スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2008/02/29(金)

MSD-SATA6025の性能[コンピュータ]

タグ: ST110 HDD・SSD ベンチマーク レビュー

ST110に装着したMSD-SATA6025の性能を、CrystalDiskMarkで計測した。

CrystalDiskMark

さすがだ。しかし、これでもカタログ値には届いていない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

SAIを購入[お絵描き]

タグ: SAI 買い物

何年もの間、テスト版として公開されていたペイントツールのSAIが、先日ついに製品化された。お絵描きしぃちゃっとで描くことが多いので、SAIを使う機会は少ないけれど、今後も使うつもりなので購入した。

で、いつになったら絵を描くのを再開するのやら…。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/28(木)

ST110のメモリを交換[コンピュータ]

タグ: ST110 メモリ レビュー

注文してあったメモリ(SO-DIMM DDR2 PC2-5300 2GB×2)が届いた。前にも書いたとおり、ST110にはノートPC用のメモリを使う。上海問屋セレクトなので、どこのメモリが届くのかはわからなかったが、実際にはトランセンドのJM667QSU-2Gというやつだった。ST110についていた256MB×2を取りはずして、これに交換。問題なく認識した。ただし、使えるのは仕様上3GBまで。

ST110のメモリを交換

これは、本体をひっくり返してカバーを開けた状態。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

ST110に付属しているソフト[コンピュータ]

タグ: ST110 Windows_XP レビュー

ST110(Windows XP)には、以下のソフトがインストールされていた。

  • InterVideo WinDVD version 5.0
  • Nero 7 Essentials

これは、「スーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込)」というのを選んで購入した場合であって、それ以外の選択でどうなのかは知らない。

あとはどうでもよさそうなものばかり。意外に初期状態のデスクトップがごちゃごちゃしているので、すっきりさせておいた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

ST110の動作音と発熱[コンピュータ]

タグ: ST110 CPU レビュー

ST110の動作音や発熱に関するレポート。これは、CPUがCore 2 DuoのT9300での話。

ST110には、ファンが1つだけついている。このファンはとても静かだ。何も音がしない部屋で、机上に置いた状態では、フォーという小さい音が聞こえるくらい。仕様では、待機時動作音は約22dBだそうだ。縦置きにしてカバーを少し開けると、さらに静かになるので、まだ改良の余地があると思う。

このファンは、残念ながらCPUの負荷が低くても止まらない。Core Tempで温度を見てみると、あまり負荷がないときは30~40℃といったところ。夏になれば、もう少し高くなりそうだ。ファンをはずして1時間ほど放置すると、60℃まで上がった。この温度でもまだ大丈夫だとは思うが、ファンがないと熱がこもるようだ。

エプソン独自の電源管理ツールはないが、電源オプションの初期設定で、「ポータブル/ラップトップ」が選ばれていて、Enhanced Intel SpeedStep Technology(EIST)が自動的に働くらしい。CPU負荷が低いときにはクロックが下がる。T9300の場合、2.5GHzが約1.2GHzになる(CrystalCPUIDで確認)。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/27(水)

ST110のHDDをSSDに換装[コンピュータ]

タグ: ST110 Windows_XP HDD・SSD True_Image レビュー

ST110の電源を入れる前に、HDDの中身をSSDに移す作業をした。ST110のHDDはSATAなので、エバーグリーンのEG-SATA56で、SATAをUSBに変換して別のPCにつなぎ、True Image Personal 2でイメージを作った。SATAのHDDをはずして、今度はSSDにつなぎ、データを移した。あとから考えたら、ST110にUSBのHDDをつないでTrue ImageをCDから起動→USBのHDDにイメージを作成→SSDに換装して復元、という手順でやれることに気づいた。変換など必要なかった。わざわざ買ったのだけど、今後、ほかの用途で使う機会があるだろうからよしとする。

ST110からHDDを取りはずすのは、難しそうに見えて簡単だった。ネジを3本はずせば、DVDドライブとHDDが固定された金属の板が取れる。そうすると、HDDのネジが見えるので、それをはずすだけ。SSDは、ぴったり収まった。

