スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/17(日)

ATOK 2008を購入[コンピュータ]

タグ: IME 買い物 レビュー

急にATOKを買おうと思い立った。現時点の最新版はATOK 2008で、AAA優待版のダウンロード販売が、4,725円で一番安い。AAA優待版とは、ATOK単体製品登録ユーザーが、優待価格で購入できるサービスのこと。そういえば、2002年にATOK15を購入していたことを思い出して、今ごろ登録を済ませた。これでAAA優待版が買える。それにしても、ダウンロードでの購入は楽だ。郵送されるのを待たなくていいし、かさばる箱もない。

インストールを始めると、今までMS-IMEで登録していた単語を取り込む設定があった。また鍛え直すのも面倒なので、やっておくことにした。

キー設定は、もともとMS-IMEをATOKライクな設定で使っていたので、ほとんど変更する必要はなかった。キーカスタマイズというのは、キーの組み合わせや機能の割り当てが膨大にあって大変なものだが、なるべく手数を減らして設定できるような工夫がされていて感心した。色設定は、ひとつ設定すれば連動してくれる項目が多く、これも短時間で済んだ。

通常の操作や変換に関しては、やっぱりMS-IMEよりも便利で賢い。省入力変換や推測変換で、入力の手間も減らせる。さまざまな表現を教えてくれる連想変換もおもしろい。これは「日本語使いさばき辞典」が使われていて、ちょっとした類語辞典が入っているようなものだ。

少し気になったのは、変換表現を各地方の話し言葉に設定すると、ら抜き表現、さ入れ表現、二重敬語など、校正支援の一部が働かなくなることだ。地方の話し言葉は、かなりくだけた表現が使われるため、判定がゆるくなるのかもしれないが、できれば校正支援の機能が全部働くような設定もつけてほしかった。

それから、パレットをタスクトレイにいれた状態で右クリックしたとき、Windowsのメニューが出てきたり、メニューが出るのが遅かったりする。解決法がなければ、IME Watcherを継続して使うとするかな。単語登録やプロパティの呼び出しはできるみたいだから。

ジャストシステムのダウンロードページから、省入力データや、はてなダイアリーキーワード辞書などが入手できる。後日、使ってみようと思う。普段、LogoVistaの電子辞典を使っているので、「ATOKダイレクト for LogoVista辞典検索」というのも興味深い。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/101-91b7a2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。