと携帯電話のアンテナ部分が接触していないと、良好な結果は得られなかった。画面にクリップを挟んだ場合は、映ったり映らなかったりしたが、825SHはクローズ状態でないと横画面で見られないので、いずれにしてもいまひとつ。やはり、アンテナに挟むのが確実だ。

アンテナケーブルは、細い部分と太い部分があり、どちらであっても接触していれば映る。エレコムのアンテナケーブルも、購入した人の記事によると、同じくらいの位置から太さが変わっているらしい。クリップの形状が少し違うが、作りは似ている。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/19(木)

My SoftBankにログインできない[インターネット]

タグ: ソフトバンク 携帯電話

急に、My SoftBankにログインできなくなった。IDかパスワードが違うと言われる。ブラウザの自動入力だから、間違いはないはずだ。この前、名義変更をしたのが関係しているのだろうか。

とにかくログインできないので、新規にアカウントを作成して、今後はそれを使うことにした。

アクセスできるようになったので、パケットし放題の解約を申し込んでおいた。私の締め日は月末なので、それまでは解約されないが、今やっておけば忘れなくて済む。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/15(日)

S!おなじみ操作を試す[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH V401SH レビュー

S!おなじみ操作とは、過去の機種と同じようなメニュー構成に変更できる機能のこと。825SHの、第1階層メニューのもっさり感にうんざりしていて、これを使えば解消するのではという期待もあり、利用してみることにした。

ケータイSHOW CASEのバックナンバーから、いろいろな機種のメニューの並びを確認した。悩んだあげく、F902iSが好みだったのでダウンロードした。私にとっては、ちっともおなじみではない機種だ。こういう使い方は何か違う気がするが、まあいいか。

第1階層メニューは、以下のようになった。

S!おなじみ操作(F902iS)

実機のF902iSに4段目はなく、コミュニケーション、TV、エンタテイメントは追加されたものだ。カーソルの動きはスムーズで、標準メニューのだらだらした動きとはまるで違う。

第1階層メニューはこれでいいのだが、第2階層以降のメニューも変更されている。おなじみでないだけに、どこに何があるのか、よくわからない。キャリアもメーカーも異なるので、違いがありすぎて、標準のメニューに戻さないと使えないものも多い。

次に、V401SHをダウンロードして適用した。私にとっては、これがおなじみだ。第1階層の4段目は、上の写真と同じになった。第2階層はすべてリスト表示で、V401SHのときの表記そのままだ。さすがに5年以上使っていただけあって、どこに何があるか迷うことはない。しかし、825SHとの機能差が大きく、やはり標準メニューに戻さないと使えないものがちょくちょくある。

配色やアイコンは、F902iSでもV401SHでも共通だった。S!おなじみ操作の仕組みがよくわかっていないが、これは825SHに内蔵しているアイコンなのだろうか。少々古くさい印象を受けた。

S!おなじみ操作の適用中は、一時的に通常メニューに戻すことができる。その場合、待受画面にすれば、またS!おなじみ操作のメニューになる。ちょっとした操作をするだけなら、いちいち解除しなくて済む。

F902iSのファイルは228KB、V401SHは139KBだった。通信料は、オレンジプランの場合は100KBあたり67円、ホワイトプランやブループランなら84円だそうだ。

結局、メニューがキビキビ動作すればそれでいいやということで、S!おなじみ操作は使わず、きせかえアレンジのパターン2に落ち着いた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

携帯電話の名義変更[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話

コジマで、弟は932SHに、父は831SHに機種変更した。もともと3Gだったので、正確には買い増しというらしい。この店舗に限った話かもしれないが、コジマは余計なオプションサービスを一切つける必要がなかった。ただ、作業者がソフトバンクの人ではなく、コジマの店員だったので、確認作業などで時間がかかった。

その後、名義変更をするために、ソフトバンクのショップへ行った。家族で最初に携帯電話を使い始めたのが弟で、名義も代表回線も弟だったからだ。現在のソフトバンクの料金プランでは、家族割引の代表回線が誰かというのはあまり重要ではないが、名義が自分でないと、何かと面倒なことが多い。

書類に必要事項を記入したり、免許証を見せたりして、手続きを終えた。父も名義変更をするつもりだったけれど、買い増し直後だからか、料金プランの変更をしたからか、一週間ほど経たないとできないと言われた。手続きだけしておいて、変更可能な時期になったらやっておいてくれればいいのに、こういうところは融通が利かないようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/12(木)

825SHの卓上ホルダー[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH レビュー

ソフトバンクのポイントを使って注文していた、ACアダプタと卓上ホルダーが届いた。どちらも1,000ポイントでの交換だった。

卓上ホルダーは、三角柱のような形状をしている。825SHの製品情報ページに、本体を置いたときの画像がある。同じような写真を撮ってもたいしておもしろくないので、下からのアングルで撮った。

