スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/23(火)

R-1ぐらんぷり2010[テレビ番組]

タグ: お笑い

山田與志
サバイバルステージのネタに、少しつけ足しただけだった。別のネタを期待していただけに、使い回しでがっかりだ。
バカリズム
新しいスタイルのネタだった。「○○感」という言葉を多用して笑いを誘う。悪くはなかったけれど、バカリズムにしては奇抜なネタというほどのものではなかったからか、点数は伸びなかった。若干、サバイバルステージの中山功太を見ている気分になった。視聴者の期待感が強すぎたか。
いとうあさこ
いつものリボンの演技。ネタはおもしろかった。レッドカーペットよりも長めの時間のため、息切れするところも笑いにしていた。
Gたかし
あごずきんは見たことがあるな。黒雪姫とタッチも、同じノリで単調になってしまっていた。それに、猪木のまねは、プロレスファンでないと伝わりにくい。
川島明
漫画のとあるシーンなどを、いい声で言っておもしろくするというもの。ネタのチョイスはなかなかよかったが、勝ち残るには少し弱いか。
我人祥太
明るい話題で始めて、ブラックなオチで締める。このスタイルで高得点は難しいと思う。辛めの点数が多い板尾は96点で、気に入ったようだ。
なだぎ武
剃り込みを入れた関西弁のミッキーマウスが、警察に捕まりそうになってしゃべりまくる。安定しているが、このネタは見たことがあるので、新鮮味はなかった。
エハラマサヒロ
うっとうしい進学塾の講師になりきっていた。それだけでは終わらないのがエハラマサヒロで、後半はダンスで盛り上げる。さりげなく、先に出ていたWii Fitの動きを入れてくるところが秀逸。
あべこうじ
言い方ひとつでドラマが変わってしまう話。途中から何度も、彼が好きな昼ドラの展開になっていく。昼ドラ以外の前フリに、ひねりが足りなかった。でも、愛人の演技で十分に笑いが取れていた。

ファイナルステージ。

エハラマサヒロ
ませた赤ちゃん。大人びたことを言いながらも、たまに赤ちゃんらしさが出る。後半はまた踊りだが、ところどころに前半のネタが盛り込まれている。うまい構成だ。
あべこうじ
ドレミの歌の替え歌。話がおもしろくて引き込まれる。歌が完成して上機嫌になったあと、我に返って小さく「はい」と言う、お決まりのパターンも見ることができた。オチの「そんなん知らんわ」は、冒頭に出てきた言葉だということに、あとから気づいた。
なだぎ武
おかしな容姿をしたドラえもんの目覚ましにツッコミを入れる。相当変なドラえもんなのだが、ひたすらツッコミを入れるだけで物足りなかった。

あべこうじが、悲願の優勝を果たした。この結果に不満はない。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/366-e3879af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。