ST110のHDDをSSDに換装

内蔵されていたHDDは、サムスンのHM040HIで、消去禁止領域が2GBあった。SSDには、消去禁止領域は移さなかった。置いておく必要はないので。

起動させたら、Windows XPのセットアップ画面が出てきた。うまくいったようだ。設定を終えて、純粋な起動時間を観察していると、えらくキビキビした動作で驚いた。Windows XPの起動画面は、プログレス芋虫が半分移動するだけで消えて、そのあとほとんど待たされることなくデスクトップ画面になる。スイッチを入れてから、普通に操作できるまでの時間は、30秒弱といったところか。今回、わざわざデスクトップPCにSSDを入れたのは、アクセス音をなくしたかっただけでなく、パフォーマンスの向上も目的だった。これだけ快適になると、何も文句はない。

ST110のレビューは、もうしばらく続く。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
 自分も同じ機種を購入し、リナックスサーバーにしようと思っていたのですが、インストールがうまくいきませんでした。トホホな状態です。
 SSDも検討したのですが、まだ容量の割りに高価であきらめました。
 
by Tarcy
ST110に、DebianやFedora 9をインストールしたという記事なら見つかりました。
もし関係があれば、検索してみてください。

SSDの価格は、私が購入したときよりも、万単位で安くなっています。
それに、以前よりも選択肢が増えて、性能も上がってきています。
近いうちに、また検討したくなるかもしれませんね。
by 犬かい

しぃちゃっとの文字が大きい[お絵描き]

タグ: お絵描きチャット Java

ST110のWindows XPは、最初からSP2なので、Microsoft VMが入っていない。どうにかインストールしたものの、お絵描きしぃちゃっとを使ったときの文字(チャット部分と名前欄)が、今まで使っていたマシンと比べると、大きくなっているのが気になった。

フォントサイズは右クリックのメニューで変更できるけれど、そんなことをしなくてもちょうどいいサイズだったのに。それに、このサイズ変更は、小さくしても行間が詰まるわけではないので、あまりうれしくない。ここ以外には、どこにも設定するところがなくて、ちっともわからない。IEの設定やバージョンは同じだし、Microsoft VMのバージョンも同じなのに。そういえば、ツールの「tools」という文字や、レイヤ管理ウィンドウの文字も若干大きい。そのせいで、レイヤウィンドウを一番小さくしても、ツール類の後ろに完全に隠せなくなってしまった。いろいろと不便だ。

追記:
どうやら、画面の解像度が高いほど、標準の文字サイズが大きくなるようだ。
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/26(火)

世界樹の迷宮IIの特典CD[ゲーム]

タグ: ニンテンドーDS ゲームソフト CD

まだ前作の世界樹の迷宮をクリアしていないうちに、IIが発売された。数量限定で特典CDがついているらしい(ファミ通.comの記事)。古代祐三のサントラCDというのは、とても気になる存在だ。しかし、もう発売からしばらく経っているので、買えたら運がいいなというくらいの気持ちで、ユニーのおもちゃ売り場へ行った。ゲーム専門店ならとっくになくなっているだろうけど、こういう店ならまだ残っていそうだ。

空箱が置いてあったので、ゲーム自体は売っているようだ。レジで確認してみると、持ってきたケースには何も付属していなかった。やっぱりないのかと思いながらも、特典がついたやつはないかと尋ねると、なんとひとつだけ残っていた。YATTA!

表はよく見かけるので、裏を撮影。まだ開封していない。

世界樹の迷宮IIと特典CDの裏

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

SSDとST110が届いた[コンピュータ]

タグ: HDD・SSD ST110 レビュー

最初に届いたのは、SSDのMSD-SATA6025だった。仰々しいほどの箱に入っていたが、説明書はない。金属感あふれる本体だ。そのせいでやや重い。今回はノートPCに使うわけではないので、重さは気にしない。

ST110も来た。50cm(W)×30cm(D)×25cm(H)くらいの、大きくも小さくもないといった箱で届いた。付属品として、Windows XPのリカバリCDと、リカバリツールCDが入っていた。Windows Vistaの場合は、リカバリDVDらしい。

本体の大きさは、コンプマートでST100を見たことがあるし、原寸大に組み立てられるカタログも持っていたので、特に感想はないけれど、質感がなかなかよい。上部と下部がスライドするカバーになっていて、縦置きでスライドさせると、超ミニサイズのタワー型PCに見えてくる。ただ、このカバー、強度は問題ないのだけど、しっかり奥まで差し込んで、レバーで固定しても、若干ガタつく。ちょっと触っただけでビビった音が出る。レールの部分に何もクッションがないので仕方がないか。隙間に何か挟めば、しっかり固定されるだろう。もっとも、ノートPCのように持ち運ぶこともないので、特に気にしなければいいだけの話ではある。

