スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2010/12/26(日)

G27のペダルユニット静音化[ゲーム]

タグ: PS3 ゲーム用コントローラ レビュー

G27レーシングホイールのペダルは、奥まで踏んだときと、サッと離したときに、カツンと音がするのが気になる。分解してフェルトを挟めば静かになるそうなので、やることにした。

分解するのに必要なのは、通常の大きさのプラスドライバーと六角レンチ。六角レンチは、3/32と3/16の2種類使った。カバーを開けるときは、細いコードに気をつける必要がある。

G27のペダルユニット静音化

写真の部分に、丸型のクッションフェルトを半分に切って貼った。奥の部分も、ペダルを動かすと金属に当たっているようだったので貼ったが、ここはあまり関係ないかもしれない。使うフェルトは、厚すぎなければ何でもいい。これは、イントラというメーカーのクッションフェルト 25ブラウン(DH-F10)で、12枚入っていた。直径が25mmで、厚さが2mm。カーマで買った。

組み立てて音を確かめた。さすがに無音というわけにはいかないが、トンという静かな音になった。最初からこうしてあればいいのに。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

M-1グランプリ2010[テレビ番組]

タグ: お笑い

司会は、今田耕司と上戸彩。最後に冒険はしなかったようだ。エントリーしたのは、4,835組だそうだ。参加費が2,000円だから、これだけで967万円になるわけか。

カナリア 592点
替え歌。突拍子もないことを歌い出すのだが、そんなにおもしろくもなかった。アレルギーにこだわりすぎて、バリエーションに乏しい感じがしてしまった。オチも特になし。松本はやっぱり85点か。
ジャルジャル 606点
最初は、ベタなボケとツッコミを始める。これは前フリなのだが、スベっている印象を与えてしまっていたようにも思えた。次は、同じネタでツッコミが「えっ?」という反応をする。それはまあよかったけれど、そのあとは、ボケとツッコミがひとことで叫び合うだけで終わってしまった。ジャルジャルらしさは出ていたものの、「え、それだけ?」という気分になった。敗退したときに、銀シャリの後ろに座っていたのが一番笑えた。
スリムクラブ 644点
別にたいしたことは言っていないが、独特の間で雰囲気を楽しむ漫才なのだろう。個人的には、ただゆっくりなテンポで、ネタが少なく感じただけだった。審査員のウケはよかったようだ。
銀シャリ 627点
カナリアを見たあとなので、また歌かと思ってしまうのが不利だったけれども、ネタはカナリアより数段上だった。笑いも取れていた。これだけきちんとした漫才をやっても、スリムクラブより下なのが解せない。渡辺正行は、新しさに欠けると言っていたが、正統派が低く見られてしまうのは、M-1としてどうなんだと思った。
ナイツ 626点
ナイツも正統派漫才で、いつもどおりのレベルの高さ。後半は、前半のネタをなぞってさらにボケるというところが新しかった。それなのに点数が伸びない。
笑い飯 668点
サンタウロス。いつもより個々のネタの質が高くて、納得の点数になった。
ハライチ 620点
去年のようなテンパった緊張はなかった。しかし、ネタはあまり変わらない。オチも弱い。
ピース 629点
発音の仕方のネタ。吸う発音がくどくて、特に笑うところもなかった。これがナイツや銀シャリより上というのがよくわからない。
パンクブーブー 668点
しゃべっていることが、実際には行動に移していなかったり、話している対象が想像とは違っていたりと、とにかくこちらが思っていたことをことごとくはずしてくる。うまかったが、ツッコミ側にも何かひとひねりほしかった。

最終決戦は、スリムクラブ、笑い飯、パンクブーブーの3組。

スリムクラブ
会場は盛り上がっていたけれど、やっぱりテンポがゆっくりなだけで笑えなかった。
笑い飯
1本目より明らかにネタの質が落ちていた。毎年のように、2本目で失速する。
パンクブーブー
1本目と笑わせ方が全く同じ。さすがに飽きる。せっかく敗者復活戦から勝ち上がったのに、もったいない。

優勝は笑い飯になった。正直なところ、優勝者なしと言いたいくらい、悪い意味で選べないレベルだった。松本が「笑い飯に取らせてやりたかった」という、審査員として言ってはいけないことを漏らしてしまったが、気持ちはわかる。この終わり方が一番無難だ。

哲夫が、「チンポジをやらなくてよかった」と言っていたけれど、むしろ少しやりかけて止められるという小ネタを仕込んだほうが盛り上がったと思う。

M-1最後の年に、あまり笑えなかったことが残念だった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/25(土)

USBハブを購入[コンピュータ]

