スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/11(金)

R-1ぐらんぷり2011[テレビ番組]

タグ: お笑い

テレビをつけたら、たまたまR-1が始まっていた。危ないところだった。急いで録画した。

キャプテン渡辺
金を借りるクズの話。自虐ネタだが、明るくさわやかな口調で、いやな感じはしない。話すたびに笑いが起こり、最初から会場をわかせていたので、なかなかの実力だと思った。締めが冴えなかったのが実に惜しい。
山田與志
早口言葉のフリップ芸。だんだん盛り上げていくのはさすがだと思ったが、2本目も同様のネタで、限界が見えてしまった。
AMEMIYA
壊れていく家庭環境を歌い上げた。最後まで残ったけれど、3本とも同じ路線だったので、さすがに飽きられた。途中で泣き崩れる演出も、特に深い意味はなくて拍子抜けした。
バッファロー吾郎 木村
授賞式のネタ。インパクトに欠けた。
ナオユキ
いつもの独特な雰囲気は感じられたが、やや平凡なネタも目立った。
スリムクラブ 真栄田
この人のスタイルは、どうも好きになれない。ゆっくりとした口調で、突拍子もないことを言うだけで笑いを取ろうとしているので、深みが感じられない。
佐久間一行
3本とも異なるスタイルで挑んだのが、優勝につながった。ピークは2本目だったように思ったが、3本目は彼らしいネタだった。どれも安定して笑いが取れていた。
ヒューマン中村
3段階でショボくなっていくネタで、発想やシチュエーションのチョイスが秀逸だった。ただ、毎回最後にボソッと言うのは、ないほうがよかった。

今回のトーナメント方式でわかったのは、同じスタイルのネタをくり返すのは、プラスにはなりにくいということだった。山田與志がまさにそうだし、AMEMIYAも3本目で完全に失速してしまった。そういう意味で、佐久間一行はどれも違っていて新鮮だった。あと個人的には、キャプテン渡辺とヒューマン中村をもう一度見たいと思った。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/477-b77c3b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。