ACアダプタは、ST100よりも小型化されているらしい(ITmedia +D PC USERより)。それでも、一般的なノートPCのACアダプタと比べると、まだまだ大きいと感じる。実際に測ったら、13cm(W)×6cm(D)×3cm(H)くらいだった。机上に置く必要はないので、たいした問題ではないけれど。

とりあえず、見た目の感想はそんなところ。つづく。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/25(月)

メモリとSSDを注文[コンピュータ]

タグ: メモリ HDD・SSD 買い物

上海問屋で、SO-DIMM DDR2 PC2-5300 2GB(上海問屋セレクト)のメモリを2つ注文した。ノート用のメモリが、2GB×2個で9,000円弱という価格設定には驚く。エプソンダイレクトでは、2GB+1GBで44,100円となっていたので、上海問屋で買ったほうが圧倒的に安く済む。ちなみに、注文してからすぐに400円値下がりしていた。どこまで下がるんだ。

HDDは使わず、またSSDに換装するつもりでいた。ちょうど、秋葉原のいくつかの店で、MtronのMSD-SATA6025(32GB)が62,800円で売っているという情報を見つけた。秋葉原に行くことはできないが、Webでも購入可能だったので、T・ZONEで注文した。63,000円だったけれど、送料の安さも考慮してここにした。幸い、即納可能で、今日のうちに発送された。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

注文内容の確認がしたい[インターネット]

タグ: エプソンダイレクト

エプソンダイレクトで商品を注文すると、申込受付、注文確定、出荷通知のメールが来る。それはいいのだが、注文内容がメールに書かれていないので、自分がどんな構成で注文したのか確認ができない。今回、注文したあとに、OSの選択を間違えたかもしれないと思って確認しようとしたら、どこにも情報がなくて困った。

メールには、「Webご注文番号」というものがあり、これをWebサイトの「配送状況確認」ページで入力すると、合計金額だけは確認できた。もう一度、製品のカスタマイズを行ってみて、合計金額が一致したので、たぶん大丈夫だろうというくらいしかわからなかった。これだけでは不安なので、電話で問い合わせて、問題ないことを確認した。無料とはいえ、電話をかけないと知ることができないのは不便だと思った。注文するときに、自分で構成情報を保存しておけばよいのだけれど、今までネットでの買い物では、メールに注文内容が書かれているのが当たり前だったので、気が回らなかった。この点は改善してもらいたい。電話をした際に、その旨は伝えておいた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/24(日)

Endeavor ST110を注文[コンピュータ]

タグ: ST110 エプソンダイレクト キーボード 買い物

デスクトップPCにも目を向けることにした。デスクトップPCにすれば、マルチモニタのことを考えなくて済むし、常時ペンタブレットを接続しておけるという利点がある。この機会に、ペンタブに付属しているマウスを使ってみようかなとも思っている。

なるべくコンパクトで静かなPCがいい。それを満たしていたのが、エプソンダイレクトのEndeavor ST110だった。レビュー記事では、ITmedia +D PC USERの記事が参考になる。

ST110は、小さいだけでなく、ほとんどノートPC用のパーツを使用しているという特徴がある。CPUもメモリもノート用だし、HDDは2.5インチが使われている。消費電力や動作音も、通常のデスクトップPCより抑えられている。そのコンセプトが気に入った。CPUは、発熱が少ないといわれるPenrynの、T8100~T9500が選べる。チップセットは、グラフィックス機能統合型のMobile Intel GM965 Expressが採用されていて、無難なチョイスといえる。購入した人の評価も悪くないようだ。

というわけで、エプソンダイレクトでST110を注文した。OSは、とにかく軽快に使いたいのでWindows XP Professionalにした。Professionalのエディションにした理由は、リモートデスクトップ接続のホスト機能があるから。CPUはCore 2 DuoのT9300。メモリとHDDは別のものに入れ替える予定なので、最小容量にした。キーボードとマウスは、自分で好きなものを用意して使いたいため、どちらもなしにした。なしが選べるのはよいことだ。すべて在庫がある構成だったので、26日の夜に届くように指定ができた。

