スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/08/29(水)

ねむり時間計[家電・AV機器]

タグ: 楽天 買い物 睡眠 健康機器 レビュー

オムロンの、ねむり時間計を買った。ひと言で説明すると、起きやすい時刻にアラームを鳴らしてくれて、睡眠時間がわかる目覚ましだ。

ねむり時間計(HSL-001)

以下は機能の説明。

  • セットボタンを2回押してSLEEPモードにすると、体の動きを検知して、動きが止まったら睡眠時間の開始となる。
  • 起床は、設定した起床時刻付近で体の動きを検知したら、そこでアラームが鳴る。検知を開始するのは、起床時刻より前の10~60分で、10分間隔で設定できる。起床時刻ぴったりで鳴らすこともできる。
  • 途中で目が覚めて、もう一度寝た場合でも、すべて睡眠時間としてカウントされる。
  • 眠りの深さは測定できない。
  • アラームよりも先に目が覚めたら、ボタンを2回押すことで睡眠時間の終了となる。
  • スヌーズ機能があり、アラームが鳴ってからボタンを1回押しただけの場合は、再びアラームが鳴る。スヌーズ間隔とスヌーズ回数、アラーム鳴動時間は設定できる。

SLEEPモードの開始も終了も、セットボタンを2回押す。なお、2回目は長押し。

通信機能で、スマートフォンへデータ転送をしたり、スマートフォンから設定をしたりできる。正確に表現するなら、スマホを経由して、オムロンのサービスとデータのやりとりができる。あるいは、PCで管理したければ、別売のUSB通信トレイでデータ転送ができる。

本体から設定できるのは、以下の項目に限られる。起床時刻から何分前に検知を始めるかという設定は、本体からではできない。

  • 日付と時刻の設定
  • 起床時刻の設定
  • スッキリ起床(体の動きを検知するアラーム)を使うかどうかの設定

実際に使ってみてどうかというと、毎日の睡眠時間を正確に記録するにはあまり向かない。途中で起きたり、完全にアラームを止めてから二度寝したり、昼間に寝たりといった睡眠時間を柔軟に管理できる仕組みではないからだ。細かく記録したければ、ねむログというサービスを使って、自分で入力したほうがいい。その際に、夜中の睡眠時間を計測する手段として、ねむり時間計を使うというのなら悪くない。

そういうわけで、毎日これで睡眠時間を記録するというよりは、朝の目覚めをスムーズにするための目覚ましとして使うのがいいようだ。

ちなみに、体が動くのはどういうタイミングなのか調べたら、「レム睡眠のとき」「ノンレム睡眠のとき」「ノンレム睡眠からレム睡眠に移るとき」「レム睡眠からノンレム睡眠に移るとき」「睡眠の深さが変わるとき」というようにさまざまで、どれが正しいのかさっぱりわからなかった。なので、体が動いたタイミングで起きることが、本当によい目覚めにつながるのかは疑問だ。実際、スッキリ起床のアラームで起きたとき、目覚めがよいと感じるかどうかは何とも言えない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/05/26(木)

あとからリモコンを購入[家電・AV機器]

タグ: 楽天 買い物 生活環境 睡眠 レビュー

東芝の丸形LEDシーリングライトは、簡易的なリモコンしか付属していないので、タイマー機能が使えない。そこで、あとからリモコンのFRC-184Tを購入した。定価は7,350円もする。楽天のWebbyで、4,090円で買った。

リモコンの比較

FRC-184T

左が付属していたリモコンで、右が購入したリモコン。ボタンの配置や形状が異なる以外にも、時計がついていて、タイマー用のボタンがあることが大きく異なる。液晶画面は、寝せた角度でないと見にくい。

使用する電池は、どちらも単4形が2本。

メモリ機能

好みの明るさと光色を、シーン1とシーン2のボタンに記憶させることができる。

入タイマー/切タイマー

入タイマーは、設定した時刻になると点灯する。切タイマーは、設定した時刻になると消灯する。

ゆっくりおやすみタイマー

「30分」「60分」というボタンがあり、設定した時間の10分前から徐々に電球色に変化しながら暗くなっていく。最後は消灯するが、チャンネル設定を2にすることで、消灯の代わりに常夜灯にすることもできる。

