スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/27(水)

ST110のHDDをSSDに換装[コンピュータ]

タグ: ST110 Windows_XP HDD・SSD True_Image レビュー

ST110の電源を入れる前に、HDDの中身をSSDに移す作業をした。ST110のHDDはSATAなので、エバーグリーンのEG-SATA56で、SATAをUSBに変換して別のPCにつなぎ、True Image Personal 2でイメージを作った。SATAのHDDをはずして、今度はSSDにつなぎ、データを移した。あとから考えたら、ST110にUSBのHDDをつないでTrue ImageをCDから起動→USBのHDDにイメージを作成→SSDに換装して復元、という手順でやれることに気づいた。変換など必要なかった。わざわざ買ったのだけど、今後、ほかの用途で使う機会があるだろうからよしとする。

ST110からHDDを取りはずすのは、難しそうに見えて簡単だった。ネジを3本はずせば、DVDドライブとHDDが固定された金属の板が取れる。そうすると、HDDのネジが見えるので、それをはずすだけ。SSDは、ぴったり収まった。

ST110のHDDをSSDに換装

内蔵されていたHDDは、サムスンのHM040HIで、消去禁止領域が2GBあった。SSDには、消去禁止領域は移さなかった。置いておく必要はないので。

起動させたら、Windows XPのセットアップ画面が出てきた。うまくいったようだ。設定を終えて、純粋な起動時間を観察していると、えらくキビキビした動作で驚いた。Windows XPの起動画面は、プログレス芋虫が半分移動するだけで消えて、そのあとほとんど待たされることなくデスクトップ画面になる。スイッチを入れてから、普通に操作できるまでの時間は、30秒弱といったところか。今回、わざわざデスクトップPCにSSDを入れたのは、アクセス音をなくしたかっただけでなく、パフォーマンスの向上も目的だった。これだけ快適になると、何も文句はない。

ST110のレビューは、もうしばらく続く。

関連記事
コメント
 自分も同じ機種を購入し、リナックスサーバーにしようと思っていたのですが、インストールがうまくいきませんでした。トホホな状態です。
 SSDも検討したのですが、まだ容量の割りに高価であきらめました。
 
Tarcy #tHX44QXM | URL | 2008/10/19(日) 14:39 [編集]
ST110に、DebianやFedora 9をインストールしたという記事なら見つかりました。
もし関係があれば、検索してみてください。

SSDの価格は、私が購入したときよりも、万単位で安くなっています。
それに、以前よりも選択肢が増えて、性能も上がってきています。
近いうちに、また検討したくなるかもしれませんね。
犬かい #glOSfxEQ | URL | 2008/10/21(火) 00:27 [編集]
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/27-c3ac7a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。