キーボードは、オウルテックのOWL-KB86UMをコムロードで買った。後日、使用感を書く予定。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
タブレットマニアの犬飼さんなら、タブレットPCに手を出すと思っていたのに!
by ゆうゆう
なるほど、タブレットPCですか。ただ、そうなると、去年の夏に買った液晶ディスプレイが活用できなくなってしまいますね。
by 犬かい

2008/02/23(土)

どのノートPCも決め手に欠ける[コンピュータ]

タグ: ノートPC dynabook_SS_S8

VAIO type S SZクラスの機種として、DellのXPS M1330というノートPCにも興味を持った。パソコン納得購入ガイド XPS M1330レビューに、さまざまな角度から撮った写真が掲載されていて、大変参考になった。このサイトの、左側面をチェックを見て、電源ケーブルのコネクタにがっかりした。側面にあるというのがまずマイナスポイントなのだが、側面なのにL字ではないなんて、じゃますぎる。おまけに、特殊な形状のコネクタらしいので、汎用品のACアダプタを使うこともできない。

エプソンダイレクトのNA103という機種も、なかなかよいのではと思えてきた。軽量バッテリーを選択して、光学ドライブをなしにすれば、1.2kgを切る重量になるようだ。また、白いPCがいいなと思っていたので、ホワイトモデルがあるのもポイントが高い。画面がXGAで、今と変わらないのが残念ではあるが。

ノートPCを選ぶ上で重視しているのが、コネクタ類の位置だ。今使っているdynabook SS S8は、DC-IN、USB、D-sub、LAN、モデムのコネクタがすべて背面(本体の後ろ)にあって、いろいろ接続してもケーブルがわずらわしくない。残念ながら、最近のノートPCは、バッテリが背面を占有していて、コネクタ類は左右に追いやられている。せめてDC-INだけでも後ろにしてもらいたい。NA103は、DC-INが背面にあり、イヤホンジャックがS8と同じ位置にあって、違和感なく使えそうだ。

NA103の実物が見たくて、コンプマートへ行った。NA102しかなかったが、外観はほとんど同じということで、参考にはなった。キーボードは、カーソルキーの上下が少し狭く、一段下がっていないこと以外はまあまあだ。NA103は、さらにたわみを軽減させているらしいけれど、NA102でも十分だと思った。問題は液晶だ。鮮明さがない。ぼやけているわけではないが、暗めでコントラストが低く感じる。すぐ横に置いてあった、エプソンダイレクトの別の機種と比べても、明らかに劣っていた。この液晶はないなと思った。

VAIO type G、dynabook SS RX1、Let's noteシリーズなども検討したが、何かしら自分が必要とする条件を満たしていない。特に、マルチモニタで使用したときに制限がある機種が多い。外部ディスプレイは1,680×1,050で表示させたいのだけれど、それが明記されていなかったり、本体と同時表示できる解像度が限られていたりする。

今は、手に入れたいノートPCがないという結論になりそうだ。今回、あれこれ調べてみて、dynabook SS S8の薄さを再確認した。2cmくらいだもの。よくこれで、ほとんどファンも回さずに動作できるものだ。キータッチも、モバイル用ノートPCの中ではトップクラスといえる。この筐体のまま性能が上がったマシンが出てくれないものか。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/19(火)

マルチモニタでSAIを使うときの設定[お絵描き]

タグ: SAI マルチモニタ ペンタブレット

マルチモニタ環境でSAIを使うと、片方のモニタで、ペンでのクリックがダブルクリックになってしまう問題があった。これは、ワコムのタブレットドライバのバグだそうで、SAIのフォルダにあるmisc.iniに詳しいことが書いてあった。このファイルで、制限つきながらも、ダブルクリックの問題を回避する設定ができる。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/15(金)

新しいPCを検討中[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 ノートPC キーボード ソニー 楽天

dynabook SS S8を買って、もう4年半が経った。HDDの一部が読めなくなったこと以外は、それほど大きな故障もなく使えている。ならばまだいけるかというと、ひとつ問題がある。それは、液晶のバックライトの寿命が近づいてきたのか、画面がずいぶん暗くなってしまったことだ。正常なディスプレイと並べると、白が黄色っぽく見えるほどだ。もともと発色のよい液晶ではなかったので、それに加えて暗くなると、正しい色が何なのか、さっぱりわからなくなる。すぐに引退させるつもりはないけれど、新たにメインで使うマシンを考えたほうがよさそうだ。