タグ: 買い物

エレコムのUSBハブ(U2H-SS4BF2WH)。かわいい。

USBハブ(U2H-SS4BF2WH)

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/23(木)

G27でグラングーリスモ5[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト 楽天 買い物 ゲーム用コントローラ レビュー

G27レーシングホイールで、クラッチを使ったシフト操作がしたいという理由から、グランツーリスモ5を買った。設置場所に困っていたシフトユニットは、机の端ならなんとか2点で固定できた。

いいところ

  • クラッチとシフトレバーの操作が本当に楽しい。これはもうゲームというより運転だ。
  • 変速の方法が、設定を切り替えなくても柔軟に対応している。クラッチを使ったシフトレバーでの操作、クラッチなしのシフトレバーでの操作、パドルシフトでの操作、という3種類がいつでも使える。
  • OKとキャンセルの操作を、アクセルとブレーキで行える。F1 2010ではできなかった。

悪いところ

  • コースを選択したあとのロードが長い。何か別の作業をしながらでないと、待っているのが苦痛だ。
  • 相変わらず、似たような車種ばかりで水増しされている。すでに販売されている車種のコンセプトカーや海外仕様が許せない。
  • 中古車販売の入れ替えが、どこかコースを選んでから戻らないと行われない。しかも、入れ替わるのは一部だけなので、何度も長いロードを待って更新させないといけない。無駄なことをやらせないでほしい。
  • AIの車が、ただの動く障害物でしかない。こちらのことはおかまいなしにぶつけてきて、レースをしている気分にならない。
  • 特定の車種向けのレースが多すぎて、いちいちその車を買わないと参加できない。
  • ギア比の設定で、最高速の値しか変えられない。

ギアチェンジで、所定の位置にシフトレバーを動かしても、そのギアに入らないことがある。クラッチとのタイミングが合っていないと判断されているのだろうか。そこは、実車の感覚とは少し違うようだ。そういった状態になると、一度レバーをニュートラルにしてから再度入れないと、ずっとニュートラルで変速してくれないことにストレスがたまる。

まとめ

最初に書いたように、G27でクラッチを使ったシフト操作がしたいという目的なら、楽しめるゲームではある。好きな車で、ただ走っているだけでも飽きない。しかし、AIを相手にしたレースは味気なく、作業感が強い。そろそろ、このあたりのチューニングも詰めていってほしいところ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

dynabook N510の感想[コンピュータ]

タグ: ノートPC キーボード レビュー

手ごろな大きさのノートPCとして、dynabook N510という機種がある。店頭で、CPUがU5400のほうを見かけたので、そこでの印象を書く。

  • キーボードの作りはなかなかよい。スペースキーは十分な長さがある。しかし、Tabキーが小さすぎる。
  • キーボードの枠やパームレストが銀色でギラギラしている。dynabook UXのような落ち着いた色にすればいいのに。
  • ファンはアイドル状態でも回っていた。静音重視の設定にしたら、止まっていることもあるように思えた。店頭だとよくわからない。
  • 相変わらず、ACアダプタのDCプラグはストレート。いつになったらL字型になるのだろう。

レビュー記事がほとんど見当たらなくて、世間でどういう評価がされているのか、あまりよく知ることができない。

1.48kgあって重いのと、パッとしない性能なので、N510を買うことはないと思う。今後出るであろうSandy Bridgeが搭載されたモデルに期待したい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/21(火)

ノートPCの理想のキーボード[コンピュータ]

タグ: VAIO_X ノートPC キーボード

ノートPCを選ぶとき、もっとキーボードの使いやすさを重視しないといけないと感じた。理想とするキーボードの条件を書き並べた。

  • スペースキーがしっかりしていて、Nキーの右端まで長さがある。
  • 極端に小さいキーがない。
  • Altキーは、Xキーの斜め左下に位置している。
  • 方向キーが横長で、一段下に位置している。また、↑と↓の間に隙間がない。
  • 方向キーの左にあるキーがFnキー。
  • Enterキーの上はBackSpaceキーで、その上はDeleteキー。
  • 複数のキーを同時に押しても、きちんと反応する(←+↑+Z、CapsLock+Shift+Tabなど)。

VAIO Xは、当てはまる項目が少ない。不満な点は、VAIO Xが届いたの記事で書いた。最近、上の例で挙げた同時押しの操作ができないことも判明して、さらに評価が下がった。CtrlとCapsLockを入れ替えた環境で、CapsLock+Shift+Tabが使えないのは痛い。前のタブに移動する操作で使うので、非常に困る。はっきりしたことはわからないが、VAIOに限らず、こういう制限のあるメーカーが多いようだ。

