スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/07/29(日)

ZENBOOK Primeの色調整[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A レビュー

ZENBOOK PrimeのIPS液晶は、ノートPCにしては非常に発色がよく、視野角も広い。ただ、デフォルトの色は何か違う気がして、Intel Graphics and Mediaの設定で、以下のように変更した。

明度コントラストガンマ
0501.0
-10491.1
10491.1

ASUSのSplendid Utilityも色に影響するので、これはNormal Modeにしてある。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/07/12(木)

ZENBOOKに液晶保護シートを貼った[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A 楽天 買い物 保護シート レビュー

ZENBOOK Primeは、IPSでハーフグレアという理想的な液晶だ。これに保護シートを貼るのは、光沢にせよ非光沢にせよ、ハーフグレアのよさを失ってしまうことになる。しかし、私はどうしても貼らないと安心して使えないので、買うことにした。

13.3型用には、縦横比が異なる2種類のサイズがあるようだ。UX31Aに合うものは、ロアスから出ている液晶保護フィルムくらいしか見あたらなかった。買ったのは、光沢タイプのSF-NK133Wだ。この製品はW293×H164(mm)で、ほぼぴったりのサイズになっている。

パッケージに記載されている特長。

  • 紫外線カット約99%
  • 光線透過率90%以上
  • フィルム厚0.16mm
  • 3H鉛筆で引っかいても傷がつきにくいハードコート

貼る位置さえきちんと決まれば、貼るのはさほど難しくない。気泡は貼り直しで簡単に抜ける。ゴミが入り込んでできた気泡は、セロテープで取り除けば問題ない。満足のいく仕上がりになった。

光沢タイプなので、テカテカ感はかなり増す。グレアに抵抗がある人にはおすすめできない。反射が気にならないのなら、ほぼこれしか選択肢はなさそう。ちなみに、ZENBOOKでどうなのかはわからないが、非光沢タイプを貼るとモアレが発生して気になるという意見も見かけた。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/07/09(月)

BDレコーダーの増設用HDDを注文[家電・AV機器]

タグ: BDレコーダー BDZ-AT970T 楽天 買い物 HDD・SSD

BDZ-AT970Tの増設用HDDとして、1TBのポータブルHDDを注文した。アイ・オー・データのHDPE-UT1.0で、8,553円だった。ポータブルではないものなら、もっと安かったり、2TBも選べたりするが、常時電源を入れておきたくないので、選択肢には入れなかった。

まだ空き容量はあるから、使うのは先のことになるだろう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/07/04(水)

ZENBOOK Prime UX31Aが届いた[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A

取り寄せになっていたZENBOOKが今日届いた。注文したのは、6月30日の夜中なので、ほとんど待っている感覚はなかった。

重さを量ったら、1.399kgだった。公称値は約1.3kgとなっているが、たいてい実測値は1.4kg前後になるらしい。

特に初期不良はなく、ドット抜けもたぶんない。長く使いたいものだ。

レビューは、しばらく使ってから、また改めて。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/07/01(日)

ノートPCのキー同時押し制限[コンピュータ]

タグ: ノートPC キーボード 東方

ノートPCは、キーの同時押し制限によって、意図した入力ができない機種が多い。文字を入力するだけなら、あまり問題になることはないが、東方などのゲームをやると、この制限によって、思ったとおりに操作ができないことがある。

どのノートPCが、どういう制限があるかという情報を調べてみたが、これといってまとまった情報は見あたらなかった。ならば自分で確かめてみるかということで、店頭に置いてあるノートPCでチェックした。

試した同時押しは、Z+斜め、Shift+斜め、Z+Shift+斜めの3種類。斜めは、方向キーを2つ押すことを表し、その組み合わせは、「←↑」「↑→」「→↓」「↓←」の4通り。Z+Shift+斜めは、東方でいえば、ショット中の低速斜め移動になる。ショット中に移動を遅くすることを想定しているので、ShiftよりZを先に押す。

チェック方法は、Windowsのデスクトップにアイコンを2行×2列以上並べておき、アイコンにフォーカスを合わせてキーを押した。フォーカスが他のアイコンに移れば○、反応しない組み合わせがある場合は△とした。本当は、そこからさらにXキーが反応するかどうかも確かめたかったが、うまい確認方法が見つからず断念した。

具体的な機種名はメモしていないので、メーカーでの記載になるが、ほぼどのメーカーも複数の機種で試しているし、昔からこの仕様の変化は少ないので、傾向としては参考になるはず。ちなみに、ほとんどが2012年の春モデルか夏モデル。

メーカーZ+斜めShift+斜めZ+Shift+斜め反応しない組み合わせ
東芝
富士通Z+左上(右下※)、Z+左下
NECShift+右上
ソニーZ+左上、Z+左下
パナソニックZ+右上、Z+右下
マウスコンピューター
ASUS
AcerZ+右下、Z+左上
GatewayZ+右下、Z+左上
日本HP
デル
レノボ
MSI
オンキヨー
ユニットコム

※富士通は、Z+左上が反応しない機種と、Z+右下が反応しない機種の2通りあった。

同時押し制限はハードウェア的なものなので、対処しようがない。同時押しができるかどうかで選ぶ人は、ごく少数なのだろうけれど、メーカーにはぜひ改善してもらいたい。

なお、今回の調査で○になっていても、別の組み合わせの同時押しで制限があるかもしれない。あくまで、ゲームでよく使う同時押しでは、このようになったという結果でしかないので、参考程度に。たとえば、ASUSのZENBOOKは実機で東方をやったことがあるが、Z+↓+Xで、Xが反応しない。つまり、ショット中に下に移動しながらボムが出せないという制限がある。

とりあえず、ゲームをやることを考慮に入れるのなら、Z+斜めに制限があるような機種は避けたほうが無難だろう。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。