おめざめタイマー

設定した時刻の30分前から徐々に明るくなり、最終的にはシーン1に設定した明るさになる。

注意事項

タイマー機能や、徐々に明るさを変化させる機能は、その都度リモコンから信号を飛ばす仕組みになっている。そのため、リモコンの信号がきちんと本体に届くように、リモコンを置く場所に気をつけないといけない。なお、卓上ホルダーが付属しているので、立てて置いておくことができる。

このような仕様のため、学習リモコンに記憶させても使えない。

まとめ

おめざめタイマーのために、このリモコンを買ったと言ってもいい。朝になると、自動でだんだん明るくなり、朝日を浴びるのと似たような効果が得られる。夜は、30分や60分のタイマーを使うことで、寝る気になる。

あとから買うには高いので、丸形にも付属してほしかった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/08/06(金)

負のスパイラル[日記・雑記]

タグ: 心と体 睡眠

今週は一度も自転車に乗っていなくて運動不足だ。その影響なのか、早起きもできなくなった。早起きできないと、自転車に乗る気にならないので、悪循環である。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/06/06(日)

PASに乗って一週間が経った[日記・雑記]

タグ: 電動アシスト自転車 運動 睡眠 心と体 レビュー

7日間、通勤と野球のため、電動アシスト自転車で会社に通った。まずは、自分の体調の変化など。

  • 最初は片道30分乗るのがきつかったが、もう慣れた。これくらい運動して最低ラインだと思うようになった。
  • 自転車に乗ることで運動ができると思うと、なんだかわくわくする。
  • 朝、早く目覚めるようになり、目覚まし時計に起こされることがなくなった。早すぎて困ることもある。
  • 外の空気をまともに吸うからか、目がかゆくなったり、鼻がおかしくなったりした。マスクと、顔にぴったりくっつくサングラスで対策することにした。

次に、PAS CITY-S リチウムL スーパー(2010年モデル)のレビュー。

  • 前カゴが大きくて、非常に便利。横幅に余裕があるので、荷物を横に並べて積める。
  • 前にも書いたけれど、ペダルを回さずに走っているときは、シャーという音がしない。
  • 一発二錠で、後輪鍵と同時にハンドルもロックされる。ハンドルは、まっすぐと曲げた状態のどちらでもロックできる。
  • 満充電で、約15kmを3回走れた。初期コストが高くても、大容量がいい。電池は劣化していくものだし。
  • 3速よりも、もう一段階重いギヤがほしい。ゆるやかな下り坂で物足りない。
  • 上り坂を立ちこぎする必要がない。3速は少々きついが、2速や1速にすれば、ペダルがとても軽い。ただし、あまり進まない。
  • スピードを出してガンガン走るタイプの自転車ではない。歩くよりは速いというくらいの気持ちで乗るのがよい。
  • PASの中で一番アシスト力が強いが、びっくりするほどアシストされるわけではない。
  • ライトは、1WのホワイトLED。0.5Wのものより明るいが、もっと明るくてもいいくらい。
  • 電源を切ってもライトだけ点灯させることができる。また、電池切れになっても、ライトは30分点灯できるらしい。
  • 27.5kgという車体の重さは、電源を入れて走っているときは特に気にならない。とはいえ、段差を乗り越えるときなどには、重量感があるなと思う。また、持ち上げて移動させる必要があるときは、さすがにずっしりくる。

運動不足の解消には、ぴったりな乗り物だ。特に、通勤というのは目的がはっきりしているので続けやすい。

天気や体調など、条件によっては自動車も使うつもりだ。天気が不安定だと、どちらにしようか迷うことが多くなりそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/03/22(月)

LED照明時計 その後[家電・AV機器]

タグ: 睡眠 生活環境 レビュー

LED照明時計を購入の続き。

AD-LEDTS01を使って、自然に目覚めるかどうか、しばらく使った感想を書く。結論から言うと、あくまで補助的なものであって、これだけで確実に起きるのは、私には不可能だ。

設定時刻の45分前からだんだん明るくなるのだが、その時点で目が覚めることはあまりない。設定時刻になり、点滅をし始めてから気づくことが多い。それでサッと起きられるかというと、そうでもない。その15分後にセットした、通常の目覚まし時計でようやく起き上がるというのが、いつものパターンだ。