理想に最も近いのは、東芝のノートPCだと思う。最近のdynabookは、キーボード以外で条件に合わない部分が多くてスルーしていたが、キーボードが気に入らないノートPCばかりなので、そうも言っていられなくなった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/20(月)

VAIO Xで東方[ゲーム]

タグ: VAIO_X キーボード 東方 ゲームソフト レビュー

VAIO X(Atom Z540)で、主に東方のゲームがどれくらいやれるのか試した。CPUはともかく、GPUがGMA 500というのがネックになる。スペック不足なので、まともにやれないのは承知している。そのゲームが悪いわけではない。

基本的に、ウィンドウモードでやった。動きが鈍いものは、環境カスタムプログラムで描画間隔を調整して試した。

東方紅魔郷 体験版 ver 0.13

フルスクリーンだと、画面が激しくちらつく。ゲームにならないほどカクカク。ウィンドウモードだとちらつきは減るが、カクカクなのは変わらない。そして、よくハングアップやブルースクリーンになる。東方の中でも、このゲームは相性が悪そうなので、無理にやるよりは、その次の作品からやったほうがよい。

東方妖々夢 体験版 ver 0.11

40から50fps出る。それなりに動くが、場面によっては30fpsくらいまで落ちることもある。CPU使用率は20%台。

描画間隔を1/2にすれば、60fpsになって動きが軽くなる。その代わり、CPU使用率は60%台に上がる。

東方永夜抄 体験版 ver 0.03a

妖々夢と同じ傾向にある。

東方花映塚 体験版 ver 0.02a

これは2画面あるので、先の2つとは事情が異なる。20fps前後しか出なくて動きが遅い。描画間隔を1/3にして、ようやくまともに動ける。どの描画間隔にしても、CPU使用率は30%前後だった。

東方地霊殿 ver 0.02a

ウィンドウモードのサイズがいくつか選べるようになった。どのサイズでもあまり変化はなく、16fps程度しか出ない。

描画間隔を1/2にしても20fpsで、まだ遅い。1/3にしたら、最初だけ60fps出たが、しばらくすると急に落ち込んで、しょっちゅう画面が固まった。

東方星蓮船 ver 0.02a

ほとんど15fps以下しか出ない。1/2で20fps台。1/3にすれば、40から55fpsで普通に動ける。しばらくやった限りでは、地霊殿のように画面が止まることはなかった。

東方緋想天 Ver1.06

緋想天と非想天則は、黄昏フロンティアのゲームで、ジャンルも異なる。

全体的に動きが遅い。やれないことはないが、派手なエフェクトでコマ送り状態になることもある。CPU使用率は50%以下のことが多いので、グラフィック能力の問題だ。

東方非想天則 Ver1.11

こちらも全体的に動きが遅い。しかし、コンフィグで描画周期を1/2にすることができる。この設定にすると、動きのなめらかさがなくなるものの、スピードは改善される。これでいけるかと思ったら、やっぱり派手なエフェクトが出ると、急に動きが鈍くなってつらかった。

SW~魔女達の長い午後 version 1.01

これは東方ではなく、ストライクウィッチーズを題材にしたシューティングゲーム。

動きが遅いだけで、どうにかプレイできる場面もあるが、敵の攻撃が激しいと完全にカクカクしてしまう。CPUにはそれほど負荷がかかっていないので、これもグラフィック能力の問題なのだろう。

まとめ

やはり、アクションやシューティング系をVAIO Xでプレイするのは無理がある。ゲームの作りや設定によっては、そこそこ動くものもあるが、派手なエフェクトで一気に処理落ちすることが多い。

ところで、VAIO Xのキーボードは、Zなどのキーを押しながら、左上や左下の操作ができない。つまり、弾を打ちながら斜めに動けない。これは、キーボードのハードウェア的な制限で、どうしようもないらしい。処理速度がどうこう言う前に、まともに操作ができなくて問題外だった。dynabook SS S8では、このようなことはなかったのに。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/19(日)

ワイパーブレードを購入[クルマ]

タグ: アテンザ カー用品 楽天 買い物 レビュー

楽天のNSPオンラインストアで注文してあった、七虹の撥水ワイパーブレードが届いた。ワイパーゴムもついていて、1本600円程度という安さには驚く。560mmのH-11(運転席側)、450mmのH-7(助手席側)、500mmのH-9(リア)の3本を買った。

七虹 撥水ワイパーブレード

開封してよく見てみると、ゴムの側面がでこぼこしているというか、ボロボロなことに気づいた。新品とは思えない見た目だ。特に、運転席側で使うつもりのH-11がひどかった。送り返すことも考えたが、3本とも満足できる品質ではなく、たまたまハズレを引いたとも思えなかったからやめた。

