スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2011/07/24(日)

PABAS041をまた購入[コンピュータ]

タグ: 楽天 買い物 電池

楽天のPCaGOGOで、もう一度PABAS041を買った。以前は2,100円だったのが、1,575円になっていて、最後の1つだった。

なんだかんだで、dynabook SS S8はまだ現役。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2011/05/28(土)

腕時計の電池交換[日記・雑記]

タグ: 電池

ピアゴの中にある店で、腕時計の電池を交換してもらった。1,050円かかったが、ほかに近くで交換してもらえるところを知らないので仕方ない。受け取るときに、次回の交換が2割引になる紙が入っていた。そういえば、以前ここで交換してもらったときにも、同じのをもらったような気がした。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/09/18(土)

新しいバッテリーに交換[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 電池

1年半ほど前に、dynabook SS S8のバッテリーを3つ買った(→バッテリーパックを3つ購入)。そのときから使っていたバッテリーが、30分くらいしかもたなくなったので、今日から2個目を使うことにした。また1時間40分くらい使えるようになった。このマシンでは、1時間以上使えるというだけでもすごいと感じてしまう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/07/31(土)

期間限定ポイントの使い道[日記・雑記]

タグ: 楽天 買い物 電池

楽天の期間限定ポイントが1,500ポイント以上あった。期限が今日までなので、もう使わなければならない。何に使うか迷ったあげく、単4形のエネループ4本セットを2つ買った。どんだけエネループを買っているんだ。

楽天の期間限定のポイントは、2週間くらいしか猶予がない。普段から、買っておきたいものをリストアップしておかないと、こういうときに困る。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/03/27(土)

eneloop kairo[家電・AV機器]

タグ: 電池 買い物 レビュー

エイデンで、eneloop kairoが安く売っていた。KIR-SL2Sという、両面発熱でマイナーチェンジされたタイプが2,784円。付属のエネループは、1,500回充電できるものではなく、1,000回だ。

外観

購入したのはシルバー。サラサラの手触りで悪くない。汚れもつきにくい。

電池は、本体の白い部分を少しひねることで取り出せる。電池の向きは、本体の外側にも内側にも書いてあり、迷うことはない。白いパーツにも向きがあるが、正しい向きでないと、はまらないようになっているので、特に問題はない。

カイロとしての機能

電源を入れると、数秒で温かくなる。説明書によると、平均温度は、弱モードで39℃、強モードで41℃。実際に使用した感じでは、弱モードで事足りる。

旧製品のKIR-SL1Sと違いがあるのか、説明書を比較した。

インプレスのレビューによる実測値では、温度の差はなかったようだが、仕様上は違いがある。KIR-SL2Sのほうが温度が高い。想像するに、KIR-SL1Sであまり温かくないという意見が多かったために、少し高めの設定に変更したのではないだろうか。

最高温度平均温度
機種KIR-SL1SKIR-SL2SKIR-SL1SKIR-SL2S
弱モード約40℃約41℃約37℃約39℃
強モード約43℃約45℃約40℃約41℃
ターボモード約46℃--約46℃

連続使用時間については、条件が異なるので比較ができないが、いちおう載せておく。

周辺温度20℃周辺温度10℃周辺温度0℃
機種KIR-SL1SKIR-SL2SKIR-SL1SKIR-SL2SKIR-SL1SKIR-SL2S
弱モード約300分記載なし約150分約100~180分約120分約70~150分
強モード約240分記載なし約120分約90~150分約100分約60~120分

条件は次のようになっている。KIR-SL1Sは、専用ケースに入れて衣服にはさんだ状態の目安。KIR-SL2Sは、ポケットに入れ、取り出して手を温める動作をくり返したときの目安。たぶん、前者のほうが有利な条件だ。先ほどの温度設定の違いから判断すると、KIR-SL1Sのほうが多少長持ちするのではないかと思う。

仕様はこのようになっているとして、実際にKIR-SL2Sがどれくらいの時間使えるかを調べた。室温が19℃で、弱モードにして手を温め続けた場合、120分くらいで電池が切れた。短いというのが率直な感想だ。長時間使いたければ、予備のエネループで対応することになる。

