スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2010/03/24(水)

IllustStudio体験版を使う[お絵描き]

タグ: SAI IllustStudio レビュー

SAIは、2008年の終わりに1.1.0がリリースされてから、ずっと更新がない。今後のサポートに不安があるので、このところ注目されているIllustStudioを試用することにした。こちらは頻繁にアップデートされていて、どんどん機能の追加や不具合の修正が行われている。

起動は、SAIのように一瞬とはいかない。体験版は認証の処理があるので、なおさら待たされる。といっても、たいした時間ではない。SAIの起動が速すぎるのだ。

仮想メモリの設定が必要で、最低でも物理メモリの25%のディスク容量を消費する。ここは改善してもらいたいところ。

2011/09/07追記
いつからなのかはわからないが、IllustStudio 1.2.3では、最低が20%になっていた。

各ツールの配置や設定が、非常に細かく行えるようで、こうしたいと思ったことがだいたいやれる。機能も豊富で、一度にはとても覚えられない。6千円程度で売られているソフトとは思えない充実ぶりだ。

イラスタのさらによいところは、機能説明や使い方の情報が、開発元のセルシスから豊富に提供されていることだ。特に、動画による説明がありがたい。まだメジャーにはなっていないソフトなので、絵描きの人からのノウハウを知るには情報が少ないが、公式の情報がたくさんあるので、困ることはなさそう。

SAIとの書き味の差はどうかというと、やはりSAIにはかなわないと感じた。手ブレ補正はイラスタにもあって、きれいな線が引ける。補正は100段階もあり、補正に関する設定もいくつかあるので、その点ではSAIよりも好みの書き味にしやすい。

SAIから完全に乗り換えて使うかどうかはともかく、今月中にでも購入しようと思う。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/07/12(日)

左右の手でつかさを描いた[お絵描き]

タグ: pixiv 利き手の逆 SAI

pixivで、左右の手で描いてみよう!という企画がある。投稿されている絵を眺めていると、まれに両方ともうまい絵が見つかる。そういうのは、「字は右手、絵は左手」のように、何かしら左右の手を使い分けている人だったりする。それはそれですごいことではあるけれど、両利きならできるよねという気持ちにもなる。

ならば、両利きでもない人が、それなりの題材で、どっちがどっちかわからないような絵を描けば、インパクトを与えられるのではと思った。去年、一度だけ左手で絵を描いたことがあって、手応えは感じていたので、もっとまじめにやることにした。人を驚かせるには、相当きれいに描かないといけないし、手ブレ補正を使ったら意味がないし、やっぱり色を塗らないと見栄えがよくないということで、どんどん難しくなっていった。そして、こうなった。

とりあえず、右手が使えなくなっても絵は描き続けられそうだ。描きたいもののイメージは、右手であっても左手であっても、きちんと伝わっているのだなと思った。問題は、そのイメージどおりに手が動かせるかどうからしい。今回は、まだまだ手を動かすのに苦労して、えらく時間がかかったが、回数をこなせばきっと問題ではなくなる。

ついでに、左右の絵を合成した。

同じ大きさで描けているというだけでも、けっこうすごいことかもしれない。とりわけ、目が完全一致に近いところが驚いた。一番重要なパーツなだけに、ここでバランスを取っているのだろう。前髪などは、比較的ずれが大きいけれど、左右で同じ絵を描く企画ではないので、全部同じにしようというこだわりはなかった。今思うと、ここまでやったなら、そうしたほうがよかったのかもしれない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/09/17(水)

今度は霊夢で[お絵描き]

タグ: pixiv 東方 SAI

顔を描き入れるのは、これで3回目。今回は、スキャナで取り込んだままの線画のようだったので、ついでに清書した。

うまくいったような、そうでもないような。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/09/10(水)

初音ミクに表情を入れた[お絵描き]

タグ: pixiv SAI

またイメージレスポンス素材を見つけて、顔を描き加えた。全部描くより短時間で済むけれど、人様の絵なので、いい加減にはできない。

強弱がしっかりついた、きれいな線画だ。それに合わせたタッチにしたつもり。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/09/06(土)

pixivのイメージレスポンス機能[お絵描き]

タグ: pixiv SAI

今までpixivでは、「描いてもいいのよ」→「描いてみた」のように、誰かのオリジナルキャラを使わせてもらって描くというようなコミュニケーションがあった。今回加わったイメージレスポンス機能では、そういったつながりを明確にできる。ブログでいうトラックバックのようなものだ。

この機能が実装されてから、とあるユーザーが、イメージレスポンスのテストにどうぞと、顔の描かれていない絵を投稿した。いつも古くさい絵になってしまうので、今風に目を描いてくださいというわけだ。これがお手軽で取っつきやすかったからか、大量にイメージレスポンスが投稿された。かくいう私もそのひとりだ。

顔を描くだけなのだけど、やってみると簡単ではないことがわかる。この角度と輪郭に合わせるのが大変なのだ。明らかに間違った目の置き方をしている絵をちょくちょく見かけた。私が描いたのも、無理があることは否めないのだが。また、ネタ絵も多く、今風の目など全く関係ないものもたくさんあった。一つ目のお化けみたいなのを描いたら負けかなと思った。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/29(金)

SAIを購入[お絵描き]

タグ: SAI 買い物

何年もの間、テスト版として公開されていたペイントツールのSAIが、先日ついに製品化された。お絵描きしぃちゃっとで描くことが多いので、SAIを使う機会は少ないけれど、今後も使うつもりなので購入した。

で、いつになったら絵を描くのを再開するのやら…。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/19(火)

マルチモニタでSAIを使うときの設定[お絵描き]

タグ: SAI マルチモニタ ペンタブレット

マルチモニタ環境でSAIを使うと、片方のモニタで、ペンでのクリックがダブルクリックになってしまう問題があった。これは、ワコムのタブレットドライバのバグだそうで、SAIのフォルダにあるmisc.iniに詳しいことが書いてあった。このファイルで、制限つきながらも、ダブルクリックの問題を回避する設定ができる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。