実際に使ってみると、スジが残るわ、ビビりまくるわで、使い物にならなかったので、数日使っただけで前のものに戻した。撥水ではなくて、グラファイトにしておくべきだったか。とにかく失敗した。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

G27でF1 2010[ゲーム]

タグ: PS3 ゲームソフト ゲーム用コントローラ レビュー

G27レーシングホイールを設置して、F1 2010をやった。その感想。

シート

シートは、前からレカロシートにキャスターをつけて使っていたので、それをそのまま使用(→レカロシートをオフィスチェアに)。

ハンドルユニット

購入前は、ハンドルをどう固定するかを気にしていた。というのも、クランプでの固定が可能な厚さは32mmという情報があったからだ。自宅のテーブルは35mmあるので、挟めないことになる。しかし、実際はもっと余裕があった。クランプ部分のアダプタを取りはずすことができるのだ。

G27

これで、50mmあっても挟めるようになり、余裕で固定できた。

ハンドルの径は、普通乗用車よりもやや小さめ。握り心地はよい。ハンドルは、くるくる回しても大きな音は出ない。

パドルはしっかりしているが、操作をしたときにカツンカツンと当たる音が気になる。輪ゴムを間に挟むようにしたら静かになった。

ペダルユニット

ペダルユニットの裏側には、収納式のカーペットロック機構がある。これを使えば、カーペットへの設置は楽だ。強く踏み込んでも動かない。本当は、少し傾けて、床よりも上に置くほうが実車に近くなるのだが、そうしなくても特に違和感はなかった。

六角レンチでネジをはずすことで、ペダルの位置を左右に移動できるようになっている。標準の位置では、アクセルとブレーキの間隔より、ブレーキとクラッチの間隔が狭いが、ほぼ等間隔にすることもできる。

バネの強さは、アクセルが一番弱く、次にクラッチ、一番強いのがブレーキになっている。ブレーキはかなり強めに踏まないと奥まで動かない。人によっては、これが重すぎると感じるかもしれない。

どのペダルも、いっぱいまで踏んだときと、足を離したときに、カツンと金属の音が響くのが気になる。分解してペダルの静音化をしている人が多いようなので、やってみようと思う。

シフトユニット

シフトユニットは、3点で固定するようになっている。ハンドルユニットよりも奥行きを必要とする。自宅のテーブルでは、うまく固定できなかった。とりあえず、F1 2010ではパドルシフトしか使わないので、グランツーリスモ5を買ってから考える。

シフトユニットには、方向キーとボタンが8個あり、運転以外の操作はこれらで行う。ハンドルユニットでは操作できないのがいまいち。

H型シフトの操作は、F1 2010では使わないので、グランツーリスモ5を買ってから感想を書く。ガチャガチャと動かした感じでは、なかなかいい感触だ。左右いっぱいに動かしたときに、金属が当たっているような音がもっと小さいといいのだが。

全体的な感想

さすがに3万円以上するだけに、よくできている。ハンドルを回したときの音が、他の機種に比べて静かだというのもポイントが高い。ただ、どのユニットも、いっぱいまで操作をしたときに、カツンと当たる音をやわらげるような工夫もほしい。そういうところまで気を配った作りになっていると、もっとよかった。

F1 2010での使用感

ハンドルが、左右とも90°ほど回すと、それから急に重くなる。最初のうちは、疑問に思いながら回していたが、重くなってからの範囲は、このゲームでは回しても意味がないことに気づいた。軽く回せる範囲内で調整しろということか。これだけでは曲がらないぞと思っていたが、よく考えたら、単純にスピードの出しすぎで、きちんとブレーキをかければ曲がれた。ハンドルならぐるぐる回せば曲がれるだろうという先入観があったが、F1ではそんなことはできないわけか。画面に表示されているドライバーを見たら、ハンドルは直角になるまでしか回していなかった。

F1 2010のオプションで、フォースフィードバックをオフにすると、最初からハンドルが重くなる。これはオンにしておいて、ハンドルの重さを別の設定で決めるらしい。あれこれいじって、やっと納得のいく走りができるようになった。

設定値をメモしておく。まず、ステアリング詳細設定。

パラメータ
ステアリングデッドゾーン5%
ステアリングサチュレーション60%
ステアリング直進性80%
スロットルデッドゾーン0%
スロットルサチュレーション100%
ブレーキデッドゾーン5%
ブレーキサチュレーション90%

