スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/09/02(日)

Windows Anytime Upgrade[コンピュータ]

タグ: 買い物 ZENBOOK_Prime_UX31A Windows_7 リモートデスクトップ レビュー

NTT-X Storeで、Windwos 7 ProfessionalへのAnytime Upgradeのパッケージを購入した。パッケージなどいらないのだが、ダウンロードするより安かったから仕方ない。なお、パッケージ版でも、入っているのはプロダクトキーだけだ。

アップグレードするには、復元ポイントを作成できる設定にすることが必須だった。プロダクトキーの入力以外は、特にやることもなくProfessionalになった。

アップデート後は、リモートデスクトップ接続のホスト機能が使えるようになった。ただ、ZENBOOKの解像度を1,600×900にしたとき、1,440×900しか選べなかった。RDPファイルを直接書き換えることで、任意の解像度にはできるが、釈然としない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/08/27(月)

リモート接続をいろいろ試す[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A リモートデスクトップ レビュー

リモートデスクトップ接続は、ノートPCをホスト側にして、デスクトップPCから操作をすることが多い。しかし、ZENBOOKのWindows 7はHome Premiumなので、ホスト機能がない。とりあえず、フリーソフトウェアで代用できないか、いろいろ試した。

TrueRemoteというソフトをよく耳にしていたので、まずそれを使った。レスポンスはよいのだけれども、ノートPC側の画面も操作によって動くので、いつまで経っても画面が消えない。リモートから使うときは、一定時間操作をしなかったときのように画面が消えてほしいのに、そういう機能がなかった。

RealVNCなら、スクリーンセーバーに影響しないようにできる設定があった。しかし、Windows 7ではサービス登録ができないという問題があった。

その他、TightVNC、UltraVNCといった同種のソフトも試したが、どれも画面の更新処理に問題が見られた。特に、Firefoxの画面が更新されないことが多くて、これでは使えない。どうやら、Windows 7をProfessionalにアップグレードするのが一番のようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/10/31(金)

ディスプレイの交換[コンピュータ]

タグ: ディスプレイ マルチモニタ リモートデスクトップ マウス

会社で使っていた、17インチのマルチモニタ環境の、片方のディスプレイを返却しなければならなくなった。代わりに、15インチのディスプレイを使うことになったが、解像度が違うと非常にやっかいだ。今まで使っていたサイズのウィンドウが入りきらない。ウィンドウモードで使っていたリモートデスクトップの画面も、800×600まで縮めないと入らない。そこまですると使いにくいので、全画面にせざるを得ない。おまけに、ディスプレイのメーカーが違うので、同じ色合いにならない。しかし、これでも15インチが1台という環境よりは恵まれているので、我慢するしかないか。

ところで、マルチモニタ環境になってから、X-Mouseを使うようになった。クリックしなくてもウィンドウがアクティブになるアレだ。アクティブにはするが、手前にはならない設定にしている。これ自体は便利なのだけれど、困ったことに、ExcelやVisual Studioのウィンドウが意図しない動きになる。前者は、クリックして手前にしたいとき、タイトルバーやウィンドウの枠など、ウィンドウの端をクリックしないと手前にならない。後者は、クリックしなくても勝手に手前になってしまう。さらに気づいたのは、リモートデスクトップの画面は、ポインタが移ってもアクティブにならない。よりによって、マイクロソフトのアプリケーションばかり、まともな動作をしてくれない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/09/24(水)

グラフィックボードとメモリ増設[コンピュータ]

タグ: マルチモニタ リモートデスクトップ メモリ

会社のマシンにグラフィックボードを増設して、17インチのマルチモニタ環境になった。15インチが1台という人もいるのに、いいのかしら。いちおう、ほしいものをグループ全員に確認した上で購入したものだから、文句を言われることはないはず。

2画面あると、片方に参考資料を表示させながら文書作成をしたり、リモートデスクトップの画面と並べたりして使える。あっちもこっちも見たいときに、ウィンドウを何度も切り替えなくて済むので、作業がはかどる。ワイドモニタとは、また違ったよさがあると思った。

唯一の問題点は、ファンのついたグラフィックボードにしたせいで、若干うるさくなったことだ。性能はそこそこでいいから、ファンレスのボードにすべきだった。

あと、メモリを増設した人から、あまったメモリを512MBもらえて、1.5GBになった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/05/07(水)

Windows XP SP3[コンピュータ]

タグ: ST110 Windows_XP アップデート リモートデスクトップ

ST110のWindows XPに、SP3をインストールした。今のところ問題は起こっていない。適用前にイメージファイルを作ったので、何かあったら戻せばいい。

見た目の違いで気づいたのは、リモートデスクトップ接続が新しくなったことだ。たぶん、Windows Updateで「追加選択(ソフトウェア)」として出ていたものが、SP3で適用されたのだろう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/03/08(土)

2台のPCをどう使うか[コンピュータ]

タグ: ノートPC リモートデスクトップ 情報管理

ノートPCとデスクトップPCがあると、自宅にいるときに、どう使い分けるかという問題がある。今のところは、使い分けるというより、リモートデスクトップ接続で両方使っている。頻繁に更新するファイルは、複数の場所にあると同期を取るのが難しいので、ノートPCに集めてある。たとえば、メールのデータは分散すると面倒なので、リモートデスクトップ上のノートPCで送受信する。テキストファイルの編集程度のことも、リモートデスクトップ上でやれる。絵を描くなど、快適に使いたいアプリケーションは、デスクトップPCで実行させて、リモートのノートPCのファイルを読み書きするという使い方か、しばらくはローカルで管理して、キリのいいところでノートPCに移動させる。

このような使い方だと、いつものノートPCそのままの画面を、デスクトップ用のきれいな液晶で見ることができる。それだけでなく、ノートPC自体の画面表示をオフにすることで、液晶の寿命を延ばすことができる。

ノートPCを全く操作しないわけではない。ベッドで寝転がりながら使いたいときなどは、ノートPCがメインになり、今度はデスクトップPCをリモートデスクトップ接続で操作したりもする。これがやりたかったから、Windows XPはProfessionalのエディションにした。

当面は、こんな方法で使っていくことになりそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。