スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2010/10/22(金)

次のノートPCの購入を検討[コンピュータ]

タグ: ノートPC dynabook_SS_S8 VAIO_X

そろそろ新しいノートPCを買おうと思った。2年以上前にもそう思ったが、気に入った機種がなくて、そのままdynabook SS S8を使い続けている。メモリを1.2GBにして、SSDに換装してからは、それほど処理速度的な不満はない。どうにかしたいのは、画面の暗さと発色の悪さ。あとは、解像度を高くしたい。

絶対ではないけれど、条件としてはこんなところ。

  • 厚さは3cm以内で、重さは1.2kgまで。
  • 解像度は1,366×768以上。高品質な液晶。
  • 低負荷時にはファンが止まる。
  • 色は白かシルバー。
  • ACアダプタのプラグはL字型。
  • SSD搭載、あるいは換装可能。
  • キーボードがまともな配列で、たわみにくい。
  • 適度にすべるタッチパッドと、軽くて押しやすい左右独立ボタン。
  • Windows 7 Professionalが選べる。
  • ブラウザでの動画再生がそこそこできる。

それほど無理なことを望んではいないのに、これに当てはまるノートPCが非常に少ない。たいていの場合、重いか厚い。そして、現行機種でファンを回さずに使えるのは、Atom Z系か、Atom N450以降くらいではなかろうか。このCPUが載っているマシンは、10.1型ワイドで解像度が1,024×600のネットブックが大半だ。こんな解像度、需要は少ないと思うのに、まだ新製品で出てくるのが不思議。

条件に合う機種は、VAIO Xしかなさそうだ。厚さ、重さ、画面は、いずれも申し分ない。性能のわりに、少々値が張るのが気になるが、ほかに候補がないから仕方ない。秋冬モデルの発表では、VAIO Xは何も動きがないので、もう決めてしまうか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/09/18(土)

新しいバッテリーに交換[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 電池

1年半ほど前に、dynabook SS S8のバッテリーを3つ買った(→バッテリーパックを3つ購入)。そのときから使っていたバッテリーが、30分くらいしかもたなくなったので、今日から2個目を使うことにした。また1時間40分くらい使えるようになった。このマシンでは、1時間以上使えるというだけでもすごいと感じてしまう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/06/22(火)

ACアダプタを中古で購入[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 楽天 買い物

dynabook SS S8の電源ケーブルが断線しかかってきた。プラグの根元の断線という、よくある事象だ。寝転がって使っているときに、折れ曲がるほどの角度になってしまうのがよくなかったようだ。約7年経っているから、仕方ないのかもしれないが、L字型になっていれば、もっと使えただろうとも思う。

楽天のPC-ヒラクネットショップで、東芝純正のPA3241U-1ACAが中古で売っていた。1,980円で買った。多少の使用感はあるものの、普通に使えた。今後は、プラグ付近のケーブルをくるっと丸めて、輪ゴムで留めることで、なるべく根元に負荷がかからないようにする。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2009/10/29(木)

L字型のDCプラグ[コンピュータ]

タグ: 買い物 dynabook_SS_S8 ノートPC

共立エレショップで、L字型のDCプラグを2種類2つずつ、合計4つ買った。型番は、MA-121SLMA-122SL。送料込みで500円だった。

これを使うと、ACアダプタのDCプラグを直角に曲げられるので、配線がすっきりする。dynabook SS S8にも使えることを期待していたが、残念なことに径が合わなかった。もっと大きくないと使えない。

最近のノートPCのDC-INは、大半が側面にある。なのに、DCプラグがL字型になっていないものがある。特に東芝のノートPCに多い。まっすぐなDCプラグだと、横に大きく飛び出してじゃまになる。気にする人はけっこういると思うのだが、改善するつもりはないのだろうか。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
最近のノートPCは端子類の位置を確認して買わないと、使いにくい物が結構ありますね。
hpのビジネスタイプを買ったんですがLANと電源コードを両サイドにストレートで挿しナマズのヒゲ状態。
はたまたUSBが側面の手前にしかなく、小型ドングルタイプの無線マウスしか使えないし、プリンターケーブルは使うときしか挿せません。最悪
by カモノハシ
dynabook SS S8は、DC-INが背面にあるので、ストレートでもまだ許せます。
ちなみに、D-sub、USB、LAN、モデムの端子も背面にあります。
このようなタイプは、もうほとんどなくなってしまったのが残念です。

たとえコンパクトなPCでも、ケーブル類で場所を取ってしまっては
もったいないので、選ぶときには気をつけたいところです。
by 犬かい

2009/04/01(水)

バッテリーパックを3つ購入[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 電池 SDカード 楽天 買い物 レビュー

