スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/26(木)

あとからリモコンを購入[家電・AV機器]

タグ: 楽天 買い物 生活環境 睡眠 レビュー

東芝の丸形LEDシーリングライトは、簡易的なリモコンしか付属していないので、タイマー機能が使えない。そこで、あとからリモコンのFRC-184Tを購入した。定価は7,350円もする。楽天のWebbyで、4,090円で買った。

リモコンの比較

FRC-184T

左が付属していたリモコンで、右が購入したリモコン。ボタンの配置や形状が異なる以外にも、時計がついていて、タイマー用のボタンがあることが大きく異なる。液晶画面は、寝せた角度でないと見にくい。

使用する電池は、どちらも単4形が2本。

メモリ機能

好みの明るさと光色を、シーン1とシーン2のボタンに記憶させることができる。

入タイマー/切タイマー

入タイマーは、設定した時刻になると点灯する。切タイマーは、設定した時刻になると消灯する。

ゆっくりおやすみタイマー

「30分」「60分」というボタンがあり、設定した時間の10分前から徐々に電球色に変化しながら暗くなっていく。最後は消灯するが、チャンネル設定を2にすることで、消灯の代わりに常夜灯にすることもできる。

おめざめタイマー

設定した時刻の30分前から徐々に明るくなり、最終的にはシーン1に設定した明るさになる。

注意事項

タイマー機能や、徐々に明るさを変化させる機能は、その都度リモコンから信号を飛ばす仕組みになっている。そのため、リモコンの信号がきちんと本体に届くように、リモコンを置く場所に気をつけないといけない。なお、卓上ホルダーが付属しているので、立てて置いておくことができる。

このような仕様のため、学習リモコンに記憶させても使えない。

まとめ

おめざめタイマーのために、このリモコンを買ったと言ってもいい。朝になると、自動でだんだん明るくなり、朝日を浴びるのと似たような効果が得られる。夜は、30分や60分のタイマーを使うことで、寝る気になる。

あとから買うには高いので、丸形にも付属してほしかった。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/515-3dd2c941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。