スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/23(土)

どのノートPCも決め手に欠ける[コンピュータ]

タグ: ノートPC dynabook_SS_S8

VAIO type S SZクラスの機種として、DellのXPS M1330というノートPCにも興味を持った。パソコン納得購入ガイド XPS M1330レビューに、さまざまな角度から撮った写真が掲載されていて、大変参考になった。このサイトの、左側面をチェックを見て、電源ケーブルのコネクタにがっかりした。側面にあるというのがまずマイナスポイントなのだが、側面なのにL字ではないなんて、じゃますぎる。おまけに、特殊な形状のコネクタらしいので、汎用品のACアダプタを使うこともできない。

エプソンダイレクトのNA103という機種も、なかなかよいのではと思えてきた。軽量バッテリーを選択して、光学ドライブをなしにすれば、1.2kgを切る重量になるようだ。また、白いPCがいいなと思っていたので、ホワイトモデルがあるのもポイントが高い。画面がXGAで、今と変わらないのが残念ではあるが。

ノートPCを選ぶ上で重視しているのが、コネクタ類の位置だ。今使っているdynabook SS S8は、DC-IN、USB、D-sub、LAN、モデムのコネクタがすべて背面(本体の後ろ)にあって、いろいろ接続してもケーブルがわずらわしくない。残念ながら、最近のノートPCは、バッテリが背面を占有していて、コネクタ類は左右に追いやられている。せめてDC-INだけでも後ろにしてもらいたい。NA103は、DC-INが背面にあり、イヤホンジャックがS8と同じ位置にあって、違和感なく使えそうだ。

NA103の実物が見たくて、コンプマートへ行った。NA102しかなかったが、外観はほとんど同じということで、参考にはなった。キーボードは、カーソルキーの上下が少し狭く、一段下がっていないこと以外はまあまあだ。NA103は、さらにたわみを軽減させているらしいけれど、NA102でも十分だと思った。問題は液晶だ。鮮明さがない。ぼやけているわけではないが、暗めでコントラストが低く感じる。すぐ横に置いてあった、エプソンダイレクトの別の機種と比べても、明らかに劣っていた。この液晶はないなと思った。

VAIO type G、dynabook SS RX1、Let's noteシリーズなども検討したが、何かしら自分が必要とする条件を満たしていない。特に、マルチモニタで使用したときに制限がある機種が多い。外部ディスプレイは1,680×1,050で表示させたいのだけれど、それが明記されていなかったり、本体と同時表示できる解像度が限られていたりする。

今は、手に入れたいノートPCがないという結論になりそうだ。今回、あれこれ調べてみて、dynabook SS S8の薄さを再確認した。2cmくらいだもの。よくこれで、ほとんどファンも回さずに動作できるものだ。キータッチも、モバイル用ノートPCの中ではトップクラスといえる。この筐体のまま性能が上がったマシンが出てくれないものか。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/21-d93dbf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。