スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/01(金)

RDZ-D87を売ってBDZ-AT300Sを購入[家電・AV機器]

タグ: BDレコーダー スゴ録 RDZ-D87 BDZ-RX50 HDMI 買い物 売却 レビュー

開店したばかりのジョーシンで、BDZ-AT300Sを買った。これは、親へのプレゼントだ。

4月8日までなら、DVDレコーダーの下取りが5,000円プラスになるとのことで、もう使っていないRDZ-D87を売ることにした。上限が10,000円で、天板に若干の傷があるとのことで1,000円引きになるという査定だった。ほとんど気にならない傷でも、そんなに引かれるのか。今回は、ポイント加算にすれば引かれないようにしてくれたので、15,000ポイントもらった。ちなみに、B-CASカードは買取対象外とのことで、渡さずに持っておくことにした。

BDZ-AT300Sは価格交渉して42,000円になった。無料保証の対象機種ではなかったので、5%足して5年保証にした。それから、1.5mで1,980円のHDMIケーブルを、1,000円にしてくれた。HDMIケーブルと保証の分は、ポイントが使えた。

シングルチューナーとはいえ、ソニーのBDレコーダーにしてはずいぶん価格が下がったものだ。ダブルチューナーで500GBのBDZ-AT700でも、6万円台だった。

BDZ-AT300Sについて、簡単なレビュー。

  • シングルチューナーで500GB。おでかけ転送なし、DLNAなし。それ以外は、ダブルチューナーの機種と大きな差異はない。
  • ただのBDプレイヤーかと思うくらい薄くて軽い。
  • 起動時間が短い。高速起動で0.5秒、通常起動でも6秒ほどで使えるようになる。ちなみに、BDZ-RX50は40秒かかる。
  • XMBの色合いがシンプルになった。今まで、選択中の文字には黄色が使われていたのが白になり、背景色がほぼ黒になった。背景色はともかく、なぜ色分けをやめたのかはわからない。
  • 先代の機種に比べて、全体的に動作が若干スムーズになった気がした。
  • シーンサーチの機能が、緑ボタンで呼び出せるようになった。
  • BDZ-AT500などのダブルチューナーモデルでは、録画1と録画2の区別がなくなり、録画2はDRのみといった制約もなくなった。また、録画中の機能の制約も、大幅に緩和されているようだ。
  • チャプターマーク消去のボタンは、今回のリモコンにも存在しない。これがあるだけで、チャプター編集が格段に楽になるというのに。

この世代の機種になって、ようやく機能も処理速度も不満のないレベルになったと感じた。あえて言うなら、早送りをもっとなめらかにしてほしいくらい。昔からソニーのレコーダーを使っているので、このような進化は喜ばしい。

2011/05/19追記
ソフトウェアアップデートによって、早送りと早戻しの動作向上や、BDからHDDへのムーブバック機能などが追加された。
関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/493-6a46ed9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。