PABAS041が安い

またdynabookのバッテリーがもたなくなってきたので、以前から定期的に価格のチェックをしていた。楽天で、「PABAS041」をキーワードにして検索したら、通常は12,000円するのが、2,100円という破格の値段で出ているのを見つけた。

商品のページを見ると、PABAS041でありながら、1,600mAhと書かれていた。PABAS041なら、1,760mAhが正しいはず。ロワで買ったときと似たような混乱が見られる。あのときは、PABAS017なのに1,760mAhと書かれていておかしかった。この安さだったら、もうどっちでもいいか。

5,000円以上で送料無料ということもあって、3つ買った。まだ1つしか動作確認していないが、SSDに換装したdynabook SS S8で、無線LANを使用して、バックライトが最高輝度の状態で、1時間40分使えた。これなら悪くはない。仮に寿命が短いとしても、3つで6,300円だから許せる。

購入したのは、PCaGOGOというPCの中古販売店。このバッテリーは新品で出ていた。ほかにバッテリーを売っているわけでもないようなのに、なぜかPABAS041だけ大量に売られていた。

追記:
2011年7月20日現在、1個1,575円になっていて、残り1個をまた購入した。
PCaGOGO 楽天市場の商品ページ

カードリーダーも購入

ついでに、マクセルのUA20-MLT7というマルチメモリカードリーダライタも買った。未使用品の中古で、105円だった。在庫が1個だったから、補充されない限り、もう買えない。

SDカードはSDHCに対応している。microSDカードも直接差し込めるが、2GBまでと書いてあった。でも、4GBのmicroSDHCカードが読めた。

PCaGOGOについて

この店で感心したことは、初期不良があったときや保証期間内に故障したときのために、返品用の着払い伝票が入っていたことだ。その他にも、PC本体の場合なら、1週間以内に1回だけ、違う機種にしたいとか、やっぱりキャンセルしたいというときに対応してもらえるらしい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/07/13(日)

S8にもWindows XP SP3[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 Windows_XP アップデート

dynabook SS S8に、Windows XPのSP3を適用した。

東芝のPCは、Windows XP Service Pack 3 対応状況のページから、対象機種の選択をして、対応状況を確認することができる。

S8はSP3に対応しているが、デバイスの取りはずしで、処理が拒否される場合があるという注意事項が載っていた。どんなデバイスで、どんな場合にそうなるのか、詳しいことはわからない。気にしないでおこう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/23(土)

どのノートPCも決め手に欠ける[コンピュータ]

タグ: ノートPC dynabook_SS_S8

VAIO type S SZクラスの機種として、DellのXPS M1330というノートPCにも興味を持った。パソコン納得購入ガイド XPS M1330レビューに、さまざまな角度から撮った写真が掲載されていて、大変参考になった。このサイトの、左側面をチェックを見て、電源ケーブルのコネクタにがっかりした。側面にあるというのがまずマイナスポイントなのだが、側面なのにL字ではないなんて、じゃますぎる。おまけに、特殊な形状のコネクタらしいので、汎用品のACアダプタを使うこともできない。

エプソンダイレクトのNA103という機種も、なかなかよいのではと思えてきた。軽量バッテリーを選択して、光学ドライブをなしにすれば、1.2kgを切る重量になるようだ。また、白いPCがいいなと思っていたので、ホワイトモデルがあるのもポイントが高い。画面がXGAで、今と変わらないのが残念ではあるが。

ノートPCを選ぶ上で重視しているのが、コネクタ類の位置だ。今使っているdynabook SS S8は、DC-IN、USB、D-sub、LAN、モデムのコネクタがすべて背面(本体の後ろ)にあって、いろいろ接続してもケーブルがわずらわしくない。残念ながら、最近のノートPCは、バッテリが背面を占有していて、コネクタ類は左右に追いやられている。せめてDC-INだけでも後ろにしてもらいたい。NA103は、DC-INが背面にあり、イヤホンジャックがS8と同じ位置にあって、違和感なく使えそうだ。

NA103の実物が見たくて、コンプマートへ行った。NA102しかなかったが、外観はほとんど同じということで、参考にはなった。キーボードは、カーソルキーの上下が少し狭く、一段下がっていないこと以外はまあまあだ。NA103は、さらにたわみを軽減させているらしいけれど、NA102でも十分だと思った。問題は液晶だ。鮮明さがない。ぼやけているわけではないが、暗めでコントラストが低く感じる。すぐ横に置いてあった、エプソンダイレクトの別の機種と比べても、明らかに劣っていた。この液晶はないなと思った。

