スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/08(月)

VAIO XのCPUを制御する[コンピュータ]

タグ: VAIO_X CPU レビュー

SetFSBでのクロックアップ

SetFSBで、VAIO X(Atom Z540)のクロックアップを試した。標準の1.86GHzから、2GHzにするくらいなら問題なく動作した。クロックダウンさせることもできるので、負荷をかけたときも極力ファンを回したくないようなときにはいいかもしれない。

このツールで気をつけなければならないのは、急激に値を変化させてはいけないということだ。クロックダウンさせてから、一気に元に戻すだけでも、マシンがおかしくなることがある。

今のところ、特に必要性を感じないので、このツールを常用するつもりはない。

VAIOの設定

Atom Z540のEISTは、低負荷時は800MHz、高負荷時は1.86GHzという変化をする。その中間での動作もあるが、ほとんど瞬間的にしか見られない。

クロックの変化は、VAIOの設定というツールにある、電源オプションの放熱制御も関係している。「バランス」「放熱優先」「静かさ重視」の3種類から選べる。いずれの設定でも、最低が800MHz、最高が1.86GHzだが、その制御が異なるようだ。ただ、どの設定にしてもめまぐるしくクロックが切り替わるので、これらの差を言葉では表現しにくい。

Windows 7のコントロールパネルには、電源プランの設定があり、ここにも「バランス」「高パフォーマンス」「省電力」といった、似たような項目がある。VAIOの設定の詳細設定から飛ぶと、この電源プランの設定に来るが、VAIOの設定とは独立している。電源プランにも詳細設定があり、処理速度に関係するのは、プロセッサの電源管理とマルチメディアの設定くらいだと思う。

プロセッサの電源管理で、最大のプロセッサの状態を100%より低くすると、負荷が高くなっても、1.86GHzまで上がらなくなる。逆に、最小のプロセッサの状態を高くすると、最低が800MHzよりも高くできる。1.86GHzを超えたクロックアップはできないが、クロックダウンしたいならSetFSBを使うよりも安全だ。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/449-51de9cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。