スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/29(日)

バンブラDXの作曲機能[DTM]

タグ: ニンテンドーDS 打ち込み レビュー

バンブラDXを買ったのは、作曲機能が使いたかったからだ。仕様は、作曲機能 仕様一覧で見ることができる。さすがに、DSのソフトなので制限が多いが、その中でどれだけできるか、腕試しをするにはいい。仕様について、思ったことを書く。

最大で120小節までなので、それに収まるように作るしかない。全8パートというのは、少ないとは思わないが、途中で音色の変更ができないので、1つのパートで複数の役割をさせることができない。

楽器は58種類(楽器一覧)。昔のGS音源の音質を少し落としたような音が出る。スタンダードなタイプのドラムをもっと増やしてほしかった。

1パート内で、スネアドラムとバスドラムを同時に鳴らせない。要は、演奏画面で上段と下段に分かれる楽器しか同時に鳴らせない。幸い、ドラムパートは複数設定できるので、分けて入力することで、どの楽器でも同時に音を出せる。

3連符は、標準では8分音符の3連符になる。そこから3連符の記号をもうひとつ横に置けば、くっついて4分音符の3連符になる。音符が置かれた状態でやろうとすると、うまくくっつかないことが多いので、先に3連符の記号を2つ置くのがいいようだ。

音色調整があることに驚いた。FM音源のように自由に音をいじることはできないが、MIDIでおなじみの、アタックタイム、リリースタイムといったエンベロープや、ビブラートの設定ができる。さらに、クロス、コーラス、エコーの3種類のエフェクトがかけられる。

ピッチベンドはない。曲によっては、この制限が痛いのだが、音を下げるくらいのことなら、ビブラートを極端に設定すれば、ピッチベンドに似た効果になる。その音だけを専用のパートで鳴らすことになるので、もったいない使い方になるが、手段があるだけマシ。

一番短い音が、32分音符というのがつらい。装飾音や、駆け上がるような音を出すのが、わざとらしくなりがちだ。

ベロシティのパラメータがないので、基本的にはベタ打ち。各パート内で、9回まで音量変更ができるので、ここぞというときだけ使える。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/418-0db6854d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。