スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/21(土)

東芝のLEDシーリングライトのレビュー[家電・AV機器]

タグ: 生活環境 買い物 レビュー

ジョーシンで購入

ジョーシンが、今日から期間限定で、LEDシーリングライトを安く売るということで、10時に行った。照明器具のコーナーには、特に交渉している客はいなかったので、店内をざっと見てから店員に声をかけた。

買うのは、東芝のLEDH94002Y-LC(8畳用)と決めていて、24,800円の値札がついていた。現在の最安値が3万円くらいなので、ずいぶん思い切った価格設定だ。ここからさらに800円引いてくれて、24,000円で買った。店員が言うには、すでに2つほど売れていて、在庫は1つだけになっていたそうだ。のんびりしている場合ではなかった。

設置

説明書に従って作業すれば、特に難しいところはなかった。

明るさと色

一番明るい状態にして、今まで使っていた32W+40Wの蛍光灯と同じくらいだ。驚くほど明るいわけではないが、求めていたのは明るさではないので、これで十分。必要に応じて、暗くしたり電球色にしたりできるのが魅力だ。夜も明るいままだと、なかなか寝る気分にならないので、明るさや色で、うまく眠気を誘うようにしたい。

LEDH94002Y-LC

これは、暗めにして電球色に近づけた設定だ。写真ではうまいこと表現できていないけれど、壁ももっと明かりが反射してオレンジ色になる。調光と調色は柔軟にできるので、気分によって変えていこうと思う。好きな明るさと色を、リモコンに記憶させておくこともできる。

点灯時は、ふわっと明るくなるところがいい。欲を言えば、消すときに、ホタルックのようにしばらくうっすらと明かりが残るような機能がほしいと思った。

リモコン

リモコンは、単4電池2本で動作する。この丸形のLEDシーリングライトに付属しているリモコンは簡易的なもので、基本的な操作はできるが、タイマー機能がない。時刻を設定して、だんだん明るくなる機能が使いたかったので、あとからリモコンという別売のFRC-184Tを注文した。ちなみに、角形のLEDシーリングライトには、この多機能リモコンが最初から付属している。丸い形がほしかったことと、思ったより安く手に入ったので、あとからリモコンを買い足してもいいやということで、このような買い方にした。

リモコンで操作をすると、「ピッ」という音がする。音を消すことはできないが、そんなに目立つ音でもない。明るさと光色は、押し続ければ連続で変化する。その場合、音は最初の1回のみ。

チラつきのチェック

LEDのチラつきはどうかというと、実用上の問題はなさそうだ。携帯電話(825SH)のカメラで確認したところ、一番明るい状態にしてカメラを近づけると、うっすらと縞が見えたが、激しくチラつく感じではない。距離を離せば、ほとんどわからなくなる。また、少し明るさを落とすか、少し電球色寄りにするだけでも縞は消える。LEDの照明は、暗くするとフリッカーがきつくなるものがよくあるが、このシーリングライトには、そのような傾向はなかった。

消費電力

この機種(8畳用)の消費電力は、最大で60Wとなっている。一番明るい設定で使うことはほとんどなく、夜は暗くして使うので、実際の消費電力はもっと低いだろう。

家電Watchの記事で、角形(12畳用)の消費電力が細かく測定されている。少し暗くするだけでも、かなり消費電力を抑えることができるようだ。

まとめ

昼光色、昼白色、電球色が細かく切り替えられることや、発熱と消費電力の低さは、LEDならではの特長だ。個人的には、リモコンで簡単に色を変えられるのが、とても気に入った。しかし、まだまだ高いので、価格に納得できる人でないと、なかなか購入には踏み切れないと思う。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/512-99c2beec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。