続いて、フォースフィードバック・オプション。ハンドルはあまり重くせず、ほとんどフォースフィードバックが働かない設定が好み。

パラメータ
フォースフィードバックオン
環境影響効果0%
フォースフィードバック強度10%
ホイールの重さ70%

ブレーキは、左足でないととても間に合わない。実際のF1でもそうなんだろう。慣れてきたところで、今までオートマだったのをマニュアルにして、パドルシフトも使うことにした。

運転時のすべての操作が、純正コントローラよりも自然に行えて、さらにおもしろくなった。現在、キャリアモードの1年目が終わろうとしているところで、2年目からは全部G27でやるつもりだ。一度走ったコースが、また新鮮な気分で走れそうだ。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/18(土)

12カ月点検を受けた[クルマ]

タグ: アテンザ トヨタ

予約をしておいたトヨタカローラの店で、12カ月点検を受けた。

作業内容価格個数備考
12カ月定期点検9,450
エンジンオイル交換04.5L0W-20
オイルエレメント交換1,1051個195円割引
エンジン冷却水交換2,6143.0L462円割引
ブレーキフルード交換3,2130.5L567円割引
クイックエンジン内部洗浄6001個555円割引
ストップランプ交換7301個
合計17,7121,779円割引

表の価格は割引後のもの。メンテナンス料金15%割引クーポンを3枚と、クイックエンジン内部洗浄600円のクーポンと、1年前から取ってあったバースデー特典のエンジンオイル無料券を使ったので、価格を抑えることができた。ストップランプが切れていることには気づかなかったので、点検を受けておいてよかった。点検費用がパッソクラスと同じなのが謎だが、気にしないでおく。

エンジンオイルの量は、明細には4.5Lと書いてあったけれど、記録簿は4.0Lだった。どちらが正しいのかはわからない。

1年前の車検のときと比べて、タイヤの残溝は、前輪が5.2mm→5.0mm、後輪が4.9mm→4.8mm。パッドの残厚は、前輪が8.6mm→8.5mm、後輪が4.2mm→4.0mmとなった。走行距離が51,638km→56,408kmで、年間5,000kmしか走っていないにしても、0.1mmか0.2mmしか減っていない。減らないように意識して乗っているからだろう。

タイヤの溝はまだ大丈夫だし、ヒビ割れもないけれど、4年使った。次の車検までには新しくするのがいいかもしれない。次はまた横浜ゴムのDNA S.driveにするか、ダンロップのDIREZZA DZ101あたりか。

298円のガラコと、まだ売っていた198円のフクピカを買った。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

G27レーシングホイールを購入[ゲーム]

タグ: PS3 ゲーム用コントローラ 買い物

オープンしたばかりのエイデンへ行った。混雑していて、やけに遠い臨時駐車場を使うはめになった。

併設されているネバーランドへ行ったら、ロジクールのG27レーシングホイールが置いてあった。グランツーリスモ5が発売されてから、急激に需要が高まって、なかなか手に入らない代物だ。夢ではないかと思いながらも、迷うことなくレジに持って行った。定価でも買うつもりだったが、5%くらい安くなっていて、35,900円だった。駐車場へ運ぶまでに腕がだるくなったが、とにかく買えた。来てよかった。

これで、F1 2010がさらに楽しめそうだ。あと、グランツーリスモ5も買う予定。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/12(日)

12カ月点検の予約[クルマ]

タグ: アテンザ トヨタ

トヨタカローラへ行き、12カ月点検の予約をした。エンジンオイルとエレメントと、冷却水とブレーキフルードを交換してもらうつもりだ。去年発行してもらったエンジンオイルの無料券と、メンテナンス15%引きのクーポン3枚が使える。それと、クイックエンジン内部洗浄が600円でやれるクーポンもあったので、ついでにやってもらうことにした。これは、エレメントまで交換するときしかやれないらしいので。

以前、オイルエレメントが合わなくて、出直すはめになったことがある。GG3Sのアテンザは、トヨタでは扱っていないエレメントらしいのだ。そんなことがあったので、今回は事前に言っておいて、マツダから取り寄せてもらうことになった。

フクピカ12枚入りが198円で売っていたので買った。1年前に車検の予約をしたときも、この値段で売っていたな。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2010/12/08(水)

自転車のパンク修理[日記・雑記]

タグ: 電動アシスト自転車

空気を入れては抜けていくのをくり返していた自転車の前輪は、とうとう一日でぺしゃんこになるまでひどくなってしまった。買った店に持って行ったら、細い金属がチューブに刺さっていたことがわかった。要するにパンクか。修理をしてもらって直った。これでもう、頻繁に空気を入れる必要がなくなると思うとうれしい。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。