充電

KIR-SL2Sは、USBでの充電に対応しているが、12時間もかかるので使い物にならないと思っていい。本体のDC-INを、USB端子に変換するためのアダプタが無駄に大きいのも気になる。なくさないようにするためかもしれないが、それにしても大きい。

ACアダプタによる充電でも、4.5時間かかる。別売の急速充電器なら2時間弱なので、本体から出して充電器を使ったほうがいい。

まとめ

ボタンを押せばすぐに温かくなり、必要なときだけ使用できる。電池は単3形で、別の用途にも使い回せる。とても便利だ。使用時間が短いことだけがネックに感じた。充電時間が長いことについては、前述したように急速充電器を使用すれば解決する。

この製品を買うような人は、すでにエネループと充電器を持っていることが多いのではないだろうか。そういう人たちのために、電池もACアダプタもなしにして、本体のみで安く販売することも検討してほしい。

関連サイト

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/01/31(日)

エネループの新型と旧型の違い[家電・AV機器]

タグ: 電池 楽天 買い物 レビュー

楽天の、えこじじいの店でエネループを買った。単3形が4本で1,199円、単4形が4本で999円、メール便の送料が80円。パッケージなしのバラ売りを選ぶと、送料込みで数十円安くなるが、製造時期が異なる可能性があるので、パッケージに入ったものにした。製造時期が違っていても、使用する上で問題はないが、電池自体に製造年月が刻まれているので、気分的にそろえたいという理由で。

今回のは新型で、約1500回くり返し使えるタイプのもの。新型と旧型の、見た目の違いを比べた。ちなみに、この写真は単4形。

エネループの新型と旧型

地味な差だけれども、旧型ではSANYOと書かれていたロゴが、新型は王冠のマークになっている。それ以外には、+極側があまり白くなくなったことや、+と-の表記が小さくなったという違いなどもある。ただし、単3形では、+と-の表記の大きさはほぼ同じだった。

エネループは、知らないうちにマイナーチェンジして、表記やデザインがほんの少し変わることがある。今回の新型の確実な見分け方は、型番を見ることだろう。単3なら、旧型がHR-3UTG、新型がHR-3UTGAと、最後にAがついているのが新型。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/04/01(水)

バッテリーパックを3つ購入[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 電池 SDカード 楽天 買い物 レビュー

PABAS041が安い

またdynabookのバッテリーがもたなくなってきたので、以前から定期的に価格のチェックをしていた。楽天で、「PABAS041」をキーワードにして検索したら、通常は12,000円するのが、2,100円という破格の値段で出ているのを見つけた。

商品のページを見ると、PABAS041でありながら、1,600mAhと書かれていた。PABAS041なら、1,760mAhが正しいはず。ロワで買ったときと似たような混乱が見られる。あのときは、PABAS017なのに1,760mAhと書かれていておかしかった。この安さだったら、もうどっちでもいいか。

5,000円以上で送料無料ということもあって、3つ買った。まだ1つしか動作確認していないが、SSDに換装したdynabook SS S8で、無線LANを使用して、バックライトが最高輝度の状態で、1時間40分使えた。これなら悪くはない。仮に寿命が短いとしても、3つで6,300円だから許せる。

購入したのは、PCaGOGOというPCの中古販売店。このバッテリーは新品で出ていた。ほかにバッテリーを売っているわけでもないようなのに、なぜかPABAS041だけ大量に売られていた。

追記:
2011年7月20日現在、1個1,575円になっていて、残り1個をまた購入した。
PCaGOGO 楽天市場の商品ページ

カードリーダーも購入

ついでに、マクセルのUA20-MLT7というマルチメモリカードリーダライタも買った。未使用品の中古で、105円だった。在庫が1個だったから、補充されない限り、もう買えない。

SDカードはSDHCに対応している。microSDカードも直接差し込めるが、2GBまでと書いてあった。でも、4GBのmicroSDHCカードが読めた。

PCaGOGOについて

この店で感心したことは、初期不良があったときや保証期間内に故障したときのために、返品用の着払い伝票が入っていたことだ。その他にも、PC本体の場合なら、1週間以内に1回だけ、違う機種にしたいとか、やっぱりキャンセルしたいというときに対応してもらえるらしい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/12/24(水)

