スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2010/10/10(日)

DD-65を購入[音楽]

タグ: ドラム DR-880 買い物 レビュー

ハードオフでDD-65を見つけた。15,750円だった。新品だと25,000円が相場で、1万円安いので買うことにした。ついでに、1,050円で売っていたスネアスタンドも購入した。錆が目立つが、落とせば問題なさそうだ。

スネアスタンド

スタンドは必死に磨いて、部屋に置いても問題ないくらいきれいにはなった。ヤマハのスタンドだということは確認できたが、型番が書かれていなくて、詳細がわからない。

DD-65には、スネアスタンドが引っかかるよう、裏に3箇所くぼみがある。ただ、がっちり固定できるわけではなく、なんとなくはまっている感じにしかならない。なので、スタンドの先端は、ゴムっぽい材質の、すべりにくいものがよい。

音質

ドラムの音質は、この価格帯のヤマハにしては悪くない。種類も豊富だ。昔のXG音源にあった、カツカツと音がする変なバスドラムが入っていなくてよかった。

DR-880につないで使うので、音質にはこだわっていなかったけれど、単独で使っても特に不満がない。

説明書を見たら、ドラム以外の楽器の音も、ひととおり入っているようだ。外部からプログラムチェンジを送信することで、音色を切り替えるようになっている。実際に音は確認はしていないが、通常の音源としても使えるのは感心した。

静音性

電子ドラムは、叩いたときの音をいかに静かにできるかが重要だ。DD-65は、特にそういった工夫は見られず、硬いゴムをスティックで叩いたときの、そのままの音が出る。それなりに目立つので、もう少し何とかしてもらいたかった。

パッドの感度を高くすれば、かなり弱く叩いても音が出るようにはなる。ただ、弱く叩く場合は、パッドの中央を正確に叩かないと音が出ない。どこでも同じ感度で拾ってくれる設定があればよかったのに。

ハイハットの音だけ、最後まで音が鳴らずに途切れることが多いのが気になった。叩いたときにスティックが跳ねて、意図せず2回叩いたことになってしまっているらしい。スティックをきちんと握っていれば起こりにくいので、握り方が悪かったということか。

端子類

背面に、MIDI IN、MIDI OUT、PEDAL1、PEDAL2、PHONES/OUTPUT、AUX IN、DC INというように端子が並んでいる。奥まった位置にあり、プラグが目立ちにくくなるようになっているのだが、イヤホンやヘッドホンのプラグを頻繁に抜き差しする場合は、少々やりにくくて面倒に感じる。

ACアダプタは巨大だが、途中についているタイプなので、コンセントに差すプラグは通常の大きさ。

ペダル

バスドラムとハイハット用のペダルが付属している。ハイハットは単なるスイッチタイプで、バスドラムは踏む強さで音量が変わる。どちらも同じ形状をしていて、踏む部分が小さくて使いにくい。また、裏側にすべり止めがほとんどなくて、カーペットで使うとすぐ動いてしまう。

付属のペダルの代わりに、フットスイッチのFC5を接続したところ、ハイハットは使えたが、バスドラムは反応しなかった。ただのスイッチになるような設定もほしかった。

外部音源との接続

MIDI OUTからDR-880に接続すると、DR-880の音で鳴らすことができる。そして、DD-65のペダルは使わずに、DR-880から接続したFC5を使えば、バスドラムも踏みやすい。

DD-65では、ハイハットのペダルを踏むか踏まないかで、ハイハットのパッドを叩いたときの音をオープンとクローズで変化するようにできる。しかし、DR-880側では音が切り替わらなかった。別のノートとして送信はしてくれないということか。

操作性

選択用のダイヤルがついているので、番号を選ぶのは楽だ。でも、少し複雑なことをしようとすると、今どんな状態で、何をしているのかがわからなくなってくる。ヤマハにしては設定がやりにくいと感じた。パッドを叩くことで、次々に音色が切り替わる設定方法は、逆に混乱することが多い。

まとめ

手軽にドラムの練習がしたいという目的であれば、それなりに使える電子ドラムだと思った。コンパクトなサイズなので、机の脇に置けて、すぐに使えるところがよい。

バスドラムのペダルは汎用的ではないものの、電子楽器としての端子類はだいたい用意されているので、いろいろな使い方ができる。改善してもらいたい点はいろいろ書いたけれど、やっぱり静かに叩けるように、というのが一番の要望だ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/04/22(水)

