スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2008/02/13(水)

855GMでWSXGA+表示[コンピュータ]

タグ: 855GM dynabook_SS_S8 アップデート

855GMでWSXGA+表示できたという記事を見つけた。それなら、うちのdynabook SS S8でも、何とかなるのではないかと試行錯誤したが、どうやっても無理だった。PowerStripを使っても変わらない。あきらめて、REX-USBDVIを使うしかなさそうだ。

そういえば、REX-USBDVIのドライバが更新されていて、Windows VistaのAeroと、画面回転機能に対応したようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/02(土)

dynabook SS S8のグラフィックドライバを更新[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 855GM グラフィックドライバ アップデート FTD-W2023ADSR

以前も同じようなことをして、結局戻した気がするが、dynabook SS S8の、Intel 855GMのドライバを更新した。6.14.10.4497というバージョン。win2k_xp141950.zipを展開して、Setup.exeを実行しても、このPCでは使用できないというようなメッセージが出て終了してしまう。なので、デバイスドライバからドライバの更新をした。一度更新をすると、次からはSetup.exeでインストールできるようだ。エラーメッセージの正確な文言を確かめようと思ったのに…。

ドライバを新しくしたら、外部ディスプレイに出力させたときに、1,360×764というモードが出現することに気づいた。この解像度はなんだろうと考えてみたら、液晶テレビのPC入力のときにちょうどいいんだな。もっとも、うちの液晶テレビは、この解像度に対応していないが。FTD-W2023ADSRでは、DbDで表示できる。ただし、1,680×1,050のディスプレイなので、上下左右にだいぶ空きができる。

今回、ドライバを更新しようと思ったのは、FTD-W2023ADSRでどうにか1,400×1,050をDbDで表示させたかったからなのだが、やっぱりどうしても引き伸ばされてしまう。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
URLのなかに、外部モニタで1680x1050を出す方法が書いてあります。老婆心ながら。
by 22ch 野郎
この方法は知らなかったので、試してみました。
結果、1,680×1,050の表示が可能になりました。
しかし、dynabookのディスプレイが使用不可に…。

Display Configuration ModeをDual Independent Headにして、
Port OrderにLVDS→CRTの順で配置しているのに使えないため、
もっと詳しく調べる必要があるようです。
とはいえ、今まで表示できなかった解像度が使えるようになり、
大きく前進しました。情報提供に感謝します。
by 犬かい
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。