スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/03(日)

食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物[]

タグ: 食の安全 レビュー

食品を買うとき、どんな基準で選んだらよいのか知りたくなって、この本を買った。一度気に入ったものは、食べ続ける傾向にあるので、特にそういう食品はできるだけ安全なものを選びたい。

前半は、食品名を挙げて、どんな添加物が入っているか説明されている。代表的な製品の写真が載っているが、特定の製品というよりは、一般的によく入っている添加物に関して書かれている。なので、実際にその食品を購入する場合は、原材料をよく見て、何が入っているか確認することになる。そんなときのために、後半は添加物のリストがあり、用途や危険度が書かれている。動物実験による急性毒性を示す数値が載っているので、信憑性もそれなりに高そうだ。

紹介されている添加物には、「危険」「安全とはいえない」「安全」という3つのレベル分けがしてあり、それぞれマークがついていてわかりやすい。たくさんの添加物が載っていて、すぐには覚えられないが、よく使われている添加物については何度も目にするので、自然と頭に入る。

これからは、今まで以上に慎重な食品選びができそうだ。たとえば、砂糖の量が少ない食品を選ぶとき、代わりに使われている甘味料が安全なものかどうかを調べることで、一歩踏み込んだ食品の選択ができる。

この手の本は、ほかにもいろいろ出ているので、よさそうなものが見つかったら、また読んでみたい。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/239-f9ef3004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。