最近のノートPCで気に入ったものはないかと調べてみると、VAIO type S SZが目に留まった。特に、Windows XPモデルのVGN-SZ94PSが魅力的だ。欲張った構成にしても、案外安い。ただ、現在1kg程度のノートPCを使っているだけに、1.75kgというのは重そうだと感じてしまう。

SZはスペック的には申し分ないが、実物を見ると印象が変わるかもしれないので、ヤマダ電機へ行って見てきた。…あぁ、これはキーボードがダメだ。平らなキーでありながら、やたらストロークが深い。土台はしっかりしているのに、キー自体がペナペナした感じで、非常に打ちづらい。理想のキーボードを追求しようと工夫しているのはわかるが、方向性を間違っているように思える。これだったら、電卓のキーみたいなTZのほうがはるかに好きだ。そのTZも、候補にはなっているけれど、使いたい構成にすると30万くらいになってしまう。なかなかこれといったノートPCは見つからないものだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

テトリスDS[ゲーム]

タグ: ニンテンドーDS ゲームソフト レビュー

急にテトリスがやりたくなることがあるので、テトリスDSを買った。いろいろなモードがあって、飽きさせない作りになっている。とはいえ、やっぱりスタンダードなテトリスに落ち着くわけだけど。

BGMが任天堂のゲームのものになっていることはいいとして、回転させたときの効果音が、ファイヤーマリオがファイヤーを出すときの音なのが気になってしょうがない。音を変えたいけど変えられない。あと、DS Liteの十字キーでやるのは、いまいちだと思った。

通信対戦は、ニンテンドーWi-FiコネクションがAESに対応していないのでやっていない。これだけのために、無線LANルータの設定をWEPにしたくない。ニンテンドーWi-Fi USBコネクタを使う手があるが、それこそ、これだけのために買いたくはない。正直なところ、対戦で時間をつぶしてしまうのが怖いというのもある。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/14(木)

ふりだしに戻った[クルマ]

タグ: マツダ アテンザ クラッチ

アテンザのクラッチの件は、2週間も待たされて、ようやくマツダの販売店から電話があった。どうやら回答は同じらしい。クラッチの部品が変わったという事実は認めたものの、そういう変更はほかにもあって、その都度、無償で交換するようなことはしないというのが向こうの言い分のようだ。たしかに、マイナーチェンジのタイミングだけでなく、ちょくちょく変更があるのは知っている。たとえば、ダストが出やすかったブレーキパッドが改良されたり、ハンドルについているボタンの機能が変わったり。しかし、運転に差し障る部品まで同じ扱いにするのはおかしい。

無償で交換してもらった人もいるのはなぜかということに対しては、その販売店で車を購入したとか、いろいろとつきあいがあるとか、次もマツダの車を買ってくれそうな客だったのではないかとのこと。要は、お得意様だったら対応するというわけか。うーん、本当にそう思うのなら、今回こんな対応をしてどうする。「次も買ってくれるかもしれない」よりも「次は確実に買ってくれない」のほうが痛いと思うのだが。そんなことより、やって当たり前のサービスに対して、差別されてはかなわない。

電話をかけてきた人が決めたことではないのだろうから、これ以上この人に何を話してもムダだろう。申し訳なさそうに話していたので、不快感はあまりなかったけれど、マツダにはがっかりだ。また気力が出れば、東海マツダの本社にもう一度電話して、今度は販売店に振るのをやめてもらい、本社の意向を聞きたい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/13(水)

855GMでWSXGA+表示[コンピュータ]

タグ: 855GM dynabook_SS_S8 アップデート

855GMでWSXGA+表示できたという記事を見つけた。それなら、うちのdynabook SS S8でも、何とかなるのではないかと試行錯誤したが、どうやっても無理だった。PowerStripを使っても変わらない。あきらめて、REX-USBDVIを使うしかなさそうだ。

そういえば、REX-USBDVIのドライバが更新されていて、Windows VistaのAeroと、画面回転機能に対応したようだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/10(日)