Dominoで打ち込み[DTM]

タグ: ドラム DR-880 打ち込み

けいおん!のエンディングテーマを聴いて、ドラムパートの打ち込みがしたくなった。まずは、似た音が出せないかと、DR-880で音色をあさった。こんなところだろうか。

音色名
バスドラム Rock kick1
スネアドラム Bech 2 Rim
タムタム Verb Tom 2~4
ハイハット Stdio ClHH
Stdio OpHH
クラッシュ
シンバル
Stdio Cym4

これらのピッチを調整して、音の高さを合わせる。音階とは違うので、同じくらいの高さかどうか判断するのが難しい。あと、キックはもっとタイトにすべきなので、ディケイレベルなどを下げる。

シーケンスソフトは、Dominoを使うことにした。いきなり使い始めても、あまり迷うことなく操作できた。

まだドラムパートしかまともに使っていないけれど、便利な機能もいろいろ見つけた。たとえば、音色名の部分をクリックすると、特定の楽器だけ選択状態にできる。その状態にすると、選択中の楽器のみベロシティを調整できる。また、ダブルクリックで、一度置いた音を消すことができたり、コピーした音をペーストすることができる。「こういう操作ができたら楽だ」と思うことが、だいたい実装されていて、よく考えられている。

PC-98とレコンポーザという環境もまだ持ってはいるけれど、今後はDominoで打ち込みができるようにしていきたい。このソフトなら、マウス中心の操作も悪くないと思える。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/11/12(水)

DR-880にフットスイッチを接続[DTM]

タグ: ドラム DR-880 楽天 買い物 レビュー

DR-880にフットスイッチをつなげたくて、ヤマハのFC5をサンミューズ楽天市場店で2つ購入した。注文から発送までがとても早く、日時の指定も柔軟に選べるところがよかった。

FC5

新品で購入したけれど、説明書や仕様が書かれた紙はなかった。踏むだけとはいえ、そんなものなのか。

FC5をDR-880に接続して、DR-880の設定でフットスイッチを特定のノートに割り当てることで、問題なく音が出た。踏んだときの音量を決めることはできるが、単なるスイッチなので、踏み方による音量の変化はない。

FC5を踏んだ感触は、想像していたのとそれほどギャップはなく、まずまずだと思った。ちょっとした練習には十分だ。リズムマシンのキックドラムとして使っている例があまりなく、そもそもDR-880と接続して使っている人すら見かけなかったから、とりあえず使えて安心した。ちなみに、スイッチの極性が逆の製品は使えない。

FC5を分解した写真が、フットスイッチ YAMAHA FC-5編(PC フットスイッチ for テープ起こし)で見ることができる。その記事では、側面のネジはマイナスになっているが、購入したものはプラスだった。プラスのほうがネジ山をつぶしてしまいやすいので、分解するときは注意しないといけない。内部は、スイッチの仕組みが原始的というか、アバウトな感じだ。そのせいか、踏んだつもりがなくてもたまに鳴ったり、1回踏んだだけのつもりでも勝手に連打になったりする。それが気になったので、分解してグリスを拭き取って、その位置に両面テープを片側だけはがして貼った。これでマシになった気がする。

ケースは金属製で、耐久性に問題はなさそう。表も裏もゴムが貼ってあり、すべらないようになっている。それでも、カーペットの上で踏んでいると、だんだん位置がずれてくる。すべり止めのシートを敷けば改善されるが、それでも動く。いい方法を考案中。

DR-880に接続するフットスイッチは、本来はFS-5Uという純正品を使う。それでもよかったけれど、FC5のほうが値段が安いのと、踏みやすそうに思えたので見送った。何かあったときに、分解が簡単だし。

今まで、足を使って音を出すという経験がほとんどなかったこともあって、足で演奏するのがとても楽しい。普段、PCの操作をするとき、足は全く使わないので、何か作業しながらでもできる。右足をキック、左足をスネアに割り当てておいて、音楽に合わせて踏んでいるだけで、なんとなく演奏している気分になる。スネアは左手で演奏する楽器だから、あまり練習にはならないかもしれないが、リズム感を養うにはいい。

