スポンサーサイト[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/26(土)

パワポタ2 ペナント6年目[ゲーム]

タグ: PSP ゲームソフト パワプロ・パワポタ

ペナントが5年経った。投手陣の入れ替わりは、まだそんなになくて、川上、朝倉、中田、佐藤、平井、鈴木、内海がいる。若手も育てていて、ドラフトで獲得した選手や、若い助っ人外国人も試合で使っている。

150km/h前後の速球が投げられて、カーブかスライダーの変化量が多い投手が強いと感じている。チーム内では、朝倉や内海がそういう意味で使いやすい。そういえば、鈴木の球速は、じわじわと上がって155km/hになった。サイドスローだからか、あまり速くは見えない。

ミートがGだった銀仁朗は、5年目のペナントレース中にEまで上がり、キャンプで一本足にしてDになった。パワーはAになってパワーヒッターがついたので、ホームランが量産できる。ホームランといえば、ホームラン王になると威圧感の能力がつくため、毎年、別の選手がホームラン王になるように調整したほうがいい。

チーム内で、パワーをどんどん上げられるのは、新井、森野、福留、銀仁朗、江川、中島。といっても、福留と森野はよく下がるので、140付近からなかなか上がらない。堂上剛、森岡、井端などは、パワーの上限があまり高くなく、フォームの変更をしないと頭打ちになる。新井、森野、江川は、ミートが上限に達して上げられなくなる。これも、フォームの変更が成功すると突破できる。ランダム要素があるようなので、必ずうまくいくわけではない。ミートはCまであれば、さほど困らない。DやE止まりだったら、フォームの変更を試すような方針にしている。

関連記事
コメント
コメントの投稿









JavaScriptを有効にする必要があります。




管理者にだけ表示を許可する

1カ月間、新規記事がない場合、コメントは承認制になります。

トラックバック
トラックバックURL
http://tswe.blog98.fc2.com/tb.php/62-89b0130d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。