825SHの卓上ホルダー

ACアダプタのコネクタが、このように収まっている。本体を卓上ホルダーに固定させたまま、サイドボタンを操作することも、スライドさせることもできるので、充電中に操作が制限されることはない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/08(日)

825SHのレビュー[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH V401SH レビュー

825SHについて、思ったことを書く。

外観

825SH

色はホワイト。近くでよく見ると、わずかにラメが入っている。全体的に、つるんつるんで手触りはよいが、すべって落とさないように注意する必要がある。感触や見た目は、なんとなくPSP-2000のクリスタルホワイトに似ている。

価格.comで、表面の透明な部分と本体の間にホコリがたまるという書き込みがあるが、エアダスターで吹けばきれいになくなる。

液晶には、最初から画面に沿って保護フィルムが貼ってある。非常にしっかりしたものなので、そのまま使える。専用の液晶保護フィルムを買ったのだけれど、当分は必要なさそうだ。

サイドボタンは6つある。かなり小さくて、押しやすいとはいえない。上下左右と、決定、キャンセルに割り当てられているので、だいたいの操作は閉じたままできる。ただ、メールボタンに相当するボタンがないため、メールボタンを使ったメニューは出せない。なので、メールの削除はクローズ状態ではできない。

ワンセグ用のアンテナがあるが、きちんと受信できる場所ならば、立てなくても映る。頻繁にアンテナを立てたりしまったりしていると、ゆるゆるになってしまわないか心配なので、あまり触りたくない。

端子類

下部に充電用の端子がある。開け閉めしやすくはないので、卓上ホルダーがあったほうがいい。

イヤホン端子は左側面にあるが、ものすごく開けづらい。音楽を聴くなら、Bluetoothを利用したい。

microSDカードを入れる場所は、アンテナの奥にある。電池のフタをはずして、アンテナを動かし、その奥にあるフタをはずして、ようやくアクセスできる。頻繁に抜き差しするような作りではない。ちょっとしたファイル転送なら、Bluetoothを使うのが楽。

画面

今まで使っていた機種がQVGAだったので、WQVGAになって少し広くなった。

待受画面は、ずっと表示されるわけではないらしい。一定時間経つと消えてしまう。ボタンを押さないと、時間を確認することができない。J-SH01→J-SH03→V401SHと使ってきて、待受が真っ暗な機種はなかったので、がっかりした。不在着信やメール受信は、インフォメーションランプで確認できるが、この方式も私にとっては初めてで、画面をパッと見て確認できないのは不便に感じた。インフォメーションランプは、点灯時間の短い点滅をしているので、しばらく見ていないと判断できない。そのわずかな待ちがもどかしい。

これに似た話で、831SHや932SHといった、サブディスプレイに有機ELを使った機種の大半は、時計の常時表示ができない。昔の携帯電話は、いつも時計が表示されているのが当たり前だったのに。こういった基本的な機能を落とすのは、いくら便利な機能が増えても歓迎できない。

カメラ

まだほとんど使っていないので、写りの評価は控える。シャッター音が、やたら大きいのが気になった。

操作性

動作は軽快だ。最近のシャープの携帯電話では当たり前なのかもしれないが、V401SHのもっさり感からすれば、劇的な違いだ。ただ、第1階層のメニューはひどい。無駄なアニメーション効果で、カーソルの動きが鈍くなっている。そして、この効果をオフにすることはできない。こんなのを標準にするのは理解に苦しむ。イライラするので、きせかえアレンジのパターン2に変更して使っている。パターン1は、メニューが一列になってしまうのと、色がどぎつくていまいち。

第1階層メニューの、カーソルの初期位置がカメラなのが気に入らない。シャッターチャンスを逃さないようにという配慮なのかもしれないが、そんなにカメラばかり使う人がいるとは思えない。メニューの並びをカスタマイズできるようにすればいいのに、シャープの機種はなかなか実装されない。

スライド式ということで、ボタンの縦幅が狭く、びっしり詰まっている。でもすぐに慣れた。指の移動が少なくて済むという利点もある。

スライド通話設定というのがあり、着信時にオープンで通話して、クローズで終話という設定にできる。ボタンを押す必要がないのが便利。

スポットライトは、待受画面が表示されている状態で、サイドの一番端のボタンを長押しする。画面が表示されていないときでも、長押しで点灯してくれたほうが使いやすいのに。ライトは白く、非常に明るい。消灯は、どのボタンを押してもよいのだが、押したボタンの機能が働いてしまうのがうっとうしい。ライトだけ消すようにしてほしかった。

