スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/18(日)

メモリースティックの性能差[ゲーム]

タグ: PSP 楽天 買い物 レビュー

今までは、ソニーのPSP-M32(32MB)と、サンディスクのSDMSG-2048-J10(2GB)を使っていた。ゲームのセーブには事足りていたが、転送速度が遅いので、性能が優れているものを買うことにした。

買ったのは、ソニーのMS-MT8G(8GB)と、サンディスクのSDMSHX3-004G-J31(4GB)。前者はMark2の表記があり、最低書き込み速度保証値が従来比約2倍らしい。後者はExtreme IIIというシリーズで、転送速度が30MB/sとなっているが、PSPで使う場合はそこまで出ない。

メモリースティックいろいろ

PSP-M32 SDMSG-2048-J10
MS-MT8G SDMSHX3-004G-J31

実際どれくらいの転送速度なのか調べるため、パワポタ4のマイライフのセーブ時間を計測した。

型番セーブ時間
PSP-M3213秒
SDMSG-2048-J1010秒
MS-MT8G5秒
SDMSHX3-004G-J315秒弱

セーブ時間が半分以下になると、さすがによくわかる。こまめにセーブをするゲームだと、この違いは大きい。今回買った2つは、このテストでは体感的にほとんど同じだった。ちなみに、SDMSG-2048-J10はグランツーリスモのデータインストールで40分かかっていて、ライト性能はよくないようだ。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/306-882da993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。