コメントへのリンクの修正[インターネット]

タグ: ブログ FC2ブログ ブログカスタマイズ

FC2ブログで、コメントを見ようとすると、妙な位置にジャンプすることがある。これは、コメント一覧の位置にある<a name="comment"></a>と、コメント本文を記入するテキストエリアのid="comment"がダブっているために起こる。おそらく、公式のテンプレートのほとんどがそうなっている。IE6では気づかないが、Firefoxではidを優先するらしく、コメント本文を記入する位置へジャンプしてしまう。

FC2ブログのユーザーフォーラムを検索したら、#commentはどこ?という投稿が見つかった。そこに書かれているように、コメント一覧の位置にある<a name="comment"></a>のcommentという文字列を変更して、コメントへのリンクも変更した文字列にすれば解決する。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/09(土)

日付で記事をまとめる[インターネット]

タグ: ブログ 忍者ブログ ブログカスタマイズ JavaScript

忍者ブログでは、日付で記事をまとめる機能が実装されていないようだ。同じ日の記事は、日付の表示を1回だけにしたかったので、試用していたときにJavaScriptで作った。FC2ブログでは、<!--same_day-->というのがあるので、もっと簡単にできる。

まずは、直前の記事と日付が同じなのかどうかを判定する、isSameDate()という関数を作る。同じだったらtrue、違っていたらfalseを返す。仕組みは、before_entry_dateに直前の記事の日付を保持しておいて(最初は空っぽにする)、引数として指定したcurrent_entry_dateと一致するか確認するというもの。

<script type="text/javascript">
var before_entry_date = "";
function isSameDate(current_entry_date)
{
  if(current_entry_date != before_entry_date){
    before_entry_date = current_entry_date;
    return false;
  }
  return true;
}
</script>

実際に日付を表示する部分では、現在の日付を引数として渡して、この関数を呼び出す。trueなら日付を表示させる。

<script type="text/javascript">
if(isSameDate('<!--$entry_year-->/<!--$entry_mon-->/<!--$entry_day-->') == false){
  document.write('<!--$entry_year-->/<!--$entry_mon-->/<!--$entry_day-->');
}
</script>
<noscript>
<!--$entry_year-->/<!--$entry_mon-->/<!--$entry_day-->
</noscript>
コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/08(金)

たぶん風邪は治った[日記・雑記]

タグ: 心と体

微熱が続いて、今週は実質2日間しか仕事ができなかった。長引いたけれど、そんなにひどい症状ではなかった。もう大丈夫だと思う。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/07(木)

ソニーのレコーダーのD映像出力[家電・AV機器]

タグ: RDZ-D87 スゴ録 FTD-W2023ADSR HDMI ソニー レビュー

XSELECT-D4を購入の続き。

ソニーのサポートからの回答と、取扱説明書をよく読んだ結論としては、RDZ-D87でD4に設定しても、750p(720p)で固定して出力できないのは、仕様ということで納得するしかなかった。説明書には、D端子からの出力信号は、入力信号に応じて次のようになると書いてある。

  • D1: 525i(480i)
  • D2: 525p(480p)/525i(480i)
  • D3: 1125i(1080i)/525p(480p)/525i(480i)
  • D4: 1125i(1080i)/750p(720p)/525p(480p)/525i(480i)

先に記述されている信号が優先されるらしい。D4のときだけ順番が妙だ。そういうわけで、750p(720p)で固定して出力できないことになる。これは盲点だった。スゴ録だけでなく、ブルーレイディスクレコーダのBDZシリーズも同じだ。なお、ソースが750p(720p)であれば、そのまま750p(720p)で出力されるそうだ。

D端子から750p(720p)で固定して出力させることが全くできないかというと、そうでもなかった。以下の条件がすべて満たされているときは可能だった。

  • HDMI接続も使用していて、その機器で映像を流しているとき
  • [出力映像解像度設定]がHDMI解像度優先になっているとき
  • [HDMI解像度]が750p(720p)になっているとき

つまり、HDMI接続のテレビと同時でないと使えない。わざわざでかい液晶テレビをつけなくても見られるように、と思ったのに、これでは意味がないな。

ちなみに、ソニーのメールでの問い合わせは、満足できるものだった。一日できちんとした回答が来て、この件は以上ですという返事を後日出したら、それに対しても、ご丁寧にありがとうございますという返信が来た。こういう対応をしてもらえると、とても気分がいい。