モーションコントロール

825SHは、クローズ時の画面の向きが、本体の向きに合わせて自動で変化する。横向きに寝転がっているときは余計な機能になるが、基本的には便利だ。私は、写真にあるようにコイルストラップを使っていて、ズボンのベルト部分にクリップを留めている。メールのチェックは、クリップをつけたまま伸ばして見る。ストラップホールの位置やサイドボタンの配置の関係から、本体が上下逆の向きや横向きで確認することが多いので、画面の向きを意識する必要がないのは助かる。

本体を振ることで、ボタンの代わりに機能を呼び出せる。使うのは、ワンセグのチャンネルを切り替えるときくらいで、あまり有効活用はできそうにない。

新着メールのチェック

クローズ状態のまま新着メールを読むには、どういう操作になるのか。なかなかその情報がレビューで見つからず、購入前に気になっていた。実際に使ってみて、ようやくわかったので書く。

まず、メールが来ていると、インフォメーションランプが点滅する。サイドのメニューボタンを押すと、新着メールが何通あるかという情報が表示される。さらにメニューボタンを押すと、メールの一覧画面になる。一覧画面で本文も表示する設定にしていれば、その時点で最新のメールの内容が読める。もう一度メニューボタンを押すことで、本文の表示になる。50文字までの通知であれば、一覧のときに全部表示できるので、そこまでする機会は少ない。本文表示から一覧表示への操作と、一覧表示から待受画面への操作は、メニューボタンのとなりにあるサイド終了ボタンを押す。

2通以上の新着メールがあった場合、1通目は上記のとおり。2通目は、一覧画面でカーソルを1つ下に移動させる操作をする。これは、画面が縦か横かで、使用するボタンが異なる。3通目以降も同じ。

V401SHでは、サイドボタンが1つだった。でも、このボタンを押すだけで、複数の新着メールをサブディスプレイで次々に読んでいくことができた。こっちの操作のほうが、簡単でよかったと思う。

ということで、複数のボタンを使う必要があるが、開かずに読めるというのはよい。便利だからというだけでなく、可動部分はなるべく動かさないほうが、劣化や故障しにくいからだ。

まとめ

V401SHから機種変更して、便利になったことと不便になったことが、それぞれある。トータルで考えたら、この機種にしてよかったとは思っている。

来年の4月には、2Gのサービスが終わってしまう。あまりギリギリまで粘っていると、そのときに気に入った機種がなかったら困るので、このタイミングで手を打った。それにしても、ソフトバンクは、昔から使っている人を軽く見すぎている。2,000円足らずの機種変更手数料が無料で、特定機種のみ5,000円の商品券がもらえるだけでは、なかなか動かないどころか、客を失うことにもなりかねない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/07(土)

825SHに機種変更[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話 825SH 買い物

ソフトバンクの2Gサービスが終了すると知ってから、ちょうど1カ月。料金プランと、最近の機種について、毎日のように調べていた。そして今日、機種変更をすることに決めた。

825SHにした理由

機種は、シャープの825SH。理由はいくつかある。

  • スライド式を使ってみたくなった
  • 開かなくても新着メールが読める
  • ワンセグ対応
  • Bluetooth対応
  • なるべくコンパクトな機種
  • 2月26日に値下がりした
  • 機種変更で5,000円の商品券がもらえる対象機種

スライド式には830Nもあるが、新着メールを閉じたまま読めないと知ってやめた。開いて操作してほしいというコンセプトがあるらしい。それと、操作がややこしくなるのを避けたかったからだとか。変なこだわりだなと思った。そのせいでやめる人も多いだろうに。

近くのヤマダ電機で機種変更をした。先日、下見をしていて、ほしかったホワイトがちょうどあったので、取り置きしてもらっていたのだ。

レビューは別の記事で書くことにする。

料金プラン

オレンジプラン(WX)のSSプランにした。2年間は、ブルーバリューとの差がほとんどないし、それ以降も、S!ベーシック込みで2,108円なら高くはない。無料通話のくりこしが、5,250円まで無期限で加算されていくのも魅力だ。

新スーパーボーナスに加入して、一括払いにした。一括にするメリットは特にないけれど、ローンのように払うのが好きではなかったからだ。

825SHの機種変更の価格は、81,120円だったのが、2月26日に改定されて57,120円になった。月月割の合計が48,000円なので、9,120円が実質の本体価格となる。5,000円分の商品券がもらえることと、ソフトバンクのポイントが4,000あったため、その本体価格はないに等しい。実際には、ACアダプタと卓上ホルダーに1,000ポイントずつ使用したので、残りの2,000ポイントを本体の購入に使った。ちなみに、購入時に使用できるのは1,000ポイント単位で、1,000ポイントは1050円分の割引になる。

