スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2008/10/22(水)

ST110のグラフィックドライバを更新[コンピュータ]

タグ: 東方 PCトラブル ST110 GM965 グラフィックドライバ アップデート

東方緋想天をやっていたら、いきなりブルースクリーンになったことがあった。そこで、GM965のグラフィックドライバを更新した。

バージョンは、14.36.3.4990(6.14.10.4990)になった。リリースノートを見たところ、「BSOD occurs while playing Spore game.」に対する修正がされている。BSODは、Blue Screen of Deathで、ブルースクリーンのこと。Sporeというのは、そういうゲームがあるらしい。この修正が、東方緋想天にも関係するのかはわからない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/03/15(土)

GM965とFTD-W2023ADSRでの表示[コンピュータ]

タグ: ST110 GM965 グラフィックドライバ ディスプレイ FTD-W2023ADSR

今度は、ST110に搭載されているGM965と、FTD-W2023ADSRの組み合わせで、どの解像度が使用できるかという調査をした。ドライバのバージョンは、6.14.10.4924(win2k_xp1433.exe)を使用した。○はDbDで正常に表示、△は表示可能だがDbDでない、×は表示不可能、という分け方をして、詳しいことは備考に書いた。


デジタル接続
(6.14.10.4924)
備考
800×600
1,024×768
1,152×864 OSDでは1,280×960と出るが表示は正常
1,280×600 OSDでは1,280×720と出るが表示は正常
1,280×720
1,280×768 OSDでは1,280×960と出るが表示は正常
1,280×960
1,280×1,024
1,360×765 OSDでは1,360×764と出るが表示は正常
1,400×1050 OSDでは1,680×1,050と出るが表示は正常
1,440×900
1,600×900 OSDでは1,680×1,050と出るが表示は正常
1,600×1,200 全画面表示で横に間延び
1,680×1,050
1,792×1,344 縦横にスクロール可能だが横に間延び
1,856×1,392 縦横にスクロール可能だが横に間延び
1,920×1,080 上下に黒帯がつき、横にスクロール可能だが横に間延び
1,920×1,200 横にスクロール可能だが横に間延び
1,920×1,440 縦横にスクロール可能だが横に間延び
2,048×1,536 縦横にスクロール可能だが横に間延び

1,680×1,050より上の解像度では、せっかくデスクトップがスクロール可能になるのに、どれも縦横比が合っていないので、使えないに等しい。

続いてアナログ接続の場合。


アナログ接続
(6.14.10.4924)
備考
800×600
1,024×768
1,152×864
1,280×600 800×600と認識されて縦が詰まる
1,280×720
1,280×768
1,280×960
1,280×1,024
1,360×765 × 画面のプロパティに出てこない
1,400×1050 1,680×1,050と認識されて横に間延び
1,440×900 × 画面のプロパティに出てこない
1,600×900 1,440×900と認識されて少し縦が詰まる
1,600×1,200 1,600×1,200で認識されるが全画面表示で横に間延び
1,680×1,050
1,792×1,344 × OUT OF RANGE
1,856×1,392 × OUT OF RANGE
1,920×1,080 1,680×1,050と認識されて全画面表示で縦に詰まる
1,920×1,200 縦横比は合っているが文字がつぶれる
1,920×1,440 × OUT OF RANGE
2,048×1,536 × OUT OF RANGE

DbDで表示可能な解像度なら、アナログでも十分にきれいだと感じた。

正常な縦横比で、とにかく広く使いたいという場合は、アナログ接続の1,920×1,200が最も高解像度だ。1,680×1,050のディスプレイなので、もちろん文字はつぶれてしまうが。

今後、ドライバのバージョンが上がると、また使用できる解像度が増えたり、違う結果になることもあるだろう。GM965のドライバは、まだちょくちょくバージョンアップしそうな気配なので、たまにチェックしようと思う。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/03/14(金)

ST110のグラフィックドライバを更新[コンピュータ]

タグ: ST110 GM965 グラフィックドライバ アップデート ディスプレイ FTD-W2023ADSR

ST110には、Mobile Intel GM965 Expressというチップセットが使われている。ドライバのバージョンは、6.14.10.4864だった。インテルのサイトには、6.14.10.4924(win2k_xp1433.exe)があったので、更新することにした。更新後は、使用できる解像度が増えた。

OSはWindows XPで、ディスプレイはFTD-W2023ADSRを使っている(→製品仕様)。このディスプレイで表示できる解像度を調べたのではなく、どのような解像度が一覧に出てくるかという調査をした。よって、[このモニタでは表示できないモードを隠す]のチェックはしていない。以下の表は、○が画面のプロパティに出てくる解像度で、×が出てこない解像度を表している。


デジタル接続
(6.14.10.4924)
デジタル接続
(6.14.10.4864)
アナログ接続
(6.14.10.4924)
アナログ接続
(6.14.10.4864)
800×600
1,024×768
1,152×864
1,280×600
1,280×720
1,280×768
1,280×960
1,280×1,024
1,360×765 × ×
1,400×1050
1,440×900 × ×
1,600×900
1,600×1,200
1,680×1,050 ×
1,792×1,344 × ×
1,856×1,392 ×
1,920×1,080 ×
1,920×1,200 ×
1,920×1,440 ×
2,048×1,536 ×

あくまで、調査した環境ではこうだったということで、参考程度に。バージョンを上げたことによって、アナログで1,680×1,050(WSXGA+)が使えるようになったことが大きい。というより、逆になぜ使えなかったのかが不思議だ。1,440×900は相変わらず出てこないし。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。