それはそれとして、FTD-W2023ADSRでの映りはいまひとつだ。シャープさがない。1,280×720のDbDで表示させても、液晶テレビよりもぼやけて見えるのは残念だ。それと、たまに2秒ほどブラックアウトする。設定をいろいろ変えてみても直らない。そのうち調子が悪くなって、映らなくなってしまうこともある。やはり無理があったか。

せっかくなので、ACM-215という古いディスプレイでも試してみた。これはCRTなので、プログレッシブのみという制限はない。映りは、液晶ディスプレイで見たときの眠たい感じがなく、思ったよりきれいだった。しかし、こうやって使うつもりはないので、もうXSELECT-D4の使い道はなくなってしまった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/06(水)

XSELECT-D4を購入[家電・AV機器]

タグ: RDZ-D87 スゴ録 FTD-W2023ADSR レビュー

スゴ録(RDZ-D87)の映像を液晶ディスプレイに表示させたいと思った。でも、FTD-W2023ADSRはHDCPに対応していないので、HDMI→DVIに変換しても映らない。スゴ録のD映像出力→トランスコーダのD-sub出力→FTD-W2023ADSRならいけるだろうということで、XSELECT-D4を買った。液晶ディスプレイへの接続が保証されていないのは承知の上で。

実際に使ってみて、スゴ録のD映像出力の仕様が特殊であることに気づいた。液晶ディスプレイに出力するには、プログレッシブでないといけないので、D4の750p(720p)が使いたい。しかし、元の映像が1125i(1080i)の場合、前面パネルにあるD1/D2/D3/D4切換ボタンでD4にしても、1125i(1080i)で出力されてしまう。ソニーにメールで問い合わせることにした。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2008/02/02(土)

熱が出た[日記・雑記]

タグ: 心と体

金曜日は微熱程度だったのが、早朝に起きたときには、38.5℃まで上がっていた。これはまずいと思い、もう一度寝た。今度はまた微熱に戻った。このまま回復に向かってくれればいいのだが。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

dynabook SS S8のグラフィックドライバを更新[コンピュータ]

タグ: dynabook_SS_S8 855GM グラフィックドライバ アップデート FTD-W2023ADSR

以前も同じようなことをして、結局戻した気がするが、dynabook SS S8の、Intel 855GMのドライバを更新した。6.14.10.4497というバージョン。win2k_xp141950.zipを展開して、Setup.exeを実行しても、このPCでは使用できないというようなメッセージが出て終了してしまう。なので、デバイスドライバからドライバの更新をした。一度更新をすると、次からはSetup.exeでインストールできるようだ。エラーメッセージの正確な文言を確かめようと思ったのに…。

ドライバを新しくしたら、外部ディスプレイに出力させたときに、1,360×764というモードが出現することに気づいた。この解像度はなんだろうと考えてみたら、液晶テレビのPC入力のときにちょうどいいんだな。もっとも、うちの液晶テレビは、この解像度に対応していないが。FTD-W2023ADSRでは、DbDで表示できる。ただし、1,680×1,050のディスプレイなので、上下左右にだいぶ空きができる。

今回、ドライバを更新しようと思ったのは、FTD-W2023ADSRでどうにか1,400×1,050をDbDで表示させたかったからなのだが、やっぱりどうしても引き伸ばされてしまう。

コメント(2) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
URLのなかに、外部モニタで1680x1050を出す方法が書いてあります。老婆心ながら。
by 22ch 野郎
この方法は知らなかったので、試してみました。
結果、1,680×1,050の表示が可能になりました。
しかし、dynabookのディスプレイが使用不可に…。

Display Configuration ModeをDual Independent Headにして、
Port OrderにLVDS→CRTの順で配置しているのに使えないため、
もっと詳しく調べる必要があるようです。
とはいえ、今まで表示できなかった解像度が使えるようになり、
大きく前進しました。情報提供に感謝します。
by 犬かい

2008/02/01(金)

体調を崩した[日記・雑記]

タグ: 心と体

起きたときから、のどの調子がおかしいと思っていた。それがだんだん体調不良につながっていき、夕方にはもう風邪っぽい症状になってしまったので、すぐに帰った。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。