机の上には、PCのキーボードとペンタブレットが置いてある。DR-880のパッドで演奏するときは、ペンタブの上に置かざるを得ない。ペンタブがふさがると、マウス操作ができなくなってしまうので、左側でトラックボールを使うことも考えている。しかし、あいにくロジクールのMarble Mouseが入手困難で、なかなか買えない。この前買ったやつは、会社で使っているので、もうひとつほしいのだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/11/11(火)

DR-880が届いた[DTM]

タグ: ドラム DR-880 レビュー

注文していた、中古のDR-880が届いた。

DR-880

状態は非常にいい。傷らしい傷はなく、ボタンやキーパッドも新品同様だ。汚さないように、汎用のキーボードカバーをかぶせて使うことにする。

キックの音が64種類、スネアが100種類入っている。いかにもローランド的な、乾いた感じの爽やかな音が多い。こういうのは好きだ。欲を言えば、もっとバリエーションに富んでいてもいいと思った。そうなると、200種類くらいほしくなってくる。ある程度はエディットでカバーできるだろうけど、種類は多いに越したことはない。ちなみに、実際の音は、中野豊の楽々ギターまにあるの第33回と第34回で聴ける。

大半の音色は、ベロシティによって音が変化する。抑揚のついたMIDIデータを読ませると、非常にリアルな演奏になる。SC-88Proと接続して、ドラムパートだけDR-880に担当させると、今まで聴いていたMIDIデータが、また違った印象になっておもしろい。

キーパッドを押す強さを変えた場合も、音の変化が確認できる。特に金物系は、押し方に変化をつけると、表現力が豊かになるのが実感できた。このようなリアルさは、SC-88Proではなかなか味わえなかったことだ。こうなると、また打ち込みをしたくなってくる。ただ、スネアの一部は音が変わりすぎて、場合によっては違和感があるのが惜しい。音量の変化だけにする設定にもできないものか。

細かい設定がたくさんあるけれど、おそらくそんなに使いこなせないだろう。手軽にクオリティの高い音が出せるということだけでも、購入したかいがあったと思うので、好きなように使っていきたい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/10/30(木)

手軽にドラムの練習をするには[DTM]

タグ: ドラム DR-880

最近、音楽を聴いていると、ドラムが叩きたくなる。昔からドラムに興味があって、打ち込みをしていたときも、ドラムパートには最も力を入れていた。今はどちらかというと、凝ったデータが作りたいというよりも、気持ちよく演奏したい気分だ。

手軽にやれそうなものを調べていたら、ヤマハのDD-65という、コンパクトなデジタルパーカッションの存在を知った。フットペダルまであって、それっぽい練習はできそうだ。ヤマハのドラムの音は好きではないが、MIDI端子がついているので、好きな音源を接続することができる。

ヘッドホンを使えば、音源からの音は外に漏れずに済むけれど、スティックでパッドを叩く音は出るわけだから、案外うるさそうだ。騒音の心配がないのは、ニコニコ動画で見て衝撃を受けた指ドラムだろう。人間やればできるものなんだなと思った。ちなみにこの人、本格的な電子ドラムも購入したらしい。安定感のある演奏はさすがだ。

指ドラムの動画で使われているDR-880は、好きな音色がたくさん入っていそうだから、純粋に音源として興味がある。下位機種のDR-670でもいいかなと思ったけれど、よく調べると、DR-670にはリバーブなどのエフェクトがない。エフェクタは内蔵していてほしいので、ここは妥協できないところだ。

以前から持っているSC-88Proは、ドラムの音源としてもまあまあではある。使えるレベルのスネアが、もっと多ければよいのだけど。それに、DTM向けなだけあって、本体だけでドラムパートの設定をいじるには不向きな機材だ。

指ドラムは、PCのキーボードでもやれないことはない。問題はフットスイッチだ。PCに接続するものはほとんど市販されていないし、あっても高い。たいていの人は、キーボードやコントローラを改造して自作しているようだ。通常の操作で使っても便利そうだから、もっと売られていてもいいと思うんだけどな。両手の指はフルに使うのに、足を全く使わないのはもったいない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。