液晶と電池の比較[ゲーム]

タグ: ニンテンドーDS 保護シート 電池 レビュー

2007年5月に買った尿液晶のDS Liteと、昨日中古で買った美白液晶のDS Liteを並べて写真を撮った。今までの撮影よりも上部を寝かせた状態にして、より変色しやすいアングルにもした。どっちがどっちかは言うまでもない。

尿液晶のDS Liteと美白液晶のDS Lite

尿液晶に貼ってあったホリの液晶保護シートを、美白液晶に貼り替えてある。はがしにくくて苦労したのと、シートの裏についたほこりを取るのに時間がかかったが、どうにか移植できた。ということで、右だけ液晶保護シートをつけているため、同じ輝度でも若干暗く見える。実際はきれいな白だけれど、この角度だとさすがに暗くなって真っ白には見えない。ちなみに、厳密には美白液晶と白液晶で分類されているらしいけれど、どっちなのかは判断しづらい。そんなことより、色の違いは明白だ。これが同じ製品として売られているとは信じがたい。任天堂によると、これらはどちらも良品で仕様らしい。私には、とてもそうは見えないが。実際に並べてみると、尿液晶は白以外の色でも、少し傾けたときの変色がひどいことがわかった。

2台のDS Liteの、どちらの電池が長くもつか調べた。この比較は、液晶の違いによる電池の持続時間の差を調べたのではなくて、単純に電池のヘタり具合を知りたかっただけ。最高輝度の設定で、たまに少し操作したり電源を入れ直したりするだけで、基本的には放置して計測した。

尿Lite
3時間48分でランプが赤 → 52分後に電源断。合計で4時間40分。
美白Lite
4時間12分でランプが赤 → 53分後に電源断。合計で5時間5分。

尿Liteは、あまり使用していなかったこともあり、最高輝度でこの時間なら、さほどヘタってはいないと思う。美白Liteでは、それをさらに25分も上回る結果となった。一度修理に出されて新品になっているようなので、いつの製造かはわからないが、わりと新しく、ほとんど使用されていないものだということが判明した。大事に使おう。

今回の計測で、ランプが赤になってから50分も使えることがわかった。通常は輝度を下げた状態で使うので、1時間は大丈夫だろう。赤くなったら、すぐに充電しないとまずいと思っていたが、そんなにあわてる必要はないようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/12/18(木)

eneloopの単3形を購入[家電・AV機器]

タグ: 電池 買い物 レビュー

今度は単3形のeneloopの4本パックを買った。これで単3形は8本になった。

単4形と同じように写真を撮った。左が2006年10月製造、右が2008年11月製造のもの。

eneloop(単3形)

これも単4形での比較と同様に、+極の形状の差は見られず、高さはほんの少し低くなった気がする。表面の材質とeneloopの文字は明らかに異なる(文字の位置も違う)。新旧を見分けるポイントは、(R)マークがあるかどうからしいけれど、左にはなくて、右にはある。それなのに形状に差が見られないということは、(R)マークがついた時期と、+極の形状が変わった時期が全く同じではないということか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/12/15(月)

eneloopの単4形を購入[家電・AV機器]

タグ: 電池 買い物 レビュー

2007年の1月から、充電池はeneloopを使っている。主にデジカメに使っているが、もっと積極的に利用しようということで、新たに単4形の4本パックを購入した。これで、単4形は6本になる。

昔のeneloopと現在のでは、+極の形状が少し異なるらしい。また、新しいほうがほんの少し短いという情報もあるので、比べてみた。左が2006年10月製造で、右が2008年4月製造のもの。

eneloop(単4形)

+極の形状は同じに見える。新しいほうがほんの少し短い気もするが、乾電池と比べるとまだ長い。単4形では差がないのだろうか。なお、表面の材質や、eneloopの文字には違いが見られる。単3形も購入予定なので、そちらでも調べてみる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。