スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2010/08/29(日)

ソーサリアンMIDIコレクション[音楽]

タグ: ベクター 買い物 レビュー

ソーサリアンのオープニングの楽譜がないか探していたら、ベクターPCショップでダウンロード販売していたので購入した。「ソーサリアンMIDIコレクション」という名前で、840円。曲数は12曲で、オリジナル完全再現版とフルアレンジ版がある。また、SC-88専用版が6曲と、XG専用版が3曲入っている。

とりあえず、オープニングが収録されていることはわかったけれど、どんな曲が入っているか、商品情報にきちんと書かれていないのはよろしくない。ということで、収録曲の一覧を載せておく。オリジナルとフルアレンジは、これら12曲がすべて入っていて、SC-88用とXG用はカッコで記載したもののみ。

  1. オープニング (SC-88、XG)
  2. ブルー・ドラゴン ~暗黒の魔道士~
  3. 生還 ~消えた王様の杖~ (SC-88、XG)
  4. 洞窟I ~氷の洞窟~
  5. 城 ~ここで逢えるね~
  6. ダンジョン ~消えた王様の杖~
  7. ブラディ・リバー ~ルシフェルの水門~、封印 ~盗賊たちの塔~ (SC-88、XG)
  8. エンディングII (SC-88)
  9. 森 ~メデューサの首~ (SC-88)
  10. 砂の城 ~呪われたオアシス~
  11. 船内 ~呪われたクィーン・マリー号~
  12. エンディングI (SC-88、XG)

フルアレンジ版や機種専用版の出来は、たいしたことはないというか、期待したレベルではなかった。オリジナル完全再現版は、オープニングを聴いた限りでは、完全な再現ではなかった。そもそも、オリジナルはFM音源だから、あの雰囲気が出せるわけはないのだが、そんなことよりも、オリジナルに忠実な演奏をしていない。これを打ち込んだ人は、原曲をきちんと聴いていないに違いない。ソーサリアンの曲が好きな人がこだわって作ったら、こんなデータにはならない。

楽譜は、「ブラディ・リバー」と「封印」が別々になっているので、全13曲。楽譜のデータは、GIFファイルを参照したHTMLファイルになっている。スキャンしたものをそのまま画像にしただけのようだ。ゴミ取りや補正くらいはしてほしいものだ。とりあえず読めるので、実用上の問題はない。この楽譜さえあれば、オリジナルの完全再現ができるかというと、残念ながらあちこち間違っている。打ち込みをするなら、楽譜は参考程度にして、やはり自分の耳を頼りにしないといけない。

出来はともかく、このようなMIDIデータと楽譜を、オンラインで販売してくれるのはありがたいことだ。個人的には、オープニングと城の楽譜が手に入っただけで、元は取れた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/08/24(火)

Full Screen Viewer Version 2.10[ソフトウェア開発]

タグ: ベクター

画像を表示する自作のソフト、Full Screen Viewerをバージョンアップした。最後の更新から、すでに9年も経っている。正直、大幅にいじるのは怖いので、あまり大がかりなことはしていない。主に操作性の改善をした。

ファイルを選択するコントロールが古いので、今の画面では限界があると思っている。元は、C++Builderの最初のバージョンで試しに作ったソフトなので仕方ない。

動作確認中に落ちることがあって、まずいなと思っていたら、プラグインが古すぎることが原因だった。最新のものを使えば問題は起こらず、ホッとした。

ベクターへのライブラリ登録が、以前はメールとFTPだったのが、Web登録になった。難しいものではないけれど、「名称補助」と「説明文補助」を、1行見出しと内容説明のことだと勘違いした。次回からは問題なくやれるだろう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/03/29(月)

IllustStudioを購入[お絵描き]

タグ: IllustStudio ベクター 買い物

4月1日までは、IllustStudioのダウンロード版が5%引きだ。299円安いだけだが、ダウンロード版が安くなることはめったにないので、この機会にベクターで購入した。体験版を入れていれば、そこからライセンスキーを入力して、認証を済ませることで、そのまま製品版として使用できる。体験版では毎回あった、起動時の認証がなくなった。

イラスタを使い始めた当初は、ペンタブの座標とキャンバスの座標が大きくずれていた。イラスタ側の設定で直すことができたが、そうすると書き味が悪くなるようだ。根本的に解決するには、ペンタブのドライバを最新にしたり、ドライバの設定を初期化したりすればいいらしい。原因が何なのかはよくわからないが、これでスムーズに線が引けるようになり、SAIとの書き味の差も縮まった。

機能をいろいろ試している中で、定規のツールが便利に感じた。同心円定規やパース定規で、きちっとした線が簡単に引ける。あとは、メッシュ変形やアクションまである。ここまでの機能がついていて、数千円でいいのかしら。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。