スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント

2012/09/22(土)

シュープラザで靴を購入[日記・雑記]

タグ: 衣料品 買い物

シュープラザで靴を買った。スタンプをためていたポイントカードは、廃止になったそうだ。たまっていた分は、スタンプ1つにつき100円引いてくれて、1,700円安くなった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/21(金)

散髪とバッティング練習[日記・雑記]

タグ: 散髪 運動

休みを取って、散髪に行った。その帰りに、近くのバッティングセンターに寄った。

1回目はひどいもので、素振りと変わらないほど当たらなかった。2回目はマシになったけれど、満足できるものではなかった。どうも、振るときに足が変に動く。紐はしっかりしばってあるのに。

あとから知ったのだが、靴底が両足ともはがれかかっていた。それで、バッティングのときに、足がぐにゃりとなっていたのか。さすがに買い換えることにする。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

ポータブルHDDを購入[コンピュータ]

タグ: SSD・HDD 楽天 買い物 レビュー

バックアップ用に、USB 3.0対応のポータブルHDDを買った。アイ・オー・データのHDPV-UT1.0GBで、8,480円。ZENBOOKに合わせて、ゴールドを選んだ。

HDPV-UT1.0GB

収納式のケーブルがついていて、別で用意しなくても接続ができる。ただし、かなり短い。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/16(日)

野球の試合[日記・雑記]

タグ: 野球部活動 運動

点を取ったり取られたりで、どちらが勝つかわからない試合だったが、ファーストゴロをトンネルしてしまい、それが負けにつながった。

打撃では、センターを越える当たりを打った。これはツーベースヒットだろうと思って走ったら、セカンドでアウトになった。足が遅すぎることを自覚した。

久しぶりの運動で、いい汗をかいた。天気がよすぎて暑かった。飲み物をもっと持っていくべきだった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/02(日)

Windows Anytime Upgrade[コンピュータ]

タグ: 買い物 ZENBOOK_Prime_UX31A Windows_7 リモートデスクトップ レビュー

NTT-X Storeで、Windwos 7 ProfessionalへのAnytime Upgradeのパッケージを購入した。パッケージなどいらないのだが、ダウンロードするより安かったから仕方ない。なお、パッケージ版でも、入っているのはプロダクトキーだけだ。

アップグレードするには、復元ポイントを作成できる設定にすることが必須だった。プロダクトキーの入力以外は、特にやることもなくProfessionalになった。

アップデート後は、リモートデスクトップ接続のホスト機能が使えるようになった。ただ、ZENBOOKの解像度を1,600×900にしたとき、1,440×900しか選べなかった。RDPファイルを直接書き換えることで、任意の解像度にはできるが、釈然としない。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント

2012/09/01(土)

ZENBOOKでIntel Rapid Start Technologyを使う[コンピュータ]

タグ: ZENBOOK_Prime_UX31A

ZENBOOKの休止状態への移行を短縮させたい

ZENBOOK Prime UX31Aで休止状態を使うと、休止するまでに30秒弱かかり、復帰に約20秒かかる。この時間をもっと短縮できるはずだと思って調べたら、Intel Rapid Start Technologyというキーワードを見つけた。

Intel Rapid Start Technologyを使うと、スリープをしたときに、自動的に休止状態へ移行する設定ができる。データの保存には専用の領域が使われて、普通に休止状態を使うよりも高速化される。

ZENBOOKに登録されているWindowsサービスを見ると、「Intel(R) Rapid Start Technology Service」があった。すでにインストールはされているようだ。SSDに専用の領域も存在している。しかし、スタートメニューにもコントロールパネルにもその名前はなく、どうやって設定をするのかがわからなかった。

Intel Rapid Start Technology Manager

本来は、Intel Rapid Start Technology Managerというものがタスクトレイに常駐するらしいが、それがいない。ASUSから改めてダウンロードとインストールをしても同じだ。そこで、展開したインストーラをよく見ると、GUIというフォルダに、RapidStartConfig.exeというファイルがあった。

RapidStartConfig.exeは、一度実行すると、次回からは自動で常駐するようだ。これで設定ができるようになった。設定画面を開くときにエラーが出たが、これは設定値が不正な状態でレジストリに書き込まれているためだとわかった。

設定画面で、タイマーを「オン」にする。それだけではダメで、0の位置にあるスライダーを一度動かして、改めて0の位置にする。0分と表示されたのを確認して保存をすれば、以後はエラーが出なくなる。ただ、何かの拍子で、また同じようなことになってしまうようだ。

Intel Rapid Start Technology Manager

設定の保存に不具合があるものの、この機能を使えば、休止相当の状態になるまでに十数秒、復帰に数秒というスピードになった。

コメント(0) | トラックバック(0) | この記事のURL
コメント
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。