スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/17(水)

エア抜き不足[クルマ]

タグ: アテンザ トヨタ

トヨタカローラで消耗品の交換をしてもらってから、ちょっと気になる現象が起こっていた。5分くらい走ったあと、発進する際に、エンジンルームから液体がジョボジョボと泡立つような音が出るのだ。考えられるのは、LLCくらいか。エア抜き不足だろうと予想しつつ、また行って確認してもらうことにした。

受付の女の人に現象を話すと、「液漏れですか?」と言われた。「そうではないと思いますけど」と答えたのに、液もれと書いていた。うまく伝わったか心配になったので、話し終わったあとに補足しておいたけれど、やっぱり不安だ。

作業してもらっている途中でメカニックの人が来て、「アンダーカバーをはずしましたが、液漏れではないようです」と…。やっぱり伝わっていなかった。改めて説明して、エア抜き不足だろうということで作業してもらった。えらく時間がかかっていたけれど、問題は解決した。

客が受付に説明して、それをメカニックに伝えるシステムは、どうもよろしくない。作業後に、こっちがやってもらいたかったことと違う作業をしていて、何も解決しなかったこともある。運よく、作業中に直接メカニックの人と話せたときは、とてもスムーズに誤解なく伝わるので、非効率的なことをしているように感じる。受付の人は、簡単に用件を聞いたあとに、作業が必要ならメカニックを割り当てて、あとは客とメカニックで直接話し合うようにすればいい。メカニックの人がすぐに割り当てられなければ、客に待ってもらえばいい。どうせ作業が終わるまで待つことになるのだから、それで問題はないはず。一度、トヨタからのアンケートでこういう意見を出したことがあるけれど、なかなかそうもいかないのだろうか。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/173-6edeb43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。