スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/09(日)

魚の缶詰の選び方[食べ物・飲み物]

タグ: 食の安全

魚の缶詰は、いつでも手軽に魚を摂取できて便利なので、常備しておきたいもののひとつ。では、どんな缶詰を選んだらよいだろうか。

味の好みよりも、添加物に気をつけたい。多くの魚の缶詰には、増粘剤としてグァーガムが使われている。グァルガムやグァーと書かれていることもあるが、いずれにしても安全性に疑問が残る添加物なので、できれば避けたい。蒲焼きや味噌煮には、たいてい入っているようだ。増粘剤として、キサンタン(キサンタンガム)が使われている缶詰なら問題ないが、あまり見かけない。

おすすめは、清水食品の、さんま味付という缶詰。さんま、砂糖、しょうゆだけのシンプルな原材料で作られている。マルハニチロ食品のさんま味付でもいい。こちらの原材料は、さんま、糖類(砂糖、糖みつ)、しょうゆ、食塩となっている。味はほとんど同じ。

ニッスイのさば水煮も、さばと食塩のみなので安心できる。水煮の缶詰は、添加物に関しては安全なものが多いようだ。

缶詰に限ったことではないが、とにかく原材料が何かを確認するのがポイントになる。同じ魚を使った缶詰でも、味つけが異なれば添加物も違う。また、同じ魚で同じ味つけの缶詰でも、メーカーによって違ったりする。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/271-4ffc51aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。