割引サービス

新・自分割引と家族割引ではなく、年間割引と家族割引を選んだ。現在、利用年数が10年目なので、49%OFFになる。新・自分割引なら年数に関係なく50%OFFだが、2年単位の契約なのと、解約金が高いので、リスクの少ない年間割引にしておいた。

オプションサービス

S!ベーシックパックは、MMSの送受信に必要なので加入した。

新スーパーボーナスに加入すると、基本オプションパックが2カ月無料で、あんしん保証パックが1カ月無料になる。適当なタイミングで解約しようと思う。

ここのヤマダ電機では、パケットし放題に入らなければならなかったので、仕方なく加入した。これも解約予定。

あと、勝手にS!情報チャンネルに入っていた。月額利用料がかかるわけではないが、知らないところで通信料を取られたりしないよう、My SoftBankから解約した。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/03/06(金)

ソフトバンクの料金プラン[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話

携帯電話を機種変更することに決めた。今使っているのは、2Gサービス向けの端末だ。3Gに変更をすると、料金プランも強制的に変更させられる。現在のプランは、ボーダフォン時代のバリューパック(副回線)で、もうこれを継続することはできなくなる。

ソフトバンクは、ホワイトプランをプッシュしているが、私の使い方からすると、あまりメリットがない。回数からすれば、家族との通話やメールが多いかもしれないが、通話料で考えたら、たいしたことはない。なので、それ以外の通話が安くなったほうがありがたい。

ホワイトプランに入るつもりはないので、オレンジプラン(WX)とブループラン・バリューについて調べた。ほとんど通話をしないので、SSプランで事足りるだろう。違いがある部分だけ着目して表にした。

オレンジプラン(WX)
SSプラン
ブループラン・バリュー
SSプランバリュー
加入条件 いつでも加入可能 新スーパーボーナス加入時のみ
基本使用料 3,570円 半額で1,785円 1,890円 半額で945円
月月割 減額なし 最大650円減額
データ通信料 0.105円/パケット
SMS送信は3.15円/通
0.21円/パケット
SMS送信は5.25円/通
くりこし 最大5,250円 無期限 最大2,100円 2カ月分まで
家族割引 SMS送受信無料 MMS送受信無料
指定した一般電話の通話料10%OFF

どちらが得かというのは、使い方によるとしか言えないが、実際にかかる料金について比較してみる。

月にいくら払うことになるのかは、以下の計算になる。

本体価格の月額 + (使用料 - 月月割)

なお、ユニバーサルサービス料の8円は、ここでは無視する。基本使用料は、どちらのプランも割引サービスで半額にできる。315円のS!ベーシックのオプションをつけた場合で考えると、オレンジは1,785 + 315 = 2,100円。ブルーバリューは945 + 315 = 1,260円。そして、本体価格が月に2,380円で、月月割が2,000円の機種を想定する。

まずオレンジプラン(WX)の場合は、こうなる。

2,380 + (2,100 - 2,000) = 2,480円

月月割は最大2,000円として考えているので、100円分がはみ出る。

続いて、ブループラン・バリューの場合。

2,380 + (1,260 - 1,260) = 2,380円

ブループラン・バリューでは、月月割の最大は2,000円 - 650円 = 1,350円になる。ただ、このケースでは使用料が1,350円に満たないので、使用料と同額の1,260円になる。無料通話を使い切って、90円までのオーバーなら、2,380円のまま。

このように、携帯電話の端末の料金を払う2年間は、上記のケースでは、オレンジとブルーバリューの月額差は100円となる。

2年経つと、本体価格と月月割がなくなる。すると、オレンジは2,100円、ブルーバリューは1,260円で、840円の差がつく。この差と、オレンジのパケット料金の安さや、無料通話のくりこしのアドバンテージをどう見るかで決めることになる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/02/07(土)

2Gサービス終了のお知らせ[家電・AV機器]

タグ: ソフトバンク 携帯電話

実家に行くと、ソフトバンクからのダイレクトメールを渡された。第2世代の携帯電話サービス、いわゆる2Gのサービスが、2010年4月から使えなくなるそうだ。機種変更を余儀なくさせられるわけか。

2009年5月10日までなら、1,995円の機種変更手数料が無料で、指定の9機種であれば5,000円の商品券がもらえる。向こうの都合で勝手にサービス終了するわりには、ずいぶんしょぼい特典だ。

実質負担0円の機種もあると書かれているが、新スーパーボーナスだの、月月割だの、知らない言葉を並べられても困る。いまいちよく理解できないので、情報を集めるとするか。「実質」という言葉も、うさんくさくて気になる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。