VAIO type G、dynabook SS RX1、Let's noteシリーズなども検討したが、何かしら自分が必要とする条件を満たしていない。特に、マルチモニタで使用したときに制限がある機種が多い。外部ディスプレイは1,680×1,050で表示させたいのだけれど、それが明記されていなかったり、本体と同時表示できる解像度が限られていたりする。

今は、手に入れたいノートPCがないという結論になりそうだ。今回、あれこれ調べてみて、dynabook SS S8の薄さを再確認した。2cmくらいだもの。よくこれで、ほとんどファンも回さずに動作できるものだ。キータッチも、モバイル用ノートPCの中ではトップクラスといえる。この筐体のまま性能が上がったマシンが出てくれないものか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/15(金)

新しいPCを検討中[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 ノートPC キーボード ソニー 楽天

dynabook SS S8を買って、もう4年半が経った。HDDの一部が読めなくなったこと以外は、それほど大きな故障もなく使えている。ならばまだいけるかというと、ひとつ問題がある。それは、液晶のバックライトの寿命が近づいてきたのか、画面がずいぶん暗くなってしまったことだ。正常なディスプレイと並べると、白が黄色っぽく見えるほどだ。もともと発色のよい液晶ではなかったので、それに加えて暗くなると、正しい色が何なのか、さっぱりわからなくなる。すぐに引退させるつもりはないけれど、新たにメインで使うマシンを考えたほうがよさそうだ。

最近のノートPCで気に入ったものはないかと調べてみると、VAIO type S SZが目に留まった。特に、Windows XPモデルのVGN-SZ94PSが魅力的だ。欲張った構成にしても、案外安い。ただ、現在1kg程度のノートPCを使っているだけに、1.75kgというのは重そうだと感じてしまう。

SZはスペック的には申し分ないが、実物を見ると印象が変わるかもしれないので、ヤマダ電機へ行って見てきた。…あぁ、これはキーボードがダメだ。平らなキーでありながら、やたらストロークが深い。土台はしっかりしているのに、キー自体がペナペナした感じで、非常に打ちづらい。理想のキーボードを追求しようと工夫しているのはわかるが、方向性を間違っているように思える。これだったら、電卓のキーみたいなTZのほうがはるかに好きだ。そのTZも、候補にはなっているけれど、使いたい構成にすると30万くらいになってしまう。なかなかこれといったノートPCは見つからないものだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/13(水)

855GMでWSXGA+表示[コンピュータ]

タグ: 855GM dynabook_SS_S8 アップデート

855GMでWSXGA+表示できたという記事を見つけた。それなら、うちのdynabook SS S8でも、何とかなるのではないかと試行錯誤したが、どうやっても無理だった。PowerStripを使っても変わらない。あきらめて、REX-USBDVIを使うしかなさそうだ。

そういえば、REX-USBDVIのドライバが更新されていて、Windows VistaのAeroと、画面回転機能に対応したようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/02(土)

dynabook SS S8のグラフィックドライバを更新[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 855GM グラフィックドライバ アップデート FTD-W2023ADSR

以前も同じようなことをして、結局戻した気がするが、dynabook SS S8の、Intel 855GMのドライバを更新した。6.14.10.4497というバージョン。win2k_xp141950.zipを展開して、Setup.exeを実行しても、このPCでは使用できないというようなメッセージが出て終了してしまう。なので、デバイスドライバからドライバの更新をした。一度更新をすると、次からはSetup.exeでインストールできるようだ。エラーメッセージの正確な文言を確かめようと思ったのに…。

ドライバを新しくしたら、外部ディスプレイに出力させたときに、1,360×764というモードが出現することに気づいた。この解像度はなんだろうと考えてみたら、液晶テレビのPC入力のときにちょうどいいんだな。もっとも、うちの液晶テレビは、この解像度に対応していないが。FTD-W2023ADSRでは、DbDで表示できる。ただし、1,680×1,050のディスプレイなので、上下左右にだいぶ空きができる。

今回、ドライバを更新しようと思ったのは、FTD-W2023ADSRでどうにか1,400×1,050をDbDで表示させたかったからなのだが、やっぱりどうしても引き伸ばされてしまう。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
URLのなかに、外部モニタで1680x1050を出す方法が書いてあります。老婆心ながら。
by 22ch 野郎
この方法は知らなかったので、試してみました。
結果、1,680×1,050の表示が可能になりました。
しかし、dynabookのディスプレイが使用不可に…。

Display Configuration ModeをDual Independent Headにして、
Port OrderにLVDS→CRTの順で配置しているのに使えないため、
もっと詳しく調べる必要があるようです。
とはいえ、今まで表示できなかった解像度が使えるようになり、
大きく前進しました。情報提供に感謝します。
by 犬かい
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。