音をありにすると、小さいけれど、その音で目が覚めることはよくある。音をなしにすると、点滅していても気づかないことがある。

そんなわけで、あまり効果は実感できていない。ただ、気づいてはいなくても、無意識のうちにスムーズに起きるための準備をしている可能性もある。デメリットは特にないので、継続して使うことにする。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/02/02(火)

LED照明時計を購入[家電・AV機器]

タグ: 睡眠 買い物 レビュー

心地よく目覚めたい

毎日の睡眠時間は、ねむログで記録をつけていたので、だいたい把握した。ただ、睡眠時間が同じでも、日によって体調は異なる。睡眠の質の違いが大きいのだろうけれど、ひとつの要因として目覚め方の違いもあるのではないだろうか。

目覚まし時計の大きな音で起こされた日と、目覚ましより前に自然に目覚めた日では、やはり後者のほうが日中すっきりしていることが多い。心地よく目覚めるには、朝日を浴びるのがよいとされているが、冬場はなかなか明るくならないし、天気が悪ければ日も照らない。ではどうするか。

照明を使った目覚まし

何か変わった目覚ましがないか調べたところ、人工的な光で目覚めをうながすものがあるようだ。その中で、アドテックのAD-LEDTS01がよさそうに見えた。

価格の相場は1万円少々で、NTT-X Storeでは7,980円だった。目覚まし時計としては値が張るけれど、スタンド照明にもなると考えればこんなものか。ということで、NTT-X Storeで購入。

AD-LEDTS01

日の出機能と日の入り機能

日の出機能は、起床時刻の45分前から、だんだん明かりが強くなる。DAWN1のモードでは、起床時刻になると、チチチチという小さな音とともに明かりが点滅する。DAWN2のモードでは、点滅はするが音は出ない。なお、45分という時間は設定変更できないようだ。

日の入り機能は、日の出機能の逆のようなもの。明かりがついた状態から始まり、だんだん暗くなる。5分から90分まで、5分単位で設定できる。最後には、完全に明かりが消える。

気に入った点

  • 照明としての明るさは申し分ない。
  • 消費電力が、最大でも5.7Wと低く抑えられている。
  • かさばらず、デザインもすっきりしている。

不満な点

  • 時計が24時間表示にできず、必ずAMかPMのついた表示になる。
  • 何度調整しても、時刻が進んでいく。
  • 時計表示部分の、上下の視野角が極端に狭い。下から見上げると何も見えなくなり、上から見下ろすと、この記事の写真のように全部点灯しているように見えて読めない。
  • 通常の目覚まし時計は、アラーム音を止めることが、同時にアラーム機能をオフにすることにもなる。しかし、このLED照明時計は、アラーム音や照明を止めても設定は有効なので、次の日にはまた自動的に日の出機能が働く。オンにするのを忘れることは防げるが、不要なときにオフにするのを忘れてしまいがち。
  • アラーム機能のオンとオフがワンタッチでできず、面倒な操作が必要になる。時刻の変更も、やはりデジタルなだけにサッとできない。
  • 照明として使うには白すぎて、あまり目に優しくない。
  • 操作がタッチパネル式で、変な場所でも反応するので、どこを押したのかよくわからないことが多い。通常のボタンにしてもらいたかった。

以前、「DAWN2では点滅しない」「アラームを止めないでいると、ずっと止まらない」と書いたが、それは誤りだったので、不満な点から削除した。

まとめ

デザインと照明の明るさに不満はない。しかし、時計としての機能や、目覚ましの操作性がよくない。これを使う一番の目的は、目覚ましの機能なので、その使い勝手が悪いために、あちこち気になる。

日の出機能の効果については、さすがにしばらく使ってみないとわからない。また後日、記事を書く。

関連サイト

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/01/01(金)

2009年12月の睡眠時間[日記・雑記]

タグ: 睡眠

ねむログ(2009年12月)

就寝時刻が全体的に遅いものの、これまで以上に安定した。普段の睡眠時間が短めなので、長いグラフの日が寝すぎに見えるけれども、最長でも7時間で、ごく普通だ。

5カ月と10日ほど記録し続けて、一日の平均睡眠時間は5時間だとわかった。今年はもう、ねむログで記録するのをやめる。グラフの形がどんどん安定していき、記録する必要性がなくなってきたからだ。記録の手間と効果を考えると、このタイミングでやめるのがいいと判断した。また必要だと感じたら再開する。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/12/01(火)

2009年11月の睡眠時間[日記・雑記]

タグ: 睡眠

ねむログ(2009年11月)

11月の平均睡眠時間は、4.9時間。勤務時間がいつもより長かったが、睡眠時間帯はかなり安定した。

17日だけは、なかなか寝つけなかった。無理をすると体調を崩すだろうと考えて、午前中は休んだ。

寝る時刻をなるべく同じにしようという意識が強まってきた。記録をつけることによる効果が、ようやく出てきたように思う。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/11/01(日)

2009年10月の睡眠時間[日記・雑記]

タグ: 睡眠

ねむログ(2009年10月)

前半は、変な時間に寝る日もあったが、後半は安定した。一日おきに、早めに寝る日が多かった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/10/01(木)

2009年9月の睡眠時間[日記・雑記]

タグ: 睡眠

ねむログ(2009年9月)

9月1日は風邪で休んだ。14日と17日は午前休で眼科へ行った。

土日に乱れるのは変わらないが、目標の時間帯に寝る傾向にはなっている。平均睡眠時間は5.4時間で、少し長くなった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/09/01(火)

2009年8月の睡眠時間[日記・雑記]

タグ: 睡眠

ねむログ(2009年8月)

8月の平均睡眠時間は、4.9時間で、目標の5時間に近い。ただ、個々に見ていくと、いろいろとひどい。夏休みが不規則すぎる。

ここまで記録してわかったのは、私は一日に最低3時間は寝ないといけないということだ。それより短い時間だと、活動を続けることができず、必ずどこかの時間帯で寝ている。なので、3時間に満たないときは、無理にがんばろうとせずに寝ておくのがいいようだ。

たまに睡眠時間が長い日があるが、それが続くことはないらしい。無意識で、時間を調整しているようにも思える。

不意に寝てしまったときは、記録をつけるのが難しい。何時から意識がなくなったのか、はっきり思い出せないことがある。そんなときは、ブラウザの履歴から最終アクセスの時刻を調べたり、最後に更新したファイルの時刻を見たり、PSPのセーブデータの時刻を見たりして、最後にやっていたことが何時だったかで判断することが多い。

ボタンを押すと時刻を記録してくれる装置があったら便利だろうと思った。寝そうなときと起きたときに押せば、何時だったか悩むことが減るはずだ。たとえばデジカメは、シャッターを押した時刻が記録されるので、その用途に向いているように思う。しかし、先に電源を入れる操作が必要なところが惜しい。意識がはっきりしていないときは、ボタンを1回押すだけの単純な操作でないといけない。何かいいものはないだろうか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/08/01(土)

2009年7月の睡眠時間[日記・雑記]

タグ: 睡眠

7月21日から、ねむログで睡眠時間の記録を始めた。8月になったので、7月分を振り返る。

ねむログ(2009年7月)

5時間に満たない日が多く、そのツケが週末に回っている。金曜日の夜に、気がゆるんで仮眠という傾向も見られる。ちなみに、31日の夜の睡眠は、21:30~00:30で、朝まで寝たわけではない。

平均すると、4.66時間。しっかり眠ることができれば、4.5時間でもいいのだが、バラつきをなくしたい。寝る時刻が2時半を過ぎると、崩れてくるように思う。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/07/21(火)

ねむログで睡眠時間を記録[日記・雑記]

タグ: 睡眠

いったい自分はどれくらい寝ているのか、記録をつけてみようと思った。レコーディングダイエットのように記録をしたほうが、適切な睡眠時間になるようコントロールしやすいのではという期待も込めて。

ねむログというサービスを使うことにした。以下のように、記録をするための機能が充実している。

  • 就寝と起床の両方の時刻を記録できる。
  • 記録した時刻を自由に編集できる。
  • 昼寝や二度寝が記録できる。
  • メモが記録できる。
  • さまざまなグラフ化をして確認できる。

たとえ昼間の15分であっても、大事な睡眠時間なので、きっちり記録できるところが気に入った。

目標睡眠時間は、5時間に設定した。夜中に4.5時間、昼間に0.5時間が、私にとっての理想だ。昼寝をしない場合は、6時間くらい寝てもいいが